挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
【完結】魔王が勇者に恋をした 作者:ただみかえで
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

5/9

幕間2 魔王と勇者と仲間と仲魔

――元貴賓室。

広い広い玉座の間をほぼ端から端まで横切った先に、目的の小部屋があった。
魔王城となってから使われていなかったが、それゆえ、調度品から内装から、王国時代のもののままであり、魔王城内と思えぬほど気品に溢れた部屋であった。
窓からは暖かな陽が差し込み、窓から臨む視界の先には(元)王国領が全て見渡せるようであった。

ガチャ

「お、来たねユリン」
「…うわぁ……ほんとにマグ兄だぁ……」
「ラジーには散々反対されたんだがな。この姿を見せるのが一番わかってもらえるかと思ってな」
「当たり前です、魔王さま。完全に魔力を封印した状態で勇者てきの前に現れるなんて、正気の沙汰ではありません」
「敵意はないし、戦う気もないんだ。『敵』ではない」

扉を開けた先には。
無防備に、一切の敵意もなく。
それどころか、本当に魔王なのか?と問いたくなるような慈愛をユリンに向けながら、魔王が、いや、かつて故郷で出会ったままの「勇者研究家マグ」の姿があった。

「えっと、マグ兄、触ってもいい?」
「いいもなにも、もう触っているではないか」
ぺたぺた、と、頭や顔を触りながら、ユリンが聞く。答える魔王も、嫌な顔一つしないで受け入れる。
勇者と魔王、ということを知らなければ、ただ仲のいい男女がじゃれ合っているようにしか見えない。

「なんというか、うん、もう疑いようもないくらいマグ兄なんだけど。
 この何年かを思うと、頭では理解しても、気持ちがついてこないよ…。
 ねえ、どうしてずっと黙ってたの?」
一通り触り終えたユリンは、目の前の魔王が紛れもなく自分の知る「マグ」であることを確信する。
だが、確信するほどに、今の状況が受け入れられないでいた。
「それについては、色々と事情があるんだが。
 ひとまずは、お茶にしようじゃないか。
 ラジー」
「かしこまりました。
 では、勇者御一行さま、お好きな所へおかけになってお待ち下さい。
 ああ、ラミー。お前は座る前にまずこっちを手伝え」
「はいよー」
思い思いに座る中、ラミーだけが魔王の副官と共にお茶の準備を始めていた。

「…………ちょ、ちょっと待って」
余りに自然な流れに、スルーしかけたユリンだが、すぐに我に返る。
「えーっと……ラミーって、ラジーさんと知り合い…?そういえば名前もにてるけど…」
「あれ?前に言わなかったっけ?
 ボク、魔族だよ?ラジーはうちの兄デス」
答えるラミーは、なぜかちょっと自慢気だ。
「そういえば、前に言うてはったな~。ただの冗談かとおもてたわ~」

「……マグ兄?これも、説明してくれるんだよね?」
「ユリン…笑顔が、怖いよ…?」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ