挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

330/366


 早朝。

 創造神と農業神の像のある社。


 最初に見た時の感想は、太った鳥だった。

 ひならしさのない、ただ丸々と太った鳥。

 バレーボールぐらいの大きさだ。

 本当にかえったばかりなのだろうか?

 そうなのだろうな。

 傍には、砕けた卵の殻がある。

 赤、白、オレンジ、ピンクのマーブル模様だから、間違いない。

 これがフェニックスの卵から孵った雛なのだろう。

 縁起物として飾っていただけなのに、ちゃんと孵るとはたくましい……

 だが、フェニックス?

 俺のイメージとは全然違うな。

 毛の色もピンクだし。

 ……

 まあ、とりあえず農業神の像の上から降りるように。

 そこで糞をしたら怒るからな。


 俺の言葉を聞いて、雛は農業神の頭の上で一鳴き。

 そして、その場から動かずに小さい翼を広げて俺に見せた。

 ……

 それは絶対に降りないという意思表明かな?

 ……

 なるほど。

 なるほどなるほど。

 俺は両手で雛を持ち上げ、地面に降ろす。

 はははは。

 なかなか雄々しかったが、もう少し力をつけてからだな。

 悔しそうな雛の鳴き声を聞きながら、俺は農業神の像に汚れがないかチェック。

 問題なさそう。

 孵ったばかりだから、糞とかしないのかな?

 というか、孵ったばかりなのにどうやってこの像の上に登ったんだ?

 あ、飛べるのね。

 速度は遅いけど。

 あー、登らない登らない。

 専用の止まり木を作ってやるから。



 雛を連れて屋敷に戻ると、驚かれた。

 だろうな。

 孵ったことにも驚いたが、これがフェニックスの雛とは思えないもんな。

 アルフレートとティゼルが触りたがったが、その前にフェニックスの雛の成育に関してルーに確認。

「フェニックスは勝手に育つわよ」

 フェニックスは生命力が強く、百年ぐらい絶食しても平気、再生能力もある。

 特に世話をしなくても育つらしい。

 ……

 世話、いらないか?

 俺がそう目で聞くと、雛は急に可愛らしく鳴いて媚びてきた。

 先ほどの雄々しさはどうした?

 そんなものより食事が大事。

 そうか。

 孵ったばかりなのに、悟っているんだな。

 いや、本能に忠実ってことかな?

 とりあえず、アルフレートとティゼルに雛をパス。

 俺は雛の食べそうな物を探してくる。



 世話いらずという意味がなんとなくわかった。

 雛はなんでも食べた。

 一応、好みはある?

 収穫前の米ね。

 雀っぽい。

 怒るな怒るな。

 ちゃんと用意してやるから。

 ただ、畑に直接手を出したら、怒るからな。

 理解したか?

 よろしい。



 ん?

 なんだ?

 ザブトンの子供が集団でやってきたと思ったら、一匹が雛の前に出た。

 雛も何かを察したのか、翼を広げてザブトンの子供の前で威嚇。

 そして、雛とザブトンの子供のファイトが始まった。

 急にどうしたと思ったが、気付いた。

 鳥って虫を食べるよな。

 ……

 うおおおいっ!

 ちょっと待てぇ!

 俺のストップは遅かった。

 糸でグルグル巻きにされた雛の上で、ザブトンの子供が勝利のポーズを取っていた。

 あー、えーっと……凄いぞ。

 そして、雛を解放してやってくれ。


 雛よ。

 忠告だ。

 ザブトンの子供を狙うのは許さない。

 米ならいくらでも用意してやるから。

 ザブトンの子供たちも、狙われたら遠慮なく反撃していい。

 ただ、お前たちから攻撃するのは止めてやってくれ。

 ザブトンの子供たちは足を振って、了解を示してくれた。

 よしよし。

 雛は?

 不貞腐れない。

 ほら、キャベツの葉だ。

 好きだろ……俺の手ごと突っつかない。

 まったく。

 まあ、雛も了解したようだ。

 仲良くやっていくように。



 数時間後。

 子猫たちに追いかけられる雛の姿があった。

 あー……

 待てといって待つ子猫たちじゃないか。

 アン、頼む。

 止めた後、雛を襲わないように言ってやってくれ。




 フェニックスの雛の名前が決められた。

 アイギス。

 俺は雛子とか、フェニ子、フェニ太郎と提案したのだが、雛は気に入らなかったようだ。

 アルフレートが提案したアイギスに決まった。

 名前の元ネタは、始祖さんのお話かららしい。

 神様の名前かな?

 そう言えば、このアイギスは雄なのだろうか、雌なのだろうか?

 誰も見分け方を知らないようだ。

「もう少し成長すれば、特徴が出るかと」

 なるほど。

 アルフレートより、ティゼルの方にばかり擦り寄っているな。

 でもって、俺よりもルーやティアの方に……

 ……

 正確にわかるまでは、雄ということで。





 余談。

 俺がアイギスの為の鳥小屋を作っている時、ルーが耳打ちしてきた。

「フェニックスの羽って、高級素材なのよ。
 雛の羽でも大丈夫だから、掃除の時に落ちてても捨てないでね」

 ……

 自分の食い扶持を自分で稼いでいる鳥と考えよう。

 うん。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ