挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

65/325

食文化



 薬草畑。

 俺は神様から貰った【健康な肉体】で病気知らずだったので気付かなかったが、薬草は色々と村人に使われていた。

 ルーやティア、フローラが研究で使うぐらいにしか考えていなかったが、必要な時に必要な薬草を見つけるのは大変らしい。

 その話を聞き、薬草畑を作る事にした。

 ハイエルフ達に頼み、サンプルになる薬草を出来るだけ根ごと持って来て貰う。

 薬になる樹木もあるらしいが、それは一度見つければ良いので後回し。

 三十種類。

 薬草の種類は思った以上に多かった。

 効果がそれぞれにあるんだから、そりゃそうか。

 とりあえず、現物を見ながら【万能農具】で畑を作っていく。

 場所は畑の東側。

 畑四×四面ぐらいで作る。

 上手く行けば、さらに拡張しよう。

 ルー達の話では、薬草は高額で取引されるから、マイケルさんが買い取ってくれるかもしれない。

 薬なのだから、多少の値崩れは気にしないでおこう。

 ……

 薬草の一部に見覚えがあった。

 刑事ドラマとかで出て来る危ないヤツだ。

 えっと……これを育てるのは倫理的にどうなのだろうか。

「使い方次第だから。
 結構、重要な薬草だから」

 厳重に管理する事を条件に、育てた。



 ドワーフの酒造りは順調だ。

 時々、新しい酒が食卓に出て来るから。

 と言っても出てくる酒の種類は三種類。

 ワイン、ビール、蒸留酒。

 原材料を変えて色々とチャレンジしているようだ。

 一応、俺のうろ覚え知識で米から酒を造る方法を伝えておいた。

 酒麹は醤油や味噌の研究をしてた経験から【万能農具】で育てた。

 数年後にでも成果が出ればと思っていたが、あっと言う間にそれっぽい物を作っていた。

 味はまだまだらしいが、期待しよう。

 ちなみに、またドワーフの数が増えていた。

 酒に集まる習性でもあるのだろうか。

 現在、ドワーフの数は八人。



 牛乳が確保できるようになった後から、チーズとバターを作り始めた。

 バターは体力が必要なだけで比較的簡単だが、チーズはミルクを固める酵素が必要となる。

 子牛の胃から取れるのだが……

 そんな真似は出来ない。

 子牛、可愛い。

 子牛をチーズの為に潰すなんて出来ない。

 ちなみに、牛や鶏の数は順調に増えているが、今だに食べてない。

 くっ。

 俺には酪農家は厳しいようだ。

 頼りになるのは【万能農具】だろう。

 シャモジの形にしてミルクを混ぜながらミルクを固める酵素を願った。

 それが昨年の事。

 現在、目の前にはチーズが並んでいる。

 ありがとう【万能農具】

 大樹の社に、完成したチーズとお酒を供えておく。



 大豆を水に浸す。

 丸一日ぐらい。

 水に浸した大豆を水から取り出し潰す。

 潰した大豆を煮る。

 煮た大豆を搾る。

 搾って出た液体をさらに煮る。

 海水を煮詰めて塩を取り除いた水を加える。

 なんか固まってくるので型に入れる。

 豆腐!

 途中、搾って残ったのがオカラ!

「味が……しませんけど?」

「食感だけだからな。
 シャシャートの街で手に入れた調味料を使って、食べてみよう」

 醤油の開発が待ち遠しい。



 魚の身をほぐした物をすり潰す。

 すり潰した身を裏漉しする。

 塩を加えて練り続ける。

 粘りが出たら形を整え、一時間ぐらい放置。

 茹でた後、冷却。

 カマボコの完成!

 色がイマイチだが、味は良い。

「裏漉しとは?」

「目の細かい布で漉す事だ。
 余計な物を取り除き、食感を整える為の一手間かな。
 布はザブトンに作って貰った」



 トウガラシ、シナモン、クローブ、ナツメグ、カルダモン、クミン、ローリエなどのカレー用の作物がそれなりに揃ったのでカレーに挑戦。

 分量なんかは良く判らないので、適当に砕いて粉にして混ぜる。

 匂いと色で調整。

 それっぽい粉が出来る。

 ……

 若干の不安があるが、チャレンジ。

 結果。

 カレーっぽいスープが完成。

 もう少し、カレーに寄せたい。

 しかし、こんなカレーでも村人からの評判が良い。

「ピリッとした感じが病み付きになります」

「配分で味が変わるのね。
 研究したい」

「匂いでお腹が空く」

 一ヶ月に二~三回出るメニューになった。



 お菓子作りに寒天は欠かせない。

 天草っぽい海草をマイケルさんに伝え、手に入れて貰っている。

 洗って乾燥を何度か繰り返し、酢を加えて煮て出た汁を冷やせば寒天の完成。

 手間は掛かるが手順は簡単。

 完成した寒天を利用して……果物を加えてシンプルにゼリー。

 果実の種類だけ、色々なゼリーが出来た。

 ゼリーの食感は受け入れられ、食後にデザートとして出し続けたのであっと言う間に天草の在庫が無くなり、またマイケルさんに頼んでおく。



 色々な料理を作っているが、基本は作物や狩りの獲物を煮た物や焼いた物が食卓に並ぶ。

 以前はそのまま煮たり焼いたりだったのだが、俺の指導によって下味を付ける事、火力を調整する事、余熱で調理する事を覚えた鬼人族の料理はかなり美味しい。

 特に肉が良い。

 見事なローストビーフ……ビーフではなく、猪だからローストボアが出される。

 添えられたソースも色々と研究している。

 最近はワサビでのソース作りに熱心だ。

 村のローストボアは、ドライムも来る度に要望する人気メニューだ。



 パン用の窯を新しく作り、パンの量産と種類を増やす研究を行い始めた。

 これは鬼人族だけでなく、ハイエルフ達も熱心に行った。

 結果、二次醗酵を行う様になった。

 俺も完全に忘れていたが、パンは生地を作った後の一次醗酵、形を作った後の二次醗酵が大事だった。

 二次醗酵させる事によって大きい形、つまりは食パンの形が可能となった。

 良い事だ。

 同時に、生地に何かを埋めて一緒に焼くのが流行。

 菓子パンっぽい物が色々と出来る。

 砂糖とかが潤沢にあるからなぁ。


 その横で、俺はピザを焼いた。

 チーズが出来たのだから、ピザが食べたい。

 オヤツ用と思って焼いたが、周囲に居た者に食べられてしまった。

 ピザが流行した。



 うん、食事が豊かになるのは良い事だ。

 色々と頑張ろうという気になる。

 だからだろうか。

 ティアが妊娠した。






 一文字 50×50メートルぐらいの大きさ。

□□□□□□□□□□□□□□□□◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
□□□□□□□□□□□□□□□□◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
□□□□□□□□□□□□□□□□◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
□□□□□□□□□□□□□□□□◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
□□□□□□□□果実果実果実果実◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
□□□□□□□□果実果実果実果実◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
□□□□□□□□果実果実果実果実◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
□□□□□□□□果実果実果実果実◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
□□□□□□□□果実果実果実果実◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
□□□□□□□□果実果実果実果実◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
□□□□□□□□果実果実果実果実◆牧場◆◆◆◆◆◆◆◆◆
□□□□□□□□果実果実果実果実◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
□□□□□□□□□□□□畑畑鶏畑○○○○○○○○○○○○
━上水路━━━━━池池□畑◇◇畑○犬○○○○○○○○○○
━下水路━━━━━池池□畑◇◇畑○○○○○○○○○○○○
□□□□□□□□□□□□畑家家寮○○○○○○○○○○○○
□□□□▼風呂▼▼▼▼▼△△△△△△△△△△△△△△△△薬草薬草
□□□□▼▼▼▼▼居住▼△新畑△△△△△△△△△△△△△薬草薬草
□□□□▼▼▼▼▼▼▼▼△△△△△△△△△△△△△△△△薬草薬草
□□□□▼▼▼▼▼▼▼▼△△△△△△△△△△△△△△△△薬草薬草
□□□□▼▼▼▼▼▼▼▼△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□▼▼▼▼▼▼▼▼△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□▼▼▼▼▼▼▼▼△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□▼▼▼▼▼▼宿▼△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△△△△△△△△△

←五キロぐらい向こうに川。

 ワサビ水田は、規模が小さいので描いてません。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ