挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ラージアンの君とキス 作者:月宮永遠

1章:ラージアンと私

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

11/42

10(1章完)

 青褪める夏樹を見て、シュナイゼルはぽつりと呟いた。

「どうか、怯えないで欲しい。君に危害を加えないと約束した」

「でも、あなた達は、ヨシ兄を……」

「確かに、夏樹が不安に思うのも仕方がない。ラージアンを代表して、改めて謝罪させてほしい。夏樹の同胞を傷つけて、彼にも、夏樹にも怖い思いをさせた」

「シュナイゼルが……、命令したの? ヨシ兄を、殴れって」

「シドはディーヴァの命令に従った。私を含め、全てのラージアンは女王の手足として動く。光互換水晶クリスタルさえあれば、銀河を越えても女王のマスターコントロールの支配下にあるんだ」

「つまり……、ディーヴァが、私を殺せと言ったら、殺すの?」

「――いや、殺さない。夏樹は殺さない」

「どうして?」

「……」

 シュナイゼルの額の宝石は、水色から青色に変色した。

「額の信号、青色に変わったけど……」

「その色は、少し複雑なんだ。自我にふけって考え込むと、その色になることがある」

 ということは、今シュナイゼルは夏樹の問いかけに対して、熟考してくれているのだろうか。

「ディーヴァに逆らうことなんて、出来るの?」

「難しいだろう。それでも、夏樹は殺さないし、殺させない。理由は、私がそうしたいからだ」

「どうして?」

 シュナイゼルは沈黙した。何となく、困っているようにも見える。
 純粋に不思議だった。
 夏樹よりもはるかに強いラージアンの中でも、司令塔と呼ばれるシュナイゼルが、どうしてそこまで夏樹を気にかけてくれるのだろう……。

「もしかして、それもディーヴァのマスターコントロールってやつなの? 私の面倒を見ろって命令されたから、私を守ってくれるの?」

「そうかもしれない……」

 シュナイゼルの返事を、夏樹は淡々と受け止めた。

「じゃあ私は……、絶対にディーヴァを怒らせたらいけないんだね」

 夏樹を生かすも殺すも、ラージアンの女王次第というわけだ。

 ――私は、一人なんだ……。

 じわじわと孤独が重く伸し掛かってきて、顔は自然と下を向いた。
 目を閉じていると、頭の上に大きな手がぎこくちなく乗り、労わりに満ちた仕草でそろりと髪を撫でられた。

「――もし、ディーヴァが夏樹を殺せと命じても、私は夏樹を優先するだろう。何故だか、君を殺すことはとても難しいようだから……。ここにいる間は、全ての危険から、私自身からさえも夏樹を守ると約束しよう」

「本当……?」

 そろりと顔を上げた。
 無条件に示される好意は、孤独に押しつぶされそうな今の夏樹には、あまりにも魅力的すぎる。一度その言葉を受け取ったら、もう二度と返せなくなりそうなくらい……。

「約束しよう」

「絶対?」

「信じてほしい」

 迷いのないしっかりした返事に、夏樹はようやく笑みを浮かべた。ここへ来てから、初めて笑えた気がする。
 シュナイゼルの額の信号は、タンザナイトのように、黒に近い紺に変色した。

「それは、どういう状態?」

「?」

「額の信号、すごく濃くなったから……」

「……」

 シュナイゼルは沈黙した。何となく、困っているようにも見える。
 彼の個性なのかもしれない。困ったり、熟考する時は沈黙してしまう、判り易い癖。

「その色も、複雑なんですか?」

 夏樹が微笑むと、シュナイゼルは「そうだ」と短く答えた。その瞬間、シュナイゼルに対する恐怖心は消えて、ほんのりと暖かい気持ちが芽生えた。

「ところで、夏樹。君には休息が必要だ。空腹と疲労を感じているはず」

「そうですね……」

 確かに、疲れた――。
 すっかり冷めてしまったハンバーガーに、ようやく手を伸ばした。思いのほか美味しい。
 顔を綻ばせる夏樹を見て、シュナイゼルの額の信号が優しい水色に戻り、きらきらと煌めいた。
 勘だけれど、今のシュナイゼルの気持が少しだけ判った気がした。
 嬉しい、もしくは、ほっとした……、そんなところじゃないだろうか。

「ゆっくり休むといい。夏樹が目を覚ます頃に、また迎えに来よう。判らないことは、アースに聞くといい」

 背を向けて歩き出すシュナイゼルを見て、夏樹は慌てて立ち上った。椅子がガタッと大きな音を立てる。自分でも意外なほど、せっぱつまった衝動だった。

「夏樹?」

「あ……」

 自分でも、何がしたかったのかよく判らない。
 言葉を続けられずにいると、シュナイゼルは夏樹の傍へ戻ってきた。額の信号がうっすらと紫を帯びている。
 心配してくれている。
 そう思った瞬間、シュナイゼルを引き留めた理由が判った。この真っ白でクリーンな空間に、一人で残されることに耐えられなかったのだ。
 腕を伸ばして、恐る恐るシュナイゼルに抱き着いた。

「夏樹?」

「……」

 シュナイゼルは腕を回して、壊れ物を扱うように夏樹を抱きしめてくれた。
 夏樹とは違う、ひんやりした、艶やかな身体。
 頬を硬い胸に押し当てると、殆ど弾力なんてないのに、不思議と癒された。
 トクトクと刻む、優しい鼓動の音が聞こえる。
 子猫を引き寄せるように、懐に招いてくれるけれど、彼だって、夏樹を強引に攫ってきたラージアンの仲間だ。それも司令塔と呼ばれる存在なのに……。
 たった一日の間に、随分と依存してしまった。
 でも実際、シュナイゼルだけが頼りだ。
 地球に帰れる日まで、自分から彼の傍を離れることは、恐らく出来ないのだろう――確信めいた予感がした。



+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ