挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
謎解かない爆裂魔法 作者:フェアリースキン
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

7/8

第六話 本当の友との別れ

 こあは珍しく実家に居座り、兄と遊びに来てるクーラと風音と太陽の為に料理を作っていた。
 その待ち、雷太は相変わらずクーラにセクハラをし、今度は風音に手の甲にフォークを刺された。
 一連の流れで手に包帯を巻きつけ、雷太は左手で顔を支えながらこあに質問する。
「最近思ったんだがよ、急に俺に構うような感じになったよな」
「……風音さんにお礼言ってくださいね」
 拍子抜けしたような表情で風音を見た。
「ん? ああ、うちが説得したの。何たってこあちゃんのお兄さんだから!」
「それは分かった。だがよ、こあに優しくする理由も分からない」
 雷太の肩を思いっきり何度も叩く。多少痛かったが、言うべきシーンでもなかったと感じたので、とりあえず痛いのは流す。
「いいのいいの! ほら、久しぶりに妹と一緒にいるんだし、今を楽しもうよ」
 クーラがこあの元に寄って、料理を手伝い始める。太陽は携帯をいじるのをやめ、真顔のままサングラスを鈍く光らせた。
「流石姉貴と言った所だ……さて、見た所能力のパワーは僕以上だが、超能力は本体のパワーがあれば良いってもんじゃない。事情は知らないが、少なくとも体力を鍛えるべきだと思う」
 不機嫌そうな表情になる風音。さっき教えたでしょ、と言いながらフィッシュ&チップスを食べようとして、元の場所にしまう。
「忘れてたぜ。まあ、とにかく飯食ったら海に来い」
「分かった」
 こあが首だけ雷太達の方へ向ける。
「もう少しかかるので、先に行ってても良いですよ。存分に海で暴れてきてください」
「助かる。じゃ、お前の兄貴借りるぜ」
 半ば強引とも言えるが、二人は海へと繰り出した。




 時間は正午前。天気も良好で雷太と太陽はお互い向き合っていた。
 海水が砂をいたずらに引っ掻き、引き込んだり戻したりする。
「まず聞きたい事がある。運動の経歴は?」
「無い」
「……おおう、妹はしっかり鍛えてるのにな。とりあえず置いておこう、よく分かった。じゃあ今日は腕立て伏せと腹筋と……」
 ずらずらと運動メニューが口頭で並べられる。半ば居眠りしながら聞いてた雷太は鼻提灯を作る。最終的にメモを渡されて。
「消化するまで帰らせないぜ」
 どうして運動するのか分からないまま、ドクターグレーに復讐する為にも自分に鞭を打つと心に誓う。
 適当に軽く食事を取りながら、消化仕切った頃には夕暮れ。二人とも泥だらけになりながら、雷太の自宅へと帰宅する。
「遅かったですね。作りすぎたんですけど、全部食べてしまいました」
「食べたのかよ!」
 食料も無いみたいなので、仕方なく我慢する事にした。
 突然の風音の提案でお泊り会をする事に決まり、部屋割りをこあの独断と偏見で決まった。
 一組目はクーラとこあ。二組目は風音と太陽。雷太は何故かリビングのソファーへ。
「せめて布団で寝かせてくれよ!」
「だめです。クーラさんはお客さんですし、風音さんをお兄さんと寝かせる訳には……というわけで我慢です」
 一人納得しないまま、各々解散。ソファーにあぐらをかきながらテレビを黙って眺める。
 しばらくして、髪を下したクーラが雷太の隣に座る。
「どうしたんだよ。俺は機嫌が悪いから胸触るぞ」
「勝手にして。とにかく、私思いついた事あるの」
 適当にチャンネルを回し、黙って聞く。
「自分って口寄せの能力あるでしょ? だから、聖剣エクスカリバーを口寄せしたらどうなるのかなって」
 そもそも口寄せの能力がある事を知らなかったものの、それも黙っておく。
「なら今ここで口寄せしたらいい」
「じゃあ、やるわよ」
 クーラの周りを一瞬ほのかな光が包むが、すぐに消える。しかも、何も口寄せはされなかった。
「そんな物は無い、という事だな。やっぱり努力しないとダメだ」
「ううう。いい案だと思ったのに」
 雷太が追い払う仕草をして、クーラをこあの元へと返した。
 すると、いきなりテレビが壊れた。
 焦って部屋の電灯をつけると、降ってきたであろう聖剣がテレビを真っ二つに切り裂き、ただ付属されている赤い宝石がキラキラを輝く。
 急いで家の中にいる人間を全員呼び出す。得意げな表情を浮かべるクーラと、何が起こったのか分からなくて困り果ててるクーラ以外の人間。
 沈黙が包む空気を風音が切り裂く。
「聖剣なのは分かったんだけど、誰が持ち主になるの? というか、持ち主に返そう?」
「折角口寄せしたのにー」
「どんな魔法を使ったのかしらないが、僕も返すべきだと思うぜ」
 こあは聖剣に近づいて、おもむろに持ち始めた。
「これは、良い素材でできてますね!」
 とよだれを垂らしながら、目を光らせてあらゆる角度から聖剣を舐め回すように眺める。
 雷太は腰に手を当てながらそっぽを向く。
「こいつ無機物好きだもんな昔から。変わってない」
「お兄さん! この、この素晴らしいツルギ、あたしが持ってていいですよね! ね!」
 妹にすり寄られながら、黙って風音の方を見る。
「分かった。しばらくの間だけだよ!」
「ありがとうございます!」
 こあは聖剣に頬をすりすりさせながら、クーラと部屋へ戻る。風音と太陽も割り当てられた部屋に戻り、雷太は電灯を消して眠りへとつく。




 雷太が目を覚ますと、ドクターグレーが目の前にいて胸倉を掴まれていた。
「お、おい。どういう事だよ?」
「シンセラティに何をしたのですか? どう『プログラムしても』言う事を聞かない!」
 こあが聖剣でグレーを切りかかるも、すれすれで避けられる。
 周りには風音も太陽もクーラもいて、太陽は両手に炎をメラメラと燃やす。
「俺は知らない。だがよ、少なくともそこに誠の意思が宿ってるんじゃないのか?」
「なるほど『諸説ありそうです』では、まず雷太君、貴方から排除させて頂きましょう」
 グレーは何の躊躇も無く全身全霊で雷太に殴りかかるが、手でキャッチされて、強烈な電撃の魔法でダメージを受ける。
「いつの間にこんな『力』を! 一端退散するとしましょう」
 風音が目を瞑り始める。
「……クーラちゃん。今すぐ誠君を口寄せして、早く!」
 言われるがままにシンセラティのなきがらを口寄せ、クーラの目の前に現れた。
「こ、これでいいのかしら?」
 雷太がシンセラティの前へ、片膝をついてただ目をうるわせる。
「誠……」
「姉貴、何で急にコイツを口寄せさせたんだ?」
「雷太君の発言で閃いてしまったのを見たからね。とりあえず、この誠って子を死守するしかうちらが助かる手段は無い。逆に言えば、守ればこっちの勝ちは硬い」
 大体他の人は理解してないが、風音の深刻そうな表情につっかかる勇気など誰も持てない。
「……説明が足りなかったね。ドクターグレーは誠君を最強の兵器にしようとしたけど、意思が宿ってるが故に上手くプログラムできなかった。という感じ」
 こあが一歩前に出る。
「ならば、ドクターグレーを斬れば良いのですね?」
 風音は顔を横に振る。
「いや、誠君を斬ればいい」
「やめてくれよ! せめて、せめて友の体ぐらい残してやりたい!」
「お兄さん何言ってるのですか! あたし達の危機なんですよ!」
 ここでドクターグレーがとんぼ返りしてくる。その表情に余裕は無く、顔を真っ赤にしている。
「どんな姑息な魔法を使ったの『ですか!』何故ここに実験台がいるの『ですか!』」
 太陽が誠に近づいて、頭に巻いてるバンダナを取った。獣の耳には強い炎が宿っている。
「すまない、緑埜雷太!」
 シンセラティに手をかざし、なきがら爆裂させた。
 その時グレーは膝から崩れ落ち、雷太は思いっきり叫んだ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ