挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

33/326

新しい住人と水路の完成


 ある日、新しい住人が増えた。

 ザブトンの子供の推薦になるのだろうか。

 ザブトンの子供の糸で縛られた大きな蜂だ。

 大きな蜂は、全長で三十センチぐらいある。

 多分、縛られて無い状態で見たら俺は逃げるか攻撃していたかもしれない。

 ザブトンの子供のジェスチャーで、この蜂を飼育したいと推測した。

 見れば縛られている大きな蜂は頭や首、手足にファーのような毛があり、偉そうに見える。

 蜂は作物を育てるのに役立つかもしれない。

「しかし、襲ってきたりはしないよな?」

 俺は確認する。

 迷惑が掛かるようなら、排除するべきだ。

 だが、蜂を捕まえているザブトンの子供は、大丈夫とジェスチャーした。

 同じように、捕まっている蜂も大丈夫ですと言っているように見えた。

「……わかった。
 場所はどこにする?」

 蜂の希望を聞き、北の果実エリアの一角に蜂の巣用の小屋を作った。

 小屋と言っても、雨風を防ぐ程度の簡単な作り、最初の頃に作ったトイレのような感じだ。

 食事はどうするのかと思っていたら、ザブトンの子供がイチゴを持ってきて渡していた。

 飼育もしっかりやるようだが……そのイチゴはどこから持ってきたのかな?

 まあ、つまみ食い分として見逃そう。

 その後、ザブトンの子供何匹かが交代で世話をしているのを見た。


 十日ほどのち、大きな丸い巣が出来ていた。

 見た感じ、雀蜂の巣をさらに大きくした感じだ。

 大きいので、床に置くように作られ、蟻塚のようにも見える。

 その巣から、働き蜂が出て行く。

 働き蜂のサイズは、俺の知っている蜂のサイズで少し意外だった。

 大きいのは女王蜂だけかと思っていたら、女王蜂よりは小さいが、働き蜂より大きい十五センチサイズの蜂が生まれ、巣を守っていた。

 兵隊蜂だろうか。

 ザブトンの子供達と喧嘩しなければ良いが……

 ともかく、蜂の巣はザブトンの子供達に任せた。

 何かあれば、呼びに来るだろう。

 ちなみに、蜂の巣を見たルーとティアはハチミツに期待できるかなと喜ぶ横で、リア達は顔を引きつらせていた。

 蜂が苦手なのだろうか?


 水路が完成した。

 やっとだ。

 土を盛って固め、水路を掘る作りなので水路の幅はそれほど広くは無い。

 しかし、それでもしっかりと水を流してくれる。

 途中の水漏れは無く、ため池に水が流れ込んでいく。

 その様子に、涙が出てしまった。

 うう……良かった。

 そして、今まで協力してくれた皆に感謝だ。

 今日の料理は豪勢に行くぞ。


 さて、水路が完成し、ため池に水が入る事でやれる事が一気に多くなった。

 まずは前々から希望していた風呂作りだ。

 リア達と協力して風呂小屋の作成。

 沸かし場、風呂場、洗い場、そして着替える場所と用意する。


 沸かし場は、お湯を作る場所だ。

 現状、追い炊きとかは出来ない。

 どこかでお湯を作り、それを湯船に流し込むだけだ。

 だから小屋の外にカマドを作り、専用の石窯を設置。

 石窯で沸かしたお湯はそのまま風呂場に送る水路を作った。

 同時に、ため池から水路をカマド近くまで引き、水汲みが楽になるようにした。


 風呂場には、湯船を作った。

 縦幅三メートル、横幅一メートル五十、深さは一メートル。

 かなり大きい。

 底に水抜き用の栓と、そこから排水する為の水路を作った。

 排水した水はため池に戻さず、ため池から川へ水を戻す為の下り水路(こっちは掘るだけだったので、数年前に完成している)に直接流すようにした。

 ティアからの提案で、排水にスライムを入れれば水を綺麗に出来ると教えられたので、川に戻す前に排水プールを作り、そこで水を浄化する事にした。

 環境は大事に。

 そして、スライム、便利。


 湯船が大きすぎて水汲みと沸かすのが大変だと気付いたが、広い湯船は憧れだったのでこのままにした。

 その大きな湯船に相応しい洗い場や着替える場所を作る。

 風呂は景色が大事と、湯船から見える壁に大きな窓をつけた。

 なので、俺が今住んでいる寝床小屋よりも豪華な感じになってしまった。

 そう言えば家の方の新築もしなければ。

 しかし、今は風呂だ。



 風呂小屋が完成し、大体の準備が出来ると、俺は他の者達に風呂の使い方を教える。

 誰も風呂を知らなかったからだ。

 身体は水を湿らせた布で拭くのみ。

 まあ、考えれば大量に水とマキが必要になるから、贅沢なものかもしれない。

 ともかく、使い方を教えた。

 言葉では上手く伝わらなかったので、仕方なく俺が使っているのを見せた。

 今更、俺の全裸に恥らうような者は居ない。

 俺は女性陣の視線を少し気にしながら身体を洗い、湯船に浸かる。

「……染みる」

 思わず、涙が出てしまった。

 広い風呂、温かい湯。

 前の世界で病院に入ってからは入浴がNGだったので本当に久しぶりの風呂だ。

「ああ~」

 思わず声が出る。

 もう女性陣の事は頭になかった。

 ただ、風呂を満喫した。


 俺の様子から、女性陣も良い物だと理解したのだろう。

 今更、俺の前で裸になるのを躊躇する者は居ない。

 全員、一気に入って来た。

「え、あ、ちょっと、いくら広いとはいえ、無理、無理だから。
 順番、順番で」

 風呂を満喫できた時間は短かった。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ