挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

211/324

新たな春


 今年の冬は太陽城関連で終わった気がする。

 何度も往復したなぁ。

 ……

 やはり、自力で移動できる手段が欲しい。

 早く気球を作らないと駄目かな。

 まあ、急いで失敗しても困る。

 墜落は避けたいしな。

 万が一を考えて、人間用のパラシュートも用意したい。

 前に酒スライムで実験しただけだったからな。

 しかし、その前にしなければならない事がある。

 春になって目を覚ましたザブトンに太陽城の説明。



 ハクレンに頼んでザブトンと共に太陽城に行くと、そこはお昼寝会場だった。

 いや、全員気絶してるだけかな?

 そんなに怖がらなくても……

 ザブトンも気にしなくて良いぞ。

 慣れてないだけだろう。

 ベルはさすがだな。

 ……

 意識は保っていたが、腰を抜かしていた。

 つっつくとへたり込み、泣き出した。

 着替えも必要だったらしいので、彼女を背負って私室に送った。


 ゴウは……水晶石になり切って乗り切ろうとしていたので、俺がバラした

「ひ、酷いっ」

「いや、お前らってドラゴン相手でもなんとかなるんだろ?」

「ドラゴン相手になんとかなるわけないじゃないですか!」

 全力で怒られた。

 あれ?

 そうだっけ?

「全盛期の太陽城の防御力はドラゴンの攻撃にも耐えるように出来ていますが、今はそれすらありません」

「燃料不足は解消しただろ?」

「村長の攻撃によって、防御機能が停止しましたから……自動修復待ちです。
 計算では、二年ほど掛かる予定になっています」

「すまん」

「いえ、あの時の非はこちらにあります。
 改めて謝罪させてください」

「もう終わった事だ」

 謝罪合戦になったので、適度に切り上げてザブトンを紹介。

 被服関連の情報が欲しいと頼んでおく。



 ザブトンを太陽城の各所に案内。

 と言っても、まあ俺がなんだかんだと耕したので村とあまり風景は変わらない。

 遠くが森か空かの違いだろうか。

 家を建てる予定の場所では、少しづつ建設が始まった。

 やはり建材の輸送が大変だ。

 建材となる木も育てているが、さすがに成長を待つのは気が長い。

 下で用意して、ドース達が来た時に一気に運び込むべきだろうか?

 それとも、ビーゼルや始祖さんに頼んでの転移魔法?

 輸送する建材の量が多いから、始祖さんはともかくビーゼルは厳しいかな。


 ザブトンが気になったのは太陽城ではなく、夢魔族の下着みたいな格好。

 刺激を受けるのは構わないが、普段着としてはどうかと思うぞ?

 水着のデザインに流用する方向でお願いしたい。





 大樹の村に戻って、春の仕事。

 当然、畑仕事!

 頑張る。

 何をどれだけ育てるかは、事前に話し合っている。

 大樹の村の畑も広くなったが、俺の作業速度も上がっている。

 集中させてくれたらもう少し早く終わったのだけど、なんだかんだと用事が入って一ヶ月ぐらい掛かってしまった。



 用事その一。

 ラミア族、巨人族に太陽城の説明。

 双方、特に気にしないとの事。

 反応が鈍くて悲しい。

 ダンジョンで生活しているから空を飛んでいる物に興味が無いのかな?

 ちなみに、ハウリン村や魔王国、ドライムに関しては小型ワイバーン通信で冬の間に連絡している。

 ハウリン村は連絡前から太陽城を確認していたので、詳細がわかって安堵。

 祝辞を返してくれた。

 魔王国は太陽城を管轄下にした事の承認と、余裕のある時に太陽城に招待して欲しい旨の私信。

 ドライムは冬場でも気にせず来訪し、太陽城を見学し終わっている。

 温泉とか酒場とかそういった施設を早く用意して欲しいそうだ。

 俺もそう思う。

 頑張りたい。



 用事その二。

 一村いちのむら二村にのむら三村さんのむらが各自で農業をスタートさせているが、協力要請はある。

 こちらの作業が終わった後で構わないとの事だが、【万能農具】に頼っている大樹の村と違い、各村は普通の農業だ。

 出来るだけ優先した。

 太陽城こと四村よんのむらの畑は、俺が【万能農具】で作ったので成長が速い。

 今回は問題ないだろう。

 問題は今後。

 あそこは季節を気にせずに農作業ができるが、果たして普通の農業は可能なのだろうか?

 太陽城に適した作物を探さなければならないかもしれない。



 用事その三。

 ガットが太陽城の土台部分に関して、調査を進言。

 太陽城の土台部分は、俺の攻撃によって森に落下し、小さな小山になっている。

 冬場だったのでこれまで何もしていなかったが、暖かくなってきたので調査をという事だ。

 何か珍しい鉱物があるかもしれないと。

 しかし、太陽城の土台はゴウやクズデンの話だと悪魔族の攻撃の結果だそうだ。

 そこに鉱物があるのだろうか?

 あってもおかしくないとの事で、調査隊が結成。

 俺は畑があるので不参加。

 リザードマンのダガ、獣人族のガルフを中心とした調査隊が結成され、意気揚々と出発。

 ハクレンかラスティに運んでもらうのかと思ったら、徒歩らしい。

 冬場で鈍った身体を鍛える意味もあるのかもしれないが、同行するガットが悲壮感を漂わせている。

「無理に同行しなくても良いんじゃないか?
 ガルフでも鉱物の見分けができるんだろ?」

「自分で言った事だから……が、頑張る」

 護衛役のクロの子供達に、ガットを頼むとお願いしておく。



 用事その四。

 始祖さんが来た。

 太陽城を見て、懐かしいとか言い出した。

 ……

 考えてみれば、知っていてもおかしくない。

 話を聞くと、天使族が神人族と名乗っていた時に行った事があるらしい。

 特に目新しい情報は無かった。

 始祖さんはそのまま温泉に。

 向こうでライオン一家に出会い、驚いていた。

 その後は一緒に温泉に入っていたらしいけど。

 子ライオン、結構大きくなっている。

 成長、早いなぁ。



 用事その五。

 山エルフ達があっと言う間に小型の気球を完成させた。

 キーとなるのは保温石を精製した太陽城の燃料を使った筒状の魔道具。

 提供はルー。

 以前、俺が魔道具を色々と頼んだ時の試作品の改良だそうだ。

 空気に接する面を調整する事で温度調整を可能とした。

 ザブトンが作ってくれた気球の風船部分も丈夫だ。

 その上で、魔法による強化をしているので試作品は成功。

 酒スライムが得意気に試乗していた。

 酒スライムでも操縦できる操作性を褒めるべきだろうか。

 それを見ていたウルザ達が、早く乗りたいと要望。

 正規サイズでの制作が開始。

 材料の伐採に借り出された。

 これは後回しにしても良かったのだが、太陽城との移動の確立が大事だからな。

 いつまでもハクレン、ラスティ、天使族に頼っているのもよろしくない。

「村長だけなら、喜んで運ぶのですが……荷物が多いとさすがに厳しいです」

 太陽城の悪魔族、夢魔族は俺を抱えての飛行は無理。

 俺を抱えて飛べる天使族達の凄さを再認識した。





 用事は多かったが、なんとか対応できて良かった。

 畑が一段落すれば、俺も手が空いてくる。

 ダガ達の応援に行った方が良いだろうか?

 それとも……

 ん?

 クロがフライングディスクを咥えて待っていた。

 そう言えば、あまり相手が出来なかったな。

 よし。

 今日はクロと……じゃないな。

 クロの後ろにはクロの子供達。

 ボールを咥えていたり、ブーメランを咥えていた……。

 わかった。

 今日はクロ達と遊ぼう。



 ちなみに、クロの子供達の一部は交代で各村の防衛を担っている。

 交代期間はクロの子供達に任せているが……特別に一日交代で大樹の村に戻って来ている。

 俺は四日ほど、クロの子供達と遊んだ。

 気分はドッグトレーナー?




 余談その一。

 前にクロの子供が拾ってきた子犬。

 でっかく育ち、フェンリルと判明したが……

 普通にクロ達に混じって生活をしている。

 かなり馴染んでいるようだ。

 ただ、クロ達用の道具ではサイズが合わない。

 ……

 大きなボールの制作が急がれる。




 余談その二。

 今年もザブトンの子供達が旅立った。

 糸を空に伸ばして、風に乗って移動するスタイル。

 今年の風下には太陽城があった。

 十匹ほどが太陽城に着地。

 そこで生活するらしい。

 早い再会に俺は嬉しかったが、太陽城に住む者達は怯えていた。

 慌てて俺に連絡してきたぐらいだしな。

 だが、大丈夫。

 慣れる。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ