挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界のんびり農家 作者:内藤騎之介
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

105/326

新しい住人達 第一グループ



 第一グループ。

 ドライムのツテで集まった移住者達。

 移動方法はドライム、ハクレン、ラスティ達による空中輸送。

 その為に、少し前に用意されたのが巨大な四足テーブル。

 ドラゴンの姿になった時に、そのテーブルを背負う形で移動する事で、輸送量を増やそうと考えられた。

 四つの足があるのは、背負っていたドラゴンが人間の姿になった後でもちゃんと立つようにだ。

 ドライム達がドラゴンの姿になっていなくても荷物の積み降ろしが出来るので、利便性が高くて好評。

 今回はその巨大な四足テーブルの上面にロープを垂らし、移動中に落下し難いように工夫した。

 そんなテーブルを背負った三匹のドラゴンが編隊を組んで村に向かって来る姿はワイバーンを思い出して少し怖かった。



 総勢七十二名。

 全員、ミノタウロスと呼ばれる種族だ。

 俺の知っているミノタウロスは頭が牛の巨人だが、目の前に居るミノタウロスは普通の人間の顔だ。

 ただ、頭に水牛のような大きな二本の角がある。

 そして、俺の知っているミノタウロスは男性のみの種族……というか単一の男なのだが、目の前に居るミノタウロス達には女性もしっかりいた。

 まあ、ここは俺の居た世界とは違う異世界。

 細かい事は気にしない。


 ドライムに運んでくれたお礼を何かと思ったが、その分をミノタウロス達に回してくれと言って辞退した。

 ドライムは村人集めでトラブルを出した事を気にしているのだろうか。

 こちらから頼んだ事だから、気にしなくても良いのに……

 ハクレン、ラスティは遠慮無くお礼を求めて来たしな。

 ともかく運んで貰えて助かった。

 ドライムはこの後、少しの間だけだが運んできたミノタウロスと共にいるらしい。

「流石に、運んで終わりというのは無責任だ。
 連中も不安であろう」



「代表のゴードンだ。
 よろしく頼む」

 挨拶しながら、俺は目の前に居る者達の事を考える。

 ミノタウロス達は男二十八人、女四十四人。

 その内、明らかな子供は男八人、女十五人。

 その他の四十九人はすぐに労働可能だとの事だが……

 労働可能な者達は全員、ガリガリに痩せていた。

 一目でここしばらくロクに食べていない事がわかる。

 子供はそれほどでもないから、食べ物を子供に譲っていたのだろう。

 そんな状態で、とても労働可能には見えない。

「とりあえず、食事でもどうですか?
 今、準備しますから」


 ミノタウロス達には、武闘会をやった場所周辺にまとまって貰った。

 そこで鬼人族メイド達に食事を用意して貰い、配る。

 出来るだけ胃に優しそうな料理をと思うが……種族的にタブーとかあるのだろうか?

 その辺りは鬼人族メイドが問題無くやりますと言ってくれたので任せた。

 後、ルーやティア、フローラに治癒が必要な者がいないか見てもらおう。

 これで大丈夫か?

 いや、世話役が決まっていなかった。

 何かある度に俺の許可や判断を待っていたら、物事の進みが遅くなり過ぎるので用意されたポジション。

 要は村の生活の指導役。

 獣人族の時は鬼人族のラムリアスに頼み、今も頑張って貰っている。

 ミノタウロス達の為の指導役は……誰に任せよう。

 考えてなかった。

「村長。
 俺に彼らの世話役をお命じいただけませんか?」

 リザードマンの一人が希望してきた。

「良いのか?」

「はい。
 彼らではありませんが、ミノタウロスと交流を持った事があります。
 他にミノタウロスの事を知っている者が居ないなら」

 周囲を見ても首を横に振るし、自分から希望するならやる気も十分という事だろう。

「リザードマンのナーフ」

 最初の頃は見分けがつかなかったが、なんだかんだと長い付き合いだ。

 見分けはなんとか出来るようになっている。

 まだ生まれた子供達見分けは難しいけど。

「ミノタウロス達の世話係を任せる」

「ありがとうございます」


 ミノタウロス達はナーフに任せ、俺は家に集められる者を集めて相談する。

「新しい村に、新たな問題だな」

「ですね」

 俺とハイエルフ達は頭を悩ませる。

「すみません。
 私は新しい村に行ってないのでわからないのですが、どういった問題が出たのですか?」

 大樹の村で水車作りに励んでいる山エルフが手を上げて質問し、それにハイエルフの一人が答える。

「新しい村は、百人ほど受け入れられるように作りました」

 うん、最初は五十人だったのを倍にした。

 したのだが……

「それが問題ですか?
 数は足りているように思えますが?」

「普通の人間サイズを基準にしてです」

「あっ」

 盲点だった。

 完全に、その辺りを考えて居なかった。

 これまで村に来た者達で、極端に身体が大きいのは居なかった。

 しかし、村に来たミノタウロス達はガリガリに痩せていても大きかった。

 子供はともかく、成人しているであろう者は全て二メートル超え。

 大きい者なら三メートル近い。


 それと衣服の問題。

 何があったのか全員、着ている物がボロボロの布切れのようだった。

「ザブトンに頼んで、急いで作ってもらおう」

 俺は傍に居たザブトンの子供を見ると、ザブトンの子供は片足を上げて了解を示して、ザブトンの元に向かった。


「一番の問題は、当面の寝床だな」

「ですね。
 雨が降らない事を祈って、しばらくは野宿で凌いでもらいますか?」

「そうお願いしたいが……」

 もうすぐ秋の収穫時期。

 新しい村作りを一時中断しようと考え始めていた所だった。

 ……

 冬の事を考えると食料の確保は必須だ。

 収穫をしないという選択はできない。

 だから収穫優先。

 彼らの家作りが遅れる。

 彼らに収穫や家作りの手伝いをしてもらうとしても、冬を前にしていると考えると怪しい。

「あの。
 家が間に合わないなら、冬の間は北のダンジョンで生活して貰うのはどうですか?
 あそこなら元々、巨人が住んでいますので広さがありますし、スペースも十分あります」

 北のダンジョンに調査に行った者が、そう提案してくれる。

「悪く無いアイディアだが、巨人は受け入れてくれるのか?」

「私が会った感じでは、とても友好的でした。
 大丈夫だと思います。
 ただ、お礼は出さなければなりませんし、冬の間の燃料や食料は持ち込まないといけないかと」

「そうだな。
 出来るだけこちらでなんとかしたいが、最悪の場合には備えたい。
 誰か事前交渉に向かわせよう」

「わかりました。
 候補者を選んでおきます」

「頼んだ。
 それと……」

 食料。

「村のお金で、マイケルさんから食料を買おう。
 あと、道具とかも」

 見た感じ、ミノタウロス達に私財っぽい物はなかった。

 何人かが、ボロい剣や槍を持っていた程度だ。

「武器とかも用意した方が良いかな?」

 俺が疑問を出し、周りの者が意見を出していく。

「しかし、食料も着ている物も持っている物もなし……
 彼らに何があったのでしょう?」

「ナーフがその辺りを聞き込んでくれている。
 もう少ししたらわかるだろう。
 それよりも、当面の食事に関してだが……」

 話し合うべき事は多い。

 そんな中、新たな問題がやってきた。

「村長。
 ビーゼル様が案内する一団が到着するとの事です」

 少し、クラッとした。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ