挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

193/327

祭りの後の感想戦?


「グルーワルドさん」

「フカさん。
 どうしました?」

「ここは神話の国ですか?」

「え?」

「ここは神話の国だったのですか?」

「待って待って……えーっと。
 落ち着いてね」

「落ち着いています」

「急にどうしたの?」

「ドラゴンが……いっぱいでした」

「いっぱいだったね」

「腕相撲したり、綱引き? でしたか? それをやったりしてました」

「楽しかったわね」

「はい。
 楽しかったです。
 そして、食事が素晴らしく美味しい。
 つまりここは神話の国!」

「あはは……限りなく近いかもしれないけど、違うからね」

「グルーワルドさん。
 私も大きくなったら武闘会に出たいと思います。
 まずは一般の部に出て勝利を」

「あはは。
 その為には、頑張って身体を大きくしないとね」

「はい。
 頑張ります」





 獣人族のガルフと、リザードマンのダガが体操をしながら昨日の試合を振り返っていた。

「キアービットさんとの戦いは、もう少し形になると思ったんだけどな」

「天使族との戦いは研究不足だったな」

「むう。
 手合わせの機会がないからな。
 事前に何試合かやってれば……」

「それは向こうにも言える事だろ。
 お前のクセが見抜かれて終わりじゃないか?」

「クセって攻撃のパターン化の事か?
 それなら派生を増やして対処したぞ」

「派生を増やしても根幹が同じだろ。
 派生前に潰される。
 キアービット殿に負けたのはそれだろ?」

「あれは向こうが槍を囮に蹴り技で来るなんて思わなかったからで……」

「事前にキアービット殿は天使族にしては珍しく格闘戦も出来ると教えただろう」

「そうだけど……はぁ、全ては実力不足か」

「まあまあ。
 よし、身体も温まって来た。
 やるか」

「おう。
 まずはキアービットさんの所だな」

「うむ、話は通してある。
 ボコボコにされようか」

「一本は取る」





「今年も凄かったな」

「そうですね。
 貴方も……もう少しでした」

 魔王国四天王のランダンとビーゼルが宿のテーブルで食事をしながら呟く。

「組み合わせがなぁ……って、組み合わせでどうこうなるレベルじゃないよな」

「そんな事はないでしょう」

「いやいや、全員が連戦前提の体力温存。
 俺は勝つ為に全力だ。
 一回は勝てても、二回は無理。
 その結果だ」

「個人戦なら、貴方は魔王国でも有数なのに」

「そんなプライドと自信は砕け散ってるよ。
 それよりあのガルフっての、なんとか魔王国に引き込めないか?」

「無理です。
 彼は少し前にこの大樹の村に移住しました」

「手遅れだったか……シャシャートの街で会った時に多少強引にでも引き込むべきだったか」

「見たところ、彼は武人気質です。
 魔王国の将軍や教官を引き受けて貰えるとは思えませんよ」

「むう……。
 じゃあ、ラミア族や巨人族は?」

「可能性はありますが……ラミア族や巨人族が部隊を率いたり、技術を教えたりできると思いますか?」

「やってみなければわからないだろ?」

「一応、打診はしてみますが期待しないでくださいよ」

「打診できるだけ凄いよ」

「娘がラミア族とは懇意にしているみたいでして。
 そう言えば、貴方の妹さんの件は上手くいったようですね」

「おっ、その話する?
 長くなるぞ」





「宗主様。
 鎮静の祈りは終わりました」

「ご苦労様です。
 昨日は盛り上がりましたからね」

「はい。
 まさか世界一決定戦を観る事になるとは」

「ははは。
 世界一決定戦ならドース君やギラル君も参加したがったでしょう。
 魔王はどうかな?
 一応は意地を見せるかな」

「その方々が不参加でも……出場者が凄かったですから。
 身が引き締まる思いです」

「血が騒ぐかい?」

「多少は。
 ただ、今の私では一般の部はなんとかなっても……戦士の部では勝てませんね」

「だろうね」

「当面は、私の部下を。
 将来的には私の息子をそこまで押し上げたいかと」

「ははは。
 部下はともかく、息子さんの人生を勝手に決めちゃ可哀想だよ」

「大丈夫です。
 私の息子ですから。
 あの武闘会を観せればきっと目指すでしょう」

「家庭内の事に口は出さないけど、後で家出したって泣きつかないでよ」

「承知しました。
 ただ、息子が強くなりたいと言った時は、協力をお願いします」

「その辺りは惜しまないよ」

「ありがとうございます。
 では、宗主様。
 そろそろ……」

「そうだね。
 七箇所あるから覚悟してよ」

「はい。
 とても楽しみにしています。
 あ、行く前に質問が?」

「なにかな?」

「頂いた予定表の中に、温泉休憩が入っているのですが……」

「タオルはあるから安心して良いよ」

「そうではなく、一箇所行く度に温泉に行く必要があるのでしょうか?」

「何を言っているんだフーシュ君。
 礼拝の前には身を清めるのは当然の行為だろう」

「確かに。
 大変、失礼しました」

「わかればよろしい。
 お弁当は用意して貰ったかな?」

「はい。
 ここに」

「では、出発しよう。
 ああ、死霊騎士を温泉に戻さないといけないから、まずは温泉に行くからね」





 ドースとギラルは昼から風呂に入っていた。

「グラルはどうするつもりだ?」

「ここに置いておこうと思う」

「村長が許可すればそれは構わんが……お主が頻繁に来るのは駄目だぞ」

「俺もここに住もうと考えているのだが?」

「許可できるか。
 自分の縄張りはどうする気だ?」

「お前に任せる」

「任せるって……お主があの場所に拘るからずっと争っていたと思うのだが?」

「そうなのだが……
 なぜあの地に拘っていたのか自分でもわからん」

「何かあったのか?」

「それもわからん。
 急に頭の中がすーっと明るくなってな。
 それ以降、イライラもしないし健康そのもの。
 太陽なんか見るのも嫌だったが、最近の日課は日向ぼっこだ」

「属性が変わったのか?」

「いや、闇のままだ」

「そうか。
 まあ、なんにせよここに住むのも縄張りを捨てるのも許さん」

「俺だけ楽するのが許せんと?」

「うむ」

「お前も引退したらどうだ?」

「前にそれをライメイレンに言ったらメチャクチャ怒られた」

「はははっ」

「笑い話じゃないぞ。
 引退するなら命はいらんだろうと言われたんだ。
 本気で死を覚悟したからな」

「お前よりもライメイレンの方が竜王に相応しそうだな」

「そう思うが……竜王って男しか駄目だからな」

「お前らが勝手に決めたルールだろ?」

「そうだが、長く守っているとなかなか破れん」

「確かにな。
 いっそ、ここの村長にでも竜王を任せたらどうだ?
 ハクレンの夫なら竜王の資格ありだろ」

「冗談は……意外と良いアイディアかもしれんな」

「お?」

「今度、ライメイレンに相談してみよう。
 発案者はお主な」

「ちょ、やめろよ。
 俺が狙われるだろ」

「いやいや、村長が継げばその次はヒイチロウにと考えられる。
 ライメイレンも受け入れやすい」

「ヒイチロウが竜王?
 考えたくないが、そこにグラルが嫁いで子が出来れば……竜王、暗黒竜の血統と称号が一つになるな」

「暗黒竜王は駄目だぞ。
 なんかダサい」

「竜暗黒王とかは?」

「間に入れるな」

「竜王暗黒竜って変じゃないか?」

「初めての事だからな。
 よく考えよう」

「うむ。
 あ、でも他の者達は大丈夫なのか?
 ドライムとかドマイムとか」

「常日頃から、絶対に嫌だと言われている……スイレンの夫にも言ってみた事があるが笑いながら拒絶された」

「……風呂から出たら、呑もう。
 うん、呑もう」



「魔王様、今、凄い会話が……」

「グラッツ。
 我らは何も聞いていない。
 聞いていないんだ」

「……ははは。
 そうですね。
 幻聴でした。
 さあ、しっかり身体を洗いましょう。
 お背中、お流ししますよ」

「お、すまんな」





 マイケルさんと文官娘衆が共に台帳を抱えながら困っていた。

「このままの取引が続きますと、魔王国中の金貨がここに集まってしまいます」

「それなりに消費をしているつもりですが……」

「全然足りません。
 言葉は悪いですが、現状はお金を溜め込む貴族のようなものです。
 収入に見合った支出をしないと普通は経済が死にます」

「普通は?」

「ええ、この村は自給自足できていますから……被害は魔王国が受け持つ事になりますね」

「それは本意ではありませんね。
 対策としてはどういったものが?」

「何かを大量に買って頂くのが一番ありがたいのですが……現状でもそれなりに買って頂いていますし、村では限界があります。
 提案としては……お金を使う為の施設を村以外に建設される事をお薦めします」

「お金を使う為の施設?」

「はい。
 たとえば私の店があるシャシャートの街に、食品工場や娯楽施設を作るなどです」

「食品工場……前々から言われているフローラ様の調味料関連ですね。
 それを作ると貴方のお店のライバルにならない?」

「それ以外で十分に儲けていますので大丈夫です。
 もちろん、販路が必要であれば提供させて頂きます」

「貴方のところが良いって言うなら気にしないけど……
 娯楽施設とはどういった施設を?」

「競技場、舞台、見世物小屋、話小屋などです。
 女性の方に言うのもなんですが、風俗店などもありだと思います。
 ああ、娯楽施設に拘らず、普通に飲食店などでも構いませんね」

「そういった施設だと、お金を使う施設というか使わせる施設じゃない?
 安くすると周辺のお店が潰れるわよ」

「お値段はある程度、お考え頂きますが……飲食店はともかく、他は安売りだけで商売が成り立つワケではありませんから」

「んー……素人商売なら損する可能性が高いけど、資金があるからなかなか潰れない……貴方のいうお金を使う施設になるわけね」

「はい」

「でも、それだと村が一方的に損するだけよね。
 村にメリットはあるかしら?」

「村の作物、商品の紹介ですが……一番は評判ですね」

「評判?」

「はい。
 現状、大樹の村の評判はゼロ。
 知っている者だけが知っている状態です」

「村長が特に評判を必要としていませんからね」

「それはそれで構わないのですが……
 いずれ知られるでしょう。
 そうなると、悪意ある方が風評を流した時に対処ができません」

「悪意ある?」

「現在は例え話ですが……お金をたくさん持っているだけで人は恨まれます」

「悪い評判を打ち消す為に、事前にポイントを稼いでおくと」

「いいえ。
 いずれ知られる事がないように、大樹の村を隠す為の組織を作るとお考えください」

「……なるほど。
 村に一番迷惑の掛からない方法ね」

「はい。
 他にも情報収集拠点として使えます。
 現状、私や魔王様、竜王様、ドライム様、コーリン教宗主様……自分で言ってなんですが凄い面子から情報収集できてますね。
 失礼。
 私を含め、現在の情報収集は速度面で問題があると思いますが?」

「シャシャートの街なら、貴方の協力も得られると?」

「全面的に協力させて頂きます」

「わかりました。
 こちらでまとめ、村長に提案させていただきます。
 その際、貴方からの要望という事をお伝えしても?」

「構いません。
 よろしくお願いします」

「では、そのように。
 後は……当面の消費ですね」

「今回持って来た海産物で、冬の間は大丈夫ですよね」

「ええ。
 あ、村長がエビを大量に欲しがっていたわ」

「エビですか?」

「そうエビ。
 小さいのじゃなくて大きいヤツね。
 縁起物とか言ってたわ」

「わかりました。
 仕入れて冬前には届けさせます。
 後は……」

「うーん……」

「頑張ってください。
 なんとか今回、金貨を持って帰らないとシャシャートの街が危ないんです。
 お願いします」

「最悪、無利子無担保で貸すから」

「信頼は嬉しいですが、商会の会頭として許諾できません。
 お願いします。
 何か買って下さい。
 なんでも仕入れますよ」

「うーん」





 クロの子供達は、珍しく集団行動をしていた。

 村の周囲を全力で走っている。

 朝から今まで……もうすぐ日が暮れるが……大丈夫か?

「村長。
 そろそろこっちもお願いします」

「ん、了解」

 俺はフローラと共に小屋に篭っていた。

 武闘会で治癒魔法を連発させ、苦労させたのでそれを労わる為だ。

 マッサージとか、好きな料理を作ってやろうとかを考えていたのだが、俺は【万能農具】のシャモジで発酵を促がし続けていた。

「これで前に村長が言っていた納豆なるものが……ふふふ」

「俺、納豆苦手なんだけど」

「好きな人は好きなんですよね?」

「そうだけど……チーズをメインにやろうよ」

「チーズはすでにあります。
 それよりもこれまでに見た事のない食べ物……ふふふ」

「フローラが気に入るとは限らないからな」

 俺はそう言いながらも、納豆の完成を予感する。

 ……

 臭いを抑える食べ方って、どんなのがあったかなぁ。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ