挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
謎解かない爆裂魔法 作者:フェアリースキン
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

8/8

エピローグ 謎解かないはウルトラへと続く

 風音と太陽は騒動の鎮静化へと向ける為一度豪邸へと戻り、こあは責任を感じたのか聖剣を家に置いたままどこかへ行方をくらませた。
 クーラだけが雷太の家に残り、ソファに座ったまま雷太と肩を寄せ合っている。
「雷太、ごめんね。私がポンコツじゃなかったら良かったのに、ってこれほど思った事ないわ」
「いいんだ。友人を止めきれなかった俺が悪い」
「……雷太は、これからどうするの?」
「予定は、無い」
「なら、私の地元においでよ。いい人ばっかりだよ」
 雷太は顔を上げる。
「それもいいかもな。こあも、連れていきたかった」
「だね」
 聖剣が雷太達を見ていた、気がする。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

謎解かない魔法

親に捨てられ、たった一人の女性に育てられてきた主人公は今日もとある女性と秘密に育てられてきたが、とある日女性の親にその事がばれてしまう。女性も少年と同じく勘当さ//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全10部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/05/18 02:00
↑ページトップへ