挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
少女たちの異世界漂流記~美羽の冒険~ 作者:コウタ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

7/7

初めての依頼

 美羽とシルクは、宿の隣に併設されている酒場にやってきていた。アルコールのにおいが立ち込めており、美羽は少し気分が悪くなった。

「おいおい、この程度で体調崩してちゃ、今後持たないぞ。仕方ない。窓際に座るか。」

 シルクに手を引かれ、美羽は窓際の席に座る。シルクも、対面する位置に座る。

「さて、何でも好きなものを注文しろよ。俺はもう決まってるから。」

 そう言って、メニュー表を見せてくる。一見見たことないような文字だが、美羽には、その文字で書かれている撫養が理解できた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 川魚定食 100ルクス
 豚のステーキ 150ルクス
 フレンジカウの厚切り 180ルクス
 コケのから揚げ 120ルクス
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「見事に、肉者ばかりですね。では、豚のステーキでお願いします。」

 美羽が注文を決めると、シルクは店員を呼び注文を伝える。店員は、復唱し、厨房に戻っていく。

 しばらくすると、注文した品が運ばれてきた。どうやら、同じものを注文していたようだ。豚のステーキが二つ運ばれてきた。

「よし、じゃあ食うか。」

 シルクは、豪快に肉にかぶりついている。美羽は、ナイフとフォークを使い丁寧に切り分け口に運ぶ。

「うわ、何これ美味しい。元の世界の豚なんてこれの足元にも及びませんよ。」

 想像以上に美味しかったらしく、夢中で食べていく美羽。そんな彼女をどこかさみしげのある目で、シルクは見つめていた。

 二人は、食事を食べ終わると、再び宿の部屋に戻ってきていた。

「さて、風呂に入って寝るか。風呂はどうする?」

 シルクは、美羽に聞く。しかし美羽は、顔を赤くして、

「いやいや、さすがに今日あったばかりの人と一緒にお風呂なんて無理です絶対。」

 と、すごくテンパっているのだが、

「は?お前は何を言ってるんだ?一人部屋を交代で使おうって言ってるんだ。一人30分もあれば、入浴できるだろう。」

 と、何かすごくまじめな顔で言うシルク。美羽は、自分の思考が飛んでいたことに、さらに顔を赤くし、

「あ、ああ、そういうことですね。わかりました。お言葉に甘えさせてもらいます。」

 そう言って、二人は浴室のある場所へ向かう。途中で、受付により、浴室の一人部屋を1時間借りて、鍵を受け取る。

「じゃあ、先に入るから、ちょっと待ってて。」

 シルクは、鍵を開けるとさっさと中に入っていった。

(ああ、さっきは恥ずかしかったよ。でも、あの人、ほんとにあれだけの理由で、私を助けてくれてるのかな。それにしては、そんなに重大な理由には、やっぱり聞こえないんだよね。)

 美羽は、どうして自分を助けてくれるのか、やはり納得できていなかった。自分の境遇や、持っていたスキルなどが理由と言っていたが、どうしても弱いと感じてしまうのだ。

(でも、考えても仕方ないしね。私は私で、できることをして力になろう)

 と、気合を入れなおす美羽。

 そこに、シルクが湯上りのまま戻ってきた。

「おい、もう上がったから入っていいぞ。これ鍵な。俺は部屋に戻ってるから、鍵は受付に返しておいてくれ。」

 そういうと、美羽を置いて一人部屋に戻っていった。

「あ、待っててくれないんだ。まぁ、おときかれるのも恥ずかしいから助かるけど。」

 そうつぶやき、衣服を脱いで浴室に入る。浴室は石造りだが、どこか温かい気持ちになる作りだった。美羽は、体を洗うと湯船につかる。

「はぁ~生き返る。お風呂ってこんなに気持ちいいものだったんだ。」

 湯船につかりながら、目を閉じる。浮かんでくるのは、元の世界の家族との記憶だった。思春期のせいか、あまり話さなくなった父親。毎日食事を作ってくれた母親。いつも、喧嘩しながらも、仲よく遊んだ妹。それらの記憶が次々と浮かんでいて、気づいたときには、両目から涙を流していた。

「早く元の世界に戻りたいよ。お父さん、お母さん、美夜...」

 美羽は、時間ぎりぎりまで、湯船の中で泣いていた。

 部屋に戻ると、シルクがお茶を飲んでいた。

「お、遅かったな。のぼせなかったか?」

 さりげなく、心配してくれる彼がいてくれて、美羽は本当に良かったと思った。

「いえ、ありがとうございます。あの、シルクさん。今夜は、一緒に寝かせてください。」

「ぶっ!!」

 美羽の突然の発言に、シルクは飲んでいたお茶を吹き出してしまった。

「おい、いきなり何言ってんだ。無理に決まって...」

 途中まで言いかけたシルクだが、美羽の表情を見て言葉が止まる。

「すみません。でも、お願いします。このままでは、不安で、怖くて...」

 彼女は、泣いていたのだ。

「はぁ。仕方ねぇな。ほら、ここに寝ろ。」

 シルクは、自分のベッドの布団を開けてやる。美羽は、ゆっくりだが、安心した表情でそこに寝転がる。

「わがまま言ってすみません。ありがとうございます。」

「気にするな。どうせ、元の世界のことでも思い出したんだろ。あんたくらいの年だ。そうなるのも無理はない。ゆっくりと、自分の中で整理していきな。」

 シルクの優しい言葉に、美羽は涙が尾のまま笑顔を見せ、シルクの胸に顔を埋めた。シルクは、無言で受け入れ、彼女が眠るまでその顔を見守り続けた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「って、いつになったら起きるんだこいつは。」

 次の朝、シルクは呆れた顔をしながら、いまだベッドで寝ている美羽を見下ろしている。

「昨日、あれだけ泣いてたのに、この寝顔。すがすがしすぎて、起こす気にもなれん。」

 結局、美羽が起きたのはそれから30分後のことだった。

 併設されている酒場で朝食をとり、二人はクラン支部に向かう。

「ったく、誰かさんのせいで朝が遅くなっちまった。割のいい依頼はもうないだろうな~。」

 シルクが、ピンポイントで嫌味を言う。それに対して美羽は、肩を小さくし、

「うう、ごめんなさい。あんなにリラックスして眠れたの久しぶりだったから。」

 と一応、言い訳を述べるのだった。

 クラン支部に着くと、二人は依頼の張り出されている掲示板を確認する。

「ん~、やっぱ、いい依頼は根こそぎなくなってるな。となると、こいつの経験的に一番いいのは...」

 シルクは、一人考えながら依頼を見ていく。そして、いちまいの依頼票をはぎ取る。その依頼とは、

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 一角ウサギの角の納品
 依頼者 行商人・ウリアム
 内容
  私は、行商でこの町に来たのだが、ほかの町で一角ウサギの角を欲しがっているものがいて、次にその集落に赴く際に、持ってきてほしいと頼まれている。だが、どこも品切れで手に入らないため、探索者の肩に依頼させていただきたい。
 納品物
  一角ウサギの角 ×30
 報酬
  2000ルクス ランク1ライフポーション ×5

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 となっていた。

「おい、美羽。この依頼を受けてみよう。一角ウサギは、探索者からしたら、駆け出しでも見逃すくらいの弱い魔物だ。だが、お前なら、慣れるのにいいかもしれない。どうだ?」

 シルクは、美羽に問う。しかし、美羽は、

「すみません。私には、そのウサギの知識がないので、どうにも判断できません。なので、シルクさんにお任せします。」

 と、シルクに全部丸投げしたのだ。それにシルクは、

「はははっ、そうだったな。わるかった。なら、お前が一人前になれるよう、俺が育ててやるよ。ほら行くぞ。」

 美羽の腕を引いて、依頼を受けるためにカウンターに向かうのだった。


 

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

少女たちの異世界漂流記~九麗亜の冒険~

 とある名家の生まれの少女、奉服 九麗亜(ほうふく くれあ)は、自分の家が経営していた事業が倒産し、最悪の人生を歩んできたが、その人生にも終止符が打たれる。しか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全11部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/10/12 00:00
異世界らぶらぶハーレム日記

日常に絶望し夢に逃げた男。 幽体離脱(明晰夢)を趣味にしている彼は、いつもの様に夢の世界に行く。 しかし、辿り着いた先は夢ではなく異世界だった。 どんなスキ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全88部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 17:31
職業無職の俺が冒険者を目指してみた。【書籍版:職業無職の俺が冒険者を目指すワケ。】

 目標も持たず、怠惰な毎日を過ごしていた少年『マルス・ルイーナ』は、モンスターに襲われていた『ラーニア』という女性を助ける。  一瞬でモンスターを倒してしまっ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全180部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/10/09 17:41
奴隷キャリアプランナーは成功できる職業

※ 2016/6/10『カドカワBOOKS』にて書籍化。皆様の温かいご支援のおかげです、厚くお礼申し上げます。  キャリア・コンサルタント。それは就職を希望す//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 連載(全117部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/02/23 22:26
魔眼のご主人様。

ある謎の儀式によって日本人『高樹森理』の魂は異世界へと転生させられた。 地獄のような幼少期を乗り越え、出会った師匠との修行と魔眼『七罪眼』の力によって世界最強の//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全274部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 12:28
異世界にて奏でる伝説 ~時を止める者~

無表情すぎて『人形王子』という異名をもつ主人公の早乙女奏。ある日、彼はクラスごと異世界に勇者召喚されてしまう。飛ばされる途中、彼だけは神様のいる空間を経由したの//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全38部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/10/19 17:22
異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~

 ある日突然、美の女神アフロディーテにより異世界《アーテルハイド》に送りこまれた少年・カゼハヤソータ。  その際ソータに与えられた職業は、ぶっちぎりの不人気職業//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全144部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 15:00
ステータスマイスター

 ある日、いつものように通販サイトで買い物をしていた主人公タカシ。  通勤途中や昼休みに読む、最近ハマっているライトノベルを購入する為、商品の検索をしていたら//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全144部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/02/11 18:00
転生したらドラゴンの卵だった~最強以外目指さねぇ~

 目が覚めたとき、そこは見知らぬ森だった。  どうやらここは異形の魔獣が蔓延るファンタジー世界らしく、どころかゲームのように敵や自分の能力値を調べることができる//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全370部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/10/17 12:00
天才気取りは召喚され、殺され、転生する!!

頭の作りは悪くないけど、何処かアホっぽい天才気取り(自覚なし)である月夜蛍(つくよけい)はクラスメイトと一緒に召喚され、皇女様に殺され、魔物に転生しちゃいます。//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全117部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/03/31 19:43
少女たちの異世界漂流記~美湖の冒険~

男性恐怖症を持つ少女、従 美湖。辛い過去と向き合いながら、それでも前を向いてトラウマを克服しようと生きていた。しかし無情にも友人に殺されてしまう。しかし、彼女は//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全102部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/10/19 00:25
最強の弱虫英雄譚 ~僕は振られて死にました~

 ヘタレで弱虫な主人公であるライトは、ある日幼馴染の女の子に告白した。  しかし両想いだと思っていた相手からは拒絶の言葉と一緒に残酷な事実を突きつけられる。それ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全27部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/11/22 17:22
五導の賢者

三年前、勇者召喚において賢者として召喚されたある男。その男は世界初となる多属性魔導師として五つの属性を持つことになった。激化する魔王との戦い、とある貴族の少女と//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全91部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/10/10 19:28
世界中に最強が溢れてるけどチートな俺がぶっちぎりで最強です

「力こそが全て」を信条とする南馬遠夜は、自らの力のなさに嘆いていた。そして力を使い続けた末に死亡した。そんな遠夜の魂は神に拾われ、世界最強チートの条件付きで異世//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全48部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/09/29 00:35
邪神認定されたので、獣人王国の守護神に転職しました

女神ファルティーラは自分を信仰する国家が他国に滅ぼされ、自分も邪神扱いを受けて、世界をさまようことになった。本来なら奇跡を起こして国を守ることもできたのだが、自//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全63部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/11/25 10:07
異世界白刃録 ~転生先で至高の斬撃を目指す~

 体が弱く、思いっきり駆け回ることすら満足にできなかった主人公。  気が付けば、西洋風ファンタジー世界で『ミゼル・アストール』という名の赤ん坊になっていた。 //

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全101部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/10/19 00:01
神達に拾われた男(改訂版)

【2017/9/22 書籍化しました】ホビージャパン様のHJノベルスより発売中です。 日本に生まれた運の悪い男は、39でその一生を終えた。 しかし死後、三柱の//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全131部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/10/10 16:00
異世界転生~チートで異世界を楽しめ~

結城暁は目が覚めたら見知らぬ場所にいた。 「何処だ、ここ?」 「ここは、神界ですよ♪」 これは異世界に転生した主人公が、異世界を楽しむ話。 主人公はチート//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全116部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/10/16 01:14
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全234部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 00:00
5度目の異世界は…

5度目の異世界で主人公が何やかんやする話しです。 見切り発車なので更新は不定期でが、とりあえず完結目指して頑張ります。

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全65部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/12/03 00:09
拒絶の力~虐められ殺された姉さんの復讐は、僕が必ずしてみせるから~

 クラスごと異世界に転移した主人公らの前に女神が現れる。彼らを召喚した女神の頼みはたったひとつ。この世界に君臨する王を倒すこと。力を授かったクラスメイトだが、主//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全46部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/04/26 13:13
その者。のちに・・・

とある出来事によって「山」に引き篭もった平凡な町民のワズ。2年後、彼は人との出会いを求めて山を下りる。だが、彼は自分が引き篭もっていた「山」の事を色々と勘違いし//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全217部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/08/15 09:41
普通のおっさんだけど、神さまからもらった能力で異世界を旅してくる。疲れたら転移魔法で自宅に帰る。

普通のおっさんである近江正樹は、帰宅途中に神の気まぐれで異世界へと送られてしまう。 剣と魔法の異世界をチート能力を使いながら目的もなくぶらつき、眠くなったら魔法//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全132部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/10/08 14:00
人嫌いの転生記

人が信用出来ない少年朝霧 嶺は、学校の屋上から転落して死んでしまう。しかしその後出会った月の女神と精霊神によって、加護と共に異世界に転生する事になった。 人が信//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全54部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/08/31 23:40
俺が育てたモンスターでダンジョンハーレム

 高校生だった主人公、群城 火狩(むしろ ひかり)はなんやかんやあって無様に死んでしまう。そして死後の世界へ旅立つ……はずだったのだが。  そこで待っていたのは//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全37部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/02/14 00:22
異世界転移~俺は人生を異世界、この世界でやり直す~

 ――――と、ところでさ、俺って歳いくつだと思う? 異世界へ飛ばされいきなり魔物と遭遇するも、なんとかそれをしのいだアキヒサ。しかし疲れのあまり気を失ってし//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全137部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/04 16:03
灰被りの勇者と封印されし聖女~疫病神の英雄譚~

疫病神と疎まれてきた少年、服部八雲は、ある日、クラスの全員とともに異世界に召喚されてしまう。その世界はまさに剣と魔法の世界だった。そこでは、魔法こそが身を守る術//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全67部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/01/21 00:03
地龍のダンジョン奮闘記!

 目が覚めると地龍に転生していた主人公。  まあ、成ってしまったものは仕方が無いと地龍生活を謳歌するが、ある時主人公は自分が人間たちにとって極上の素材であること//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全269部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/10/01 19:00
Eternity World Online

 幼馴染から頼まれて始めたVRMMO。VRゲームをするのは初めての主人公だが、ゲームの中で有名になっていく。                     ※テンプレ//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全46部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/11/06 19:34
魔王の娘は世界最強だけどヒキニート! ~廃教会に引きこもってたら女神様として信仰されました~

※GAノベルから書籍化が決まりました! 大魔王の遺伝子を元に作られた、最強の生物兵器アイリス。 人間を抹殺しろという使命を与えられ、人間界に解き放たれた。 //

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全44部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/10/19 12:39
異世界転移で女神様から祝福を! ~いえ、手持ちの異能があるので結構です~

 放課後の学校に残っていた人がまとめて異世界に転移することになった。  呼び出されたのは王宮で、魔王を倒してほしいと言われる。転移の際に1人1つギフトを貰い勇者//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全176部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/10/15 00:00
二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む

魔王を倒し、世界を救えと勇者として召喚され、必死に救った主人公、宇景海人。 彼は魔王を倒し、世界を救ったが、仲間と信じていたモノたちにことごとく裏切られ、剣に貫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全125部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/10/09 15:59
無自覚のチート

斉藤巧は成績優秀で運動もでき、雑学も詳しい高校生。その彼は近所の小学生を居眠り運転をしていたトラックから守るために庇った。 巧は気がつくと自分が昔プレイしていた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全184部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/09/28 01:02
異世界でアイテムコレクター

 ただ、物を集めるのが好きだった俺は72財宝と呼ばれるアイテムを集めさせられるために大魔王の娘ルシルによって召喚された。  そして、説明を聞いている途中で、大魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全730部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/07/22 22:03
ワールドダスト

轢き逃げに合い瀕死の重傷を負った宮坂正治を救ったのは異世界の召喚者リーゼだった。 彼女としても正治の召喚は事故だったそうなのだが、親切にも怪我を治してくれただけ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全57部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/09/02 09:00
聖女の回復魔法がどう見ても俺の劣化版な件について。

 昔、回復魔法を見てすっかり魅了されてしまった俺。しかし教えてもらうには多大な寄付金が必要になる。一般家庭の俺じゃどう背伸びしてもそんな金は出せない。ってことで//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全176部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/09/14 19:00
↑ページトップへ