挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

その他企画ものシリーズ

春告草

作者:九藤 朋
 一筆申し上げます。
 余寒の候、お変わりなくお過ごしでしょうか。

 梅の花が散りました。

 春告(はるつげ)(ぐさ)とも呼ばれる花が散り、待つのは桜のほころびです。
 梅は風待ち草とも申します。
 貴方からの風の便りを、期待する私を愚かとお思いでしょうか。

 いいえ。きっと貴方は笑わないでしょう。とても生真面目な方ですから。
 少し耳を澄ませば、家の傍を流れる清水の音が聴こえます。
 雪解け水が下流へと下り、やがて水も温むのでしょう。

 私を取り巻く境遇の全てが、春の息吹を孕み、先へ進もうとしています。
 変わらないのは私の、貴方への想い。
 そして貴方が貫く無言。

 この手紙にも、きっと返信は来ないのでしょうね。
 優しい貴方がそうするには、それなりの訳があるのです。
 私は散った梅の花弁を拾い、辞書に挟みました。その内、押し花が出来上がり、いつか貴方に見てもらえる日も来るでしょうか。
 貴方がささやかな花弁を見て、目を細める様が思い浮かぶようです。

 梅は花弁さえも仄かな芳香を届け、私の胸を締め付けるようです。

 逢いたい。
 貴方に逢いたい。

 何て陳腐な言葉でしょうか。それでも今の私には、この言葉が始終、浮かぶものであるのです。

 浮かぶと言えば、清流に、梅の花弁が小さな(はな)(いかだ)を作っていました。可憐なわだかまりが流れの中で、浮きつ沈みつしておりました。まるで私の心のようです。そうして私は、私の心の在り様から、貴方の心までを手繰り寄せようとして、宙に手を彷徨わせるのです。

 心を手繰り寄せようとすれば、貴方と出逢ったあの日まで、時間をも手繰り寄せようとしてしまいます。
 貴方が私の家に書生として寄宿していたのは、もう何年も前のことになるのですね。
 父から紹介された貴方は、緊張していたのか固い口調で、私に丁寧な挨拶をしました。彼は今に、国の頭脳になるよと、そう父が朗らかに、上機嫌に言ったことを憶えています。
 そうすると貴方は恥ずかしそうに。
 含羞(がんしゅう)の色を頬のあたりに宿していました。

 貴方は生真面目な上に照れ屋で、お仲間の人たちと国勢について話し合っている最中でも、私が通りかかるとぴたりと口を閉ざして畏まっていました。
 私は少し、寂しく思ったものです。
 寄宿先の娘と書生。
 その領分を厳格に線引きしようとする貴方の態度は、立派とも言えたかもしれませんが。

 私のような物を知らない小娘にも、国の中で何かざわめき、一触即発の事態となっている雰囲気は感じ取っていました。貴方のように学のある方なら、尚のことであったでしょう。熱に浮かされたように、国は激戦の、その泥沼へと突き進んでいきました。
 物資が乏しくなり、配給制が始まり。

 戦地に赴いた父が生きて帰ったのは僥倖でした。

 けれど貴方は戻らなかった。

 梅の花咲く頃でした。
 春告草が告げたのは、貴方の戻らぬという報でした。
 貴方は真っ白な、四角い箱となりました。中には骨さえありません。その箱を抱き、泣き崩れた私を、貴方はご覧になっていたでしょうか。

 生きて戻れば、と言って貴方が差し出した梅の花。
 おかしなものです。
 貴方が行ってしまったのも、そして逝ってしまったと知ったのも、梅のほころぶ時期でした。春告草は、私の恋の節目に、確かに大切なことを告げたのです。

 はるか遠くに出すこの手紙に、返信はまたないことでしょう。
 貴方はそちらにいる。
 私はこちらにいる。
 両者の間を隔てる川は深く、流れは速い。そして私にはその水に、身を浸す勇気がありません。
 臆病者です。

 それでもいつか、と信じて良いですか。
 いつか貴方に逢える日が来ると。
 春告草を見る年数え、私はその日を待つでしょう。

 そちらに行けば貴方はきっと、あの含羞を宿す頬で、私を迎えてくれるでしょう。
 今日の空は突き抜けるような青い空。
 本当の春を待ち侘びながら、この手紙に封をします。
 この心に封をします。




                              かしこ




挿絵(By みてみん)










参加作品はこちら↓
恋文企画
※小説検索結果ページへ移動します

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ