挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
謎解かない爆裂魔法 作者:フェアリースキン
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

3/8

第二話 妹襲来

 緑埜家の雷太の部屋には、窓から日の光が差し込んでいた。
 ちゃぶ台を囲んで、周りには雷太本人と、あぐらをかいてくつろぐシンセラティ。そしてなぜかクーラが正座して雷太を睨んでいる。
 ケーキをがつがつ食べながら、雷太はシンセラティの肩をつんつん突く。
「お前、本当に誠なのかよ?」
 突かれても特に気にせず、照れくさそうに苦笑いしながら頬を掻いた。
「まあ、一応は……」
 ついにクーラはちゃぶ台に身を乗り出して、半泣きで辺りを揺らす。
「ちょっと、無視しないでよ!」
 容赦なく胸を鷲づかみする雷太。クーラは気にせず、そのままの姿勢でいる。
「うるさい黙れ。んなことよりよ、何があったのか教えて欲しい」
「話せない。そう、えーっと、プログラム? をアイツにされてるみたい」
「アイツ?」
「わたしが生きてる内に復習するべき人間、なのかも」
 やっと掴んでた胸から手を離し、考え込むように腕を組む。
「分かった。詳しくは聞かないことにする。だがよ、これだけは聞かせてくれ。何でこあはお前だと分かったんだ?」
 シンセラティは明後日の方向に視線を向けながら、ケーキを頬張る。
「さあ、来た時には赤毛のお姉さんと一緒にいたよ?」
 ケーキを食べ終えたクーラは真剣な表情でフォークを皿に置く。
「赤毛って最上級の魔女の証よ?」
 再び胸を掴もうとしたが、シンセラティに睨まれて、腕をわなわなさせながら身を引いた。
「この辺だと有名なのは『猩々緋』の一族。警察の人間を多く出してる家系だわ」
 やっぱりこらえきれなくてクーラの胸を掴む。
「それぐらい知っている。この俺が浮かべてないとでも思っていたのか」
 クーラは得意そうに腰に手を当てて、決めたような顔つきで鼻をならす。
 雷太はそのままの姿勢で胸の持ち主を見た。
「噂はここから。わたしの故郷の噂ではお嬢さんが『謎解かない魔法』の力を手に入れたんじゃないかって」
 シンセラティが雷太の手をフォークで刺し、小声でやめなさいと突っ込みをいれつつ、クーラに問う。
 雷太は手を押さえながら床を転げまわる。
「謎解かない魔法、とは?」
「何でも謎が解ける魔法で、謎が謎にならないから謎解かない魔法。ただし、持ち主が強いメンタルを持ってないと、何でも頭の中に情報が入ってきて酔っちゃうね」
「ぎゃああああああお前相変わらず痛いことするなああああああ。とりあえず包帯巻いてくるうおおおお!」
 一瞬にして自分の部屋から退散。雷太の部屋にクーラとシンセラティが残される。
 静けさだけが残され、半分残ったケーキをクーラに分ける。嬉しそうに食べ、あっという間にケーキは無くなった。
 やっと暴れん坊の雷太が戻ってきた。その表情には明らかに焦りの模様が浮かぶ。
「お前ら、逃げるぞ」
「逃げるって何からよ」
「もたもたするな! 誠、俺達を連れてどっか飛んでくれ。できるだけ遠い所へ!」
「えっとえっと、いきなり言われても……準備するね」
 そう言って魔力を溜めだした。
 ゆっくりと雷太の部屋の扉が開く。そこには、片手に愛用の銃を持ったこあの姿があった。
「依頼人により葬りに来ました。お兄さんと、シンセラティと、クーラ ミタマ」
「早くしろ! 誠!」
「もうちょっと!」
「では皆様、サヨナラ」
 雷太が包帯巻いた左手でストップのポーズを取る。
「……どういうつもり、ですか?」
「俺には秘策がある。しかも、こあの背後にあるぞ」
「その手には引っかかりません。お兄さんなら分かるはずです」
「じゃあ、本当に秘策があるとしたら?」
 こあの視線が一瞬背後の方に向く。その一瞬を使って、雷太はちゃぶ台をこあへひっくり返し、視界を防いだ。丁度シンセラティの魔力も溜まり、雷太とクーラを連れて物凄いスピードで窓から飛び去った。
 その頃には空は曇天を化していた。
 こあはため息をついて。
「逃げれないと分かってるのに」
 それだけ言ってゆっくりと緑埜家の一軒家を出た。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ