挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

312/324

勝負という名のお祭り


 五村ごのむらにあるヨウコ屋敷の正面にある大きなグラウンド。

 そこに大勢の人が集まっていた。

 賑やかで、活気がある。

 笑顔もあった。

 俺はそのグラウンドの片隅に設置された椅子に座っていた。

 日差しを遮る屋根もあり快適なのだが……

 この椅子の高さはなんだろう?

 監視員かな?

 遠くがよく見える。

 その俺の横で、ヨウコが大々的に宣言した。

「皆者。
 待たせたな。
 これより、鍛冶勝負を始める!
 参加チームは前に出よ!」

 ヨウコの宣言により、グラウンドの中央を空けるように人が移動する。

 そして、そこに出てくる参加者たち。

 勝負はチーム戦。

 一人で鍛冶作業をするのは現実的じゃないらしい。


 まず、最初に姿を見せたのがガットと弟子二人、そして見慣れない獣人族が二人の獣人族チーム。

 見慣れない獣人族二人は、ガットがハウリン村から呼んだお手伝い。

 五人で勝負に挑むらしい。


 次にヨウコに斧を渡した、このイベントのきっかけを作ったドワーフの一団。

 人数は……六人。

 勝手に、斧ドワーフチームと俺が名付けた。


 そして、さらに続くドワーフだけのチームが三つ。

 牢屋に入っていたドワーフが三つに別れ、参加するようだ。

 こっちは、牢屋ドワーフA、牢屋ドワーフB、牢屋ドワーフCチーム。


 続く組もドワーフが多いが、魔族や人の姿も混じっている。

 これは五村にいたドワーフを中心としたチームらしい。

 これは五村チーム。


 以上、六チームで行われる。

 ヨウコはたっぷりと時間をとって見渡したあと、重々しくうなずく。

「では各チーム、望みを宣言せよ」

 この鍛冶勝負。

 優勝チームには望みが一つ、かなえられる。

 もちろん、その望みは実現可能な範囲でだ。

 優勝した後で無理や無茶を言われても困るので、最初に宣言してもらってチェックする。


 ガットの獣人族チームが宣言する。

「望みはない。
 ただ、そっちのドワーフ。
 俺達が勝ったら、腕が足りないとは言わせないぞ」

 ガットは斧ドワーフチームを睨む。

 対して、斧ドワーフチーム。

「ワシらのチームの望みは、魔鉄粉を安価で譲ってもらいたい。
 そこの獣人族の鍛冶師より、優れた武器にしてやろう」

 睨み合う、獣人族チームと、斧ドワーフチーム。

 それを無視して牢屋ドワーフA、B、C。

「「「恩赦を!」」」

 五村チーム。

「村議会の食堂、無料食べ放題」

 ヨウコは頷き、問題ないと確認。

 同時に、横にいたロクが紙に記録する。

「よろしい。
 では……」

 ヨウコが俺にふってきた。

 事前に言う事は指示されているが、緊張はする。

「今回、作ってもらうのは剣鉈けんなた
 刃渡りは自由。
 では、勝負開始!」

 大きな歓声が上がった。

 そして、各チームが五村のふもとの鍛冶場に向かう。

 この勝負の為に、建設された鍛冶場だ。

 各チームに一箇所、全六ヶ所。

 全てが同じ作り。

 そして、素材置き場には大量の素材を用意している。

 目利きは自分でやらないといけないということだ。

 頑張って欲しい。



 さて。

 俺は椅子に座ったまま、各チームが去った後のグラウンドをみる。

 周囲には観客。

 その視線が俺に集まっている。

 わかっている。

「では、これより五村ごのむらさいを始める」

 俺の宣言で、先ほどよりも大きな歓声が上がった。

 五村祭。

 ヨウコと聖女のセレスが前々から計画していた五村でのお祭り。

 ガットとドワーフたちの勝負をする場を用意するついでにと、実行された。

 五村住人の興味は、鍛冶勝負よりもお祭りの方が強いみたいだ。


 グラウンド周辺や、大通りに設置されたお店から流れてくる様々な食べ物の匂い。

 鍛冶勝負の準備に十日かかったが、同時にお祭りの準備をしていた。

 十日あれば、近隣の街や村からも人が来る。

 お客だけでなく、商売人も。

 特にゴロウン商会のマイケルさんが熱心だった。

 何店も出店している。

 大樹の村からも、鬼人族メイド数人で参加している。

 普段と違い、代金を取るので会計で少し手間取っているが人気は凄い。

 持ち込んだキャンピング馬車が目立っているのかな?

 食事だけでなく見世物、音楽、簡単な競技など、賑やかだ。

 このお祭りは一週間、続く。

 長いと思うが、鍛冶勝負が一週間に渡って行われる長丁場だからだ。

 それに合わせたとヨウコは言っているが、元からそれぐらいの期間を想定していたっぽい。

 俺の公式の参加は最初と最後だけなので、気は楽だが……

 まあ、五村のことはヨウコに任せている。

 俺は椅子から降りて、お祭りを……あ、護衛は付くのね?

 お祭りを楽しんだ。




 三日後。

 斧ドワーフの一人が、ヨウコに面会を求めた。

「村長代行殿。
 勝負の場を整えてくれたことには感謝するのだが……その」

「なにか問題でも?」

「あまりにも、ワシらの勝負がないがしろではないか?」

「十分に興味を持っているが?
 食事や酒だって、ちゃんと差し入れているだろ?」

「それには感謝しているが……その、注目が足りん」

「そう言われても困る。
 鍛冶場に見物客を入れてもいいのか?」

「危ない、駄目だ」

「一時間で一本とか打てるか?」

「やろうと思えばできるが、早仕事はろくな結果にならん」

「であろう。
 鍛冶勝負は客を呼べるようなものではないのだ。
 そう怒るな」

「しかしだな」

「望みはなんだ?」

「ん?」

「我に何か頼みたい事があるのだろ?」

「……勝負の結果に関わらず、あの変形する馬車の仕組みが知りたい。
 あれは見事だ」

「それだけか?」

「あと、あそこで提供されている料理と酒を。
 列が長すぎて、並んでられん。
 こっちは鍛冶勝負の最中なのだぞ」

「わかったわかった。
 手配しておこう。
 ちなみに、この酒がそこの酒だが……飲んでいくか?」

「すまぬ。
 頂こう」



+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ