挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

テンプレとはすなわち……

 テンプレとはすなわち楽譜である。テンプレはテンプレだけで存在は完結しない。楽譜もまたしかりだ。

 そもそも楽譜は楽曲の骨子であってそのあり方を示すものでしかない。それ単体では焚き火の火付けにしかなりはしない。当たり前だが、奏者がいて、適切に管理された楽器があって。聴衆が居てこそ音楽は成り立つ。
 世の中少し見渡せば例えば『ジャズアレンジ』とか『馬頭琴アレンジ』とか思っても見ないアレンジがあったりする。諸君、自分の好きな曲のアレンジ演奏を探してみるといい。それはそれで新しい発見があるだろう。
 さて、アレンジ、とは簡単なように見えて非常に難しいものである。なぜそこでそのような形に吹くように指示しているのか?そこには何らかの作曲者の意図があるはずである。それを最大限に尊重しつつ、それを殺すことなく、あたかももとよりこのような楽曲であると思わせてこそ、である。つまりアレンジとはもとのその楽曲に精通しなければ不可能と言ってよろしい。
 さらに言ってしまえば、全くアレンジしておらなくとも、指揮者や奏者の吹き方ひとつでその楽曲の印象は変わるのだ。だから楽譜は完成形でないし、尊重されても時に書き換えられる。

 そしてテンプレの話である。テンプレはテンプレだけで存在は完結しないといった。これは紛れもない事実である。それをいったいどのように組み合わせてお話を作るのか、ということが重要なのである。そして型破りなやり方をそこに求めるならば、そもそもテンプレに精通しなければならない。勘違いされがちだが、『型破り』と『形無し』は全く違うものだ。型を理解しないで崩せば話の芯は崩れてしまうだろう。何が芯なのか理解していなければそうなる。私のようなへそ曲がりはそれで難儀する。真に『型破り』ができるのは『型』に精通してこそ、なのである。
 テンプレ批判に関しては飽きたというならば、それを言う者たちはこの時期にやたらと演奏される第9も同様に批判するのだろうか。稚拙だと言うならば、それはなにゆえか。素人が吹くからに他ならない。プロがやれば恐らく皆、王道だのなんだのと称えるだろう。それだけのことと私は確信する。

 さて、諸君はどのよう考えるかね?是非とも聞いてみたい。
なお、当方無調法故、楽譜一つまともに読めない模様。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ