挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

149/327

帰り道その二


 ラスティが燃やした場所で宿泊準備。

 周囲の敵は退治したので問題なし。

 同時に食料もゲット。

「魔法で村まで送るよ?」

「助かるけど、始祖さんの魔法に頼りっぱなしもな」

 始祖さんには、イザという時に頼らせてもらいたいので、雑用には使いたくない。

 嘘です。

 まだまだキャンプ気分を満喫したい俺のわがままです。

 旅の途中で家に帰るのは、邪道。

 某劇場アニメで、家から通いでジャングル冒険してたのがあったけど、それは冒険とはいわないと思う。

 冒険ゴッコだ!

 ……

 まあ、子供向けアニメだからそれでいいのかもしれないけど。

 一応だが、帰って子供達の顔をみたいという気持ちもあるにはある。

 また、ウルザを先に村に送るのも手かともありかとも考えた。

 ただ、そうするとウルザが懐いているアンも一緒に帰す事になり、なんだかんだとそのまま全員が帰る流れになりそうだったので頭の中で却下した。

 ウルザがヘタっているなら考えるまでもないのだが、元気に暴れまわっているしな。

 本当に俺のわがまま。

 開放的になっているのかも。

 いや、村での生活で色々と溜まっていたのかな。

 ストレスのない生活をしていたつもりだったけど。


「私が個人的に戻るのは構わないだろう」

「それは構わないが、なにかあったのか?」

「調味料が足りないみたいなんだ」

 始祖さんが、料理の準備をしている鬼人族メイドのアンや、悪魔族のブルガ、スティファノの方をみる。

 頼まれたのだろう。

 俺としても、料理は美味しい方が良い。

 許可した。

 まあ、俺の許可なんて不要なんだが……



 料理は他の者達に任せ、俺は【万能農具】のクワで耕した後、ハンマーで固めてテントを設置する場所を作る。

 場所を作れば、後はハイエルフのリアを中心に、リザードマンのダガ、獣人族のガルフがテントの設置。

 温泉地でも使っていた物なので、取り扱いは慣れたもの。

 すぐに幾つものテントが張られる。

 俺はテントから少し離れた場所にトイレを建設。

 トイレの有無はアウトドアの最大の壁だからな。

 気にするのは俺だけかもしれないが。

 食事をする為のテーブルと椅子を作り、俺は食事が出来るまで燃え跡を耕し続けた。



 ルー、フローラ、ティア、グランマリア、キアービットは、クロ達と交代で周辺の偵察に出ている。

 元々、アンデッドがいたらしいので逃さない為だ。

 この辺りなら魔物や魔獣にすぐに狙われて数日も存在できないとの事だが、用心はしたい。

「アンデッドは発見できなかったわ」

「そうですね」

 アンデッドはいないみたいだけど、見た事がない魔物や魔獣がいるらしい。

「大抵はクロさん達でなんとかなっていますけど」

「もう少し活躍したいです」

「私よりは活躍してるでしょ」

 ルー達は偵察以外に、水を運ぶ仕事も兼ねてもらっている。

 魔法で川から大きな水の球を作り、運んで来る。

 でっかいスライムみたいだ。

 ウルザがそれを見て喜んでいる。

 それはいいが、デカ過ぎじゃないか?

 用意している樽に入りきらない分はどうするんだ?

 ああ、そこらに撒くのね。

 構わないけど。



 ハクレンはウルザの面倒を見ている。

 打ち解け始めてはいるようだが……

「そこに行くと泥が……」

「べー」

 先は長そうだ。



 ラスティは別行動。

 周辺の魔物や魔獣を退治した後、巨人族のダンジョンに向かってもらった。

 マクラと合流する為と、巨人族の者達がアースラットのトンネルに入らないように連絡する為だ。

 始祖さんの転移魔法に頼る案も出たが、アースラットの穴を塞ぐのに魔法を使うので遠慮したのだが……

 調味料を取りに帰るぐらいに余裕があったなら、頼んでもよかったかな。

 ラスティが積極的だったから、それはそれでいいか。

 同行者にザブトンの子供達が数匹。

 ドラゴン姿のラスティの背中から、こちらに向けて足を一本、上げる姿は勇ましかった。

 このドラゴン姿のラスティに、ウルザ大興奮。

 ハクレンが対抗してドラゴン姿になったけど、見向きもされなかった。

 ……

 ハクレンを慰めた。






 食事。

 始祖さんは、村から食料も持ち込んだようだ。

 リンゴやナシ、ミカンなどがテーブルに並ぶ。

 ウルザが喜んでいるからいいけど……

 酒はどうなんだろう。

「しかも、これ。
 ドノバンが隠していたヤツだろ?」

「親蜘蛛……ザブトン君が渡してくれたよ」

 ドノバン、泣いてなきゃいいけど。

 ウルザは駄目だぞ。

 果実ジュースで我慢しなさい。






 さて、一晩経過。

 朝。

 クロ達が交代で見張りをしてくれたので、安眠。

 それなりの獲物が山になっているけど……

 音もなく仕留めたのかな?

 ひょっとして、寝ている俺達に気を使わせてしまったのだろうか。

 甘えてくるクロやユキを撫でると、列が作られ伸びていった。

 寝てるのはわざわざ起きなくても良いんじゃないかな。

 朝食前には解放して欲しい。



 少し遅くなった朝食後、少しまったりした後で始祖さんが活動を開始。

 トンネルを埋める作業をするらしい。

 その前に穴の底にある黒い岩を確認する。

 正直、俺が見てもどうしようもないが、変わった岩との事なので見てみたい。


 黒い岩だった。

 うん、真っ黒。

 加工して食器とかにしちゃ駄目かな?

 岩を調べている始祖さんに言ってみたら笑われた。

「削れるなら構わないよ」

 超硬いらしい。

 なるほど。

 俺は【万能農具】をノミにして構える。

 ん?

 ……?

 ………………?

 これは……ウルザに繋がっていたモヤの糸?

 黒い岩の下から染み出すようにいくつも出ている。

 先は……ないようだが、まるで触手のようだ。

 気持ち悪い。

 俺は【万能農具】をクワにして、糸を断ち切る。

 ブッツンブッツン切れる。

 いいね。

 しかし、切っても切っても黒い岩の下から出てくる。

 大元が岩の下にあるのだろうか?

 ……

「始祖さん、調べ終わった?」

「確認だけだからね」

「何かわかった?」

「何もわからないのがわかった」

「ははは」

「戻る?」

「その前に、この岩って加工しても良いかな?」

「んー、私の持ち物じゃないからね。
 いいんじゃないかな?」

 なるほど。





 大きな黒い岩。

 下から変なモヤの糸が出てくる。

 岩を潰して、下の変なものを耕してしまうのが一番かもしれないけど……

 耕しきれないと困る。

 モヤの糸は気持ち悪いしな。

 だから、俺はこうした。



「おおおっ!」

 半日後、大きく黒い岩は創造神の姿になっていた。

 接地している部分は弄らず土台にし、岩の上部を削って作った。

 黒い色が似合わないかとも思ったが……創造神の姿になった所で黒い色がゆっくりと灰色に変化していった。

 最終的に白になるかもしれない。

 そして、岩の下から出ていたモヤの糸は霧散し、姿を見せない。

 この空間の空気も綺麗になった気がする。

 始祖さんが祈っているからかな?

 そう言えば、トンネルの先にもう一箇所、黒い岩があると言ってた。

 そこからもモヤの糸が出ているかもしれない。

 トンネルを埋める前に、もう一箇所も加工した方がいいかな。

 始祖さんにそう言うと、これを埋めるのですかと泣きそうな顔をされた。

 そんな顔されても、最後は埋めるよ。

 そうしないと面倒な事が起きそうだから。

「やだやだやだ」

 始祖さんの説得に、苦労した。



+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ