挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

41/324

三杯目の天丼 フローラと鬼人族メイドと牛



 新しい住人が増え、一気に賑やかになると同時に大変になるぞと思っていたら、さらに増える事になった。

 そのきっかけは春の終わり、クロ達の子供で妊娠した者達のお腹が膨らみ始めた頃にやって来た一人の女性。

「ふふふ。なかなか面白そうな所ね」

 夜、コウモリを従わせ、空中一メートルぐらいの場所に浮きながら移動する女性。

 見た感じ、二十代後半?

 なかなかの美人さんだ。

 衣装が身体にピッタリと密着するタイプのドレスなので、ボディラインがしっかりとわかる。

 胸とお尻は小さめのようだ。

 髪は銀色で首ぐらいの長さで切り揃えられている。

 見た感じというか、どう見てもルーの関係者だった。

 ルーのお姉さん?

 それともお母さん?

 とりあえず、ルーを呼んで会わせようとしたら……その前にクロ達が集団でボコり始めた。

 最初にルーに会った時を思い出す。


 妊娠している者が居るから攻撃的になっているのかな。

 女性が二十代後半からあっと言う間に小学生低学年ぐらいにさせられていた。

 着ていた服も魔力で維持するのが難しくなったのか全裸だ。

 そしてガチ泣きが入っている。

 ティアと会った時も思い出した。


 とりあえず、俺がクロと彼女の間に入り、ルーが来るまで現状維持。

 彼女が泣きながらも俺の首筋から目線を逸らさないのが少し怖い。

 いや、回復したいのだろうけど……血は与えない。

 ルーの敵だった場合は困るからな。


 ルーが来て、話がすぐに纏まった。

「フローラ?」

「お姉様!」

 彼女はルーの妹だった。

 詳しく聞くと、従姉妹いとこらしい。

 名前はフローラ=サクトゥ。

 ルーを探しに来たらしい。

「戻って来ないからあの腹黒天使にやられたのかと思って回収に来たのに、あんな目に遭わされるなんて……」

「まあまあ」

 ちなみに、ルーが俺を紹介した時。

「私の旦那様」

「この人間がお姉様の?
 あまりパッとしませんわよ」

「さっきのインフェルノウルフの主で、ここのトップだから」

「大変無礼な事を申しました。
 ご容赦下さい」

 見事な態度の豹変を見た。

 しかし、それよりも気になる……聞き逃せないセリフがあった。

「インフェルノウルフって……クロ達の事か?」

「そうだけど」

 インフェルノウルフ。

 厳つい名前だが……それよりもウルフ。

 ウルフ。

 オオカミ?

 え?

 犬じゃないの?

 いや、角があったけど……

 えーっと……

 まあ、オオカミだろうが関係無い。

 うん。

 ちなみに、真っ白なフブキは、突然変異種でコキュートスウルフと言うらしい。


 ルーの従姉妹と言う事で、フローラに血を与える。

 何度見ても、女の子がグングンと大きくなるのは不思議な光景だ。

 見ていたらルーが俺の目を塞いだ。

 ティアとかリア達は気にしないのに、従姉妹だと気にするのか。

 なるほど。


 フローラを家に連れて行くと、ティアと遭遇して一悶着。

 皆と同じようにザブトンとその子らを見て気絶。

 畑の収穫をしているルーを見て困惑。

 作物やそれを使った料理を食べて感動。

 賑やかだ。


 その後、十日ほどフローラは俺の家の空き部屋に滞在し、帰っていった。

 この場所に飽きたのではなく、本格的にここで住むらしい。

 ただ、前に住んでいた場所に色々と残しているので、それらを整理する為に帰るようだ。

 物凄く帰りたくなさそうだったので、それなりに早く戻って来るだろうなと思っていたら意外に遅く、戻ったのは冬前。

 一人ではなく、それなりの人数を連れて来た。



 吸血鬼、フローラ=サクトゥが連れて来たのは、二十名のメイド。

 前の屋敷で働いていた者らしい。

 種族は鬼人族で、よく見ればメイド達の頭部に小さな角が見える。

 大体が額……髪の毛の生え際ぐらいに一本か二本。

 親指ぐらいのサイズだ。

 メイド長の名前はアン。

「主様。
 末永く、よろしくお願いします」

 出会い頭に俺を主認定していた。

 フローラにそう言われたのだろうか?

 違った。

 フローラとメイド達は、俺の家に住むらしい。

 なので主様なのだろう。

 命令系統がややこしいなぁ。

 と思っていたら、ルーとフローラ、それにアン達が話し合い、整理された。

 吸血鬼一族として、ルーとフローラしか存在しないが、一応はルーが吸血鬼の代表となるらしい。

 鬼人族の代表はアン。

 で、アン達鬼人族は、メイドとして俺の身の回りの世話を第一とし、第二にルーやフローラの世話をするらしい。

 俺の世話が第一で良いのかと疑問に思ったが、序列は大事だと言われた。

 まあ、良いか。

 アン達メイドの活躍は後にするとして、それよりも大事があった。

 牛だ。

 アン達は牛を四頭、引き連れて来ていた。

 フローラがここに滞在している時に、足りない物として伝えたのを覚えていてくれたのだろう。

 牛。

 四頭中の三頭は妊娠中のメス。

 牛乳の事を考えてくれている。

 おおっ。


 犬エリアの北側、果実エリアの東側に畑八×八面サイズの大きな牛エリアを作った。

 一気に耕した。

 牧草が生えるように頑張った。

 もうすぐ冬だったが、リア達に頼んで牛舎を作ってもらった。

 アン達鬼人族メイドの寝る場所が足りないので倉庫とかを臨時の寝床にしてもらいつつ、牛舎を優先した。

 アン達よりも牛の方が冬に弱いだろうと考えたからだ。

 牛の世話に関しては、アン達が知っているとの事で安心する。

 フローラが戻って来るのが遅かったのは、牛を手に入れるのと世話の仕方を学ぶ為だったらしい。

 感謝である。

 そして一番大事だったのは、クロ達やザブトン達に絶対に牛に手を出さないように伝える事だった。

 牛達は、クロ達やザブトン達に怯えていたが、少ししたら気にしなくなった。

 よし。

 これで牛乳が確保できる。

 聞いた話だと、常に搾乳できるワケではなく、子牛を産んだ後の一定期間だけらしい。

 まあ、それはそうか。

 牛も俺達に飲ます為に母乳を作っているワケじゃない。

 子牛の為だ。

 俺達はそれを分けてもらうだけ。

 傲慢にならないように注意しよう。

 ともかく、一気に住人が増えた。




 一文字 50×50メートルぐらいの大きさ。

□□□□□□□□□□□□果実果実◆◆◆◆◆◆◆◆
□□□□□□□□□□□□果実果実◆◆◆◆◆◆◆◆
□□□□□□□□□□□□果実果実◆◆◆◆◆◆◆◆
□□□□□□□□□□□□果実果実◆◆◆◆◆◆◆◆
□□□□□□□□□□□□果実果実◆◆◆◆◆◆◆◆
□□□□□□□□□□□□果実果実◆◆◆◆◆◆◆◆
□□□□□□□□□□□□果実果実◆牛◆◆◆◆◆◆
□□□□□□□□□□□□果実果実◆◆◆◆◆◆◆◆
□□□□□□□□□□□□畑畑畑畑○○○○○○○○
━上水路━━━━━池池□畑◇◇畑○犬○○○○○○
━下水路━━━━━池池□畑◇◇畑○○○○○○○○
□□□□□□□□□□□□畑家家畑○○○○○○○○
□□□□▼風呂▼▼▼▼▼△△△△△△△△
□□□□▼▼▼▼▼南西▼△新畑△△△△△
□□□□▼▼▼▼▼▼▼▼△△△△△△△△
□□□□▼▼▼▼▼▼▼▼△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△
□□□□□□□□□□□□△△△△△△△△

←五キロぐらい向こうに川。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ