挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

短編集 少女

黒猫のルナ

作者:天童美智佳
 ルナがいない。それに気がついて家を飛び出したのは、日が暮れる少し前のことでした。

 ルナは、つやつやな毛並みと、つぶらな金色の瞳がかわいい黒猫です。子猫のときは手のひらにおさまるほど小さかったのに、いまでは膝に乗せると重たいくらい。元気いっぱいに、大きく育ちました。

 歩くたびに、ルナの全身には光の輪ができます。座っているときも寝ているときも、その身体は美しい曲線を描いていました。私は、その輪郭を撫ぜるのが好きでした。

 ピンと立った耳は私の声に反応してよく動き、長い尻尾はじっとしたり暴れたり、様々な感情を表現します。髭はピアノ線みたいに張って、たまにしゅんと萎れました。

 頭はとても良くて、ジャンプしてドアも開けられるし、台所の水道から水だって飲めます。たまにトイレットペーパーをビリビリ破ったりすることもあるけれど、いたずらと呼べるものでした。

 辛いことがあっても、ルナと戯れあえば忘れられます。誰もが嫌がる話でも、ルナは最後まで聞いてくれます。ルナは母のようで、姉妹のようで、やっぱり猫でした。

 ずっと昔から、家族でした。一緒にいるのが当たり前です。だからこそ、ぐるぐると考えてしまいます。

 玄関のドアが閉まる直前。私を呼び止める母の声が聞こえましたが、私は止まりませんでした。ルナを見つけなければ。それしか考えていませんでした。澄んだ空に燃えるまっかな夕焼けは、いつも通りに綺麗でした。

 ルナはきっと近所にいて、すぐに見つかると思っていました。思いたかったのです。でも、見つかりませんでした。見つからないうちに、あたりは真っ暗になってしまいました。

 いつの間にか、家が一軒も見えません。街灯はなく、黄色い月明かりだけが頼りです。夢中で走り続けて、知らない場所に行きついてしまったようでした。

 どうしましょう。これではルナを見つけるどころか、私が迷子です。おまけに、暗くて見えなかった何かにつまずいて転び、膝を擦りむいてしまいました。もう、泣きたいです。

 目頭に滲む熱い水を手の甲で拭って、私は唇をぎゅっと噛みしめました。泣いたらいけません。泣きたいのはルナのほうなんですから。

 でも。誰もいない暗闇のなかに、それもすごく寒い日にいると、やっぱり泣きたくなります。

 黒くてふわふわの毛玉を、ルナを抱っこしたのが、なぜか懐かしいです。もふもふの毛皮に顔を埋めて、ぷにぷにの肉球で遊んで。つい昨日のことのように思い出せるのに、どうしてこんなに遠く感じるのでしょう。

 ――ルナ。どこにいるの?

 冷たい空気に、私の呟きが響き渡りました。聞いていたのは、夜空のお月様だけでした。

 ――ルナと一緒じゃなきゃ、帰れないよ。

 もうひとつの呟きは、声には出せませんでした。口にしたら、本当になってしまいそうで。

 黙っていると、木枯らしが肌を掠め、地面の冷たさが骨まで届きました。身体がこわばって、思うように動かせません。

 このままでは、凍りついて死んでしまうかも。困り果てた私の耳に、ちいさな音がはいりました。私ははっとして、勢いよく顔をあげました。

 にゃおん。にゃあ。そんなふうに聞こえるそれは、確かにルナの鳴き声でした。聞き覚えのある、優しい調子の声です。とても気持ちが良さそうで、まるで歌っているようでした。

 私は目をこらして、暗がりをじっと見ました。すると、黒く塗りつぶされた闇に、ふたつのまるいものが浮かび上がったのです。らんらんと輝く金色の宝石――それは、ルナの両眼でした。

 ルナ、やっとみつけた――私の伸ばした手を、金色はすっと避けました。そしてそのまま、どこか別の場所に向かおうとしています。どんどん行ってしまいます。その歩みは速くはありませんが、ぼうっとしたら置いていかれてしまうでしょう。

 痺れかけた足に力を込めて、私は立ち上がります。膝の痛みは、いつのまにか消えていました。もう、ルナを逃がしたりなんてしません。これからもずっと、永遠に一緒にいたいのです。

 ルナのためなら、火のなか水のなか。明けることのない夜であろうとも、私を止めることはできません。誘われるままに、私は黄色い尾を引くふたつの月を追いかけました。
ご高覧、誠にありがとうございます。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ