挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

151/324

トンネル対策?


 良い感じの土になったムカデ達の上で、ラスティから話を聞く。

 ラスティがダンジョンの出入り口に来た時、俺達の時とは違って巨人族の出迎えがあったらしい。

 そしてダンジョンの奥、マクラのいる場所へと案内。

 なんでもマクラはダンジョンの崩落場所で補修作業をしていたらしい。

 俺が温泉に入っている間に……少し恥ずかしい。

 ラスティとマクラが合流したぐらいで異変があり、崩落で出来た穴から小さなムカデが這い出してきたらしい。

 小さなムカデと言っても、デカいムカデと比べたらの話で二メートルぐらいの大きさだそうだ。

 ラスティはマクラと共に小さなムカデを撃退。

 ラスティに同行したザブトンの子供達は巨人族達の避難誘導。

 しかし、その避難した先にもムカデは発生。

 俺達が合流した広い空間に追いやられ、そのまま防衛。

 ラスティ達だけなら炎を吐いて終わったとの事だが、巨人族が近くにいたのでそれが出来なかった。

 地味に小さなムカデ達をなんとかしたら、あのデカいムカデが出てきて身動きが取れなくなってしまったとの事だ。

 さらに詳しく聞けば、飲まず食わずで丸二日の戦いだったらしい。

 良くやったとラスティ達を褒める。



 次に、ラスティ達が守っていた巨人族と話をする。

 幸いな事に怪我人はいるが、亡くなった者はいないとの事。

 かなり感謝の言葉を述べられた。

「このムカデは、この辺りによくいるのか?」

「もっと小さいのならたまに見かける程度です」

 もっと小さいのとは、二メートルぐらいのムカデではなく、三十センチぐらいのムカデらしい。

 それでも十分に大きい気もするが……

「アースラットのトンネルには二メートルぐらいのはいたよ」

 始祖さんが補足してくれる。

「ただ、ハクレン、ラスティがトンネルに入った直後に炎を吐いたから見たのは死骸だけだけど」

 なるほど。

 そこで怒られたから、巨人族のいる場所で炎を吐かなかったらしい。

 運が良かったと思おう。

「でも、あの大きさのヘカトンはいなかったかな」

「ヘカトン?」

 ムカデの名前らしい。

 正しくはポイズンロックヘカトン。

 ……毒があるのか?

 考えてなかった。

「ラスティ達は大丈夫か?」

 ドラゴンに毒は効かないらしい。

 流石、ドラゴン。



 なんにせよ、崩落で出来た穴を完全に塞ごう。

 でないと、巨人族が安心して住めない。

 ……

 一応、移住の考えがあるか聞いてみたけど、ここで生活するとの事だ。

 そうだよな。

 なかなか引っ越せないよな。



 穴を塞ぐ為、崩落現場に移動。

 あのデカいムカデ、ポイズンロックヘカトンが出入りした為から巨大な穴が出来ている。

「前より大きくなっているわね」

 来た事のあるルーが呟く。

 倍以上の大きさになっているらしい。

 これを塞ぐには上を崩すのが一番かもしれないが……

 穴の周囲はマクラの糸で補強されていた。

 これを潰すのは悪い気がするので、トンネルに入って内部を崩そう。

 ……

 その前に、ハクレン、ラスティに頼んでトンネル内で炎を吐いてもらう。

 ムカデはもう見たくない。

 酸欠の恐れがあるので、俺はトンネルに入らずに待機。

 三十分ぐらいしてハクレン達が戻って来た。

「遅かったな」

「ちょっとゲストがいて」

 東側のトンネルから、デカいムカデの追加があったらしい。

 ただ、炎を吐いていいなら敵じゃないとの事。

 流石、ドラゴン。




 俺達はハクレン達に案内されながらトンネル内部に。

 西側は何もないが、東側には大量の灰があった。

「黒コゲじゃなく、灰か……」

「ちょっと本気を出したから」

 ハクレンが良い笑顔だ。

「西側にも火を吐いたんだよな」

「そっちは私が……」

 ラスティが不満そうに手を上げる。

 燃やしたかったのか。

 まあ、ともあれ邪魔をするものはいないようだ。

 さっくりと崩したいが……

 トンネルの出入り口近くで崩すと、上のダンジョンに影響があるかもしれないので少し移動。

 移動の前に始祖さんが、念の為と俺に魔法を掛けてくれた。

 空気の毒に対する魔法らしいけど、それで酸欠対策になるのかな?

 酸欠を空気の毒と言ってるだけかな?

 好意は素直に受け取り、感謝する。



 まずは西側に。

 体感で一キロぐらい?

 全員でダラダラ歩く。

 ラスティは不満そうだったが、二メートルぐらいのムカデだったであろう灰が何箇所かにあるので、無駄ではない。

 灰を見つける度に褒めてやると、嬉しそうにしている。

 クロとユキは時々、先行しては何もない事を俺に報告してくれる。

 もちろん、褒めておく。


「この辺りで良いんじゃないかな」

 始祖さんの指示で、トンネルを崩す。

 魔法でどーん。

【万能農具】の出番はなかった。

 そして崩落時の土煙が、俺を避ける事で始祖さんの魔法の効果を確認。

 おおっ。

 凄い。

 ちなみに、同じ魔法を他の者達も使っている事から……初歩の魔法なのかもしれない。

 俺も使いたい。



 西側が終わったので、東側に向かう。

 トンネルに入った場所に戻った時、二手に別れても良かったかもと思ったがすぐに考え直す。

 何がいるかわからないからな。

 全員一緒で行動。

 また体感で一キロぐらい歩いた場所で、魔法をどーん。

 崩れが少し悪かった。

 魔法を放ったルーが少し悔しそう。

 改めて魔法を放って完全に崩し、無事封鎖。

 これで安心かな?

 アースラットみたいな穴を掘る魔獣がいるから、油断はできないよな。

 警報みたいなものでも仕掛けられたら良いのだけど……

【万能農具】を出してみたが、どうしようもない。

 困った時は、始祖さん頼り。

「私がこのダンジョンに常駐するならいくらでも手はあるけど、そうじゃないからね」

「どうしようもないと?」

「手が無いワケじゃない」

 始祖さんが俺に何か期待した目を向けている。

 ……

「ひょっとして、創造神様の像を埋める件?」

「怪しい空気は感じるから、埋めたい気持ちは理解できる。
 しかし、私としては創造神様の姿をしたものを埋めるのは心苦しい。
 そこでなんだけど」

 始祖さんが言うには、出入り口は封鎖するけど創造神様の像の周辺は空間を作っておきたいとの事だ。

 本気で信仰している始祖さんの前で不用意に創造神様の姿に彫ったのが悪かった。

 でも、あの時はああするのが一番と思ったんだよな。

「わかった。
 その案で。
 あと、創造神様の像をそのままじゃ寂しいから社……神殿も作ろう」

「おおっ」

 始祖さんには色々と世話になっている。

 これぐらいはいいだろう。

「神殿作りは冬に。
 転移魔法を期待しても」

「もちろんだとも」

 色々と世話もしている気もするが……ルーやフローラのお爺ちゃんと考えれば、優しくもなれる。




 始祖さんの対策は、シンプルだった。

 要は門番を置けば良いのだ。

 トンネルに入る穴の近くで始祖さんが呪文を唱えると、地面から石柱が十本ほど生えた。

 そしてさらに呪文を唱えると、石柱がボロボロと崩れ何かの形が残る。

 羽の生えた悪魔?

「ガーゴイルと言ってね。
 普段は石像なんだけど、侵入者が来ると門番兼警報として活躍してくれる」

「強いのか?」

「アースラットなら大丈夫だと思うよ。
 駄目でも時間稼ぎは出来るし、このガーゴイル達が動けば私が感じる事ができる」

 なるほど。

 悪く無い手だと感心。

 他の者達も同様に感心しているようだ。

「初めて見る術ね。
 ラスティ、記憶できた?」

「十体の同時創造だったから、ちょっと怪しいです……
 後で手順を確認させてください。
 二十七手ですよね」

「ルーさん。
 貴女もこれ、できます?」

「無理。
 というか、これって始祖様の寝室を守るガーディアンよ。
 ドラゴン相手でも時間稼ぎ出来るんじゃないかな」

 マクラ、クロ、ユキはガーゴイルに何か感じるのか、距離を取っている。

 ……

 神殿は豪華にしよう。




 トンネルから出て、ダンジョンに戻る。

 巨人族にトンネルの封鎖と、穴の奥に設置したガーゴイル達の事を伝える。

 ガーゴイル達の動作条件は、俺達が出入りした穴以外からの侵入。

 巨人族達が穴に迷い込んでも大丈夫だが、出来るだけ穴には入らないようにお願いする。

 できれば、蓋をしておいて欲しい。

 現状、マクラの張った網だけだ。

 挨拶を終えると、そのまま始祖さんの転移魔法で村に戻る。

 すぐに帰るつもりだったが、ずいぶんと待たせてしまった。

 宴会が盛り上がっていれば良いのだが……



 宴会は俺達待ちだった。

 ありがたいと同時に、申し訳ない。

 俺の謝罪と同時に、宴会が始まった。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ