挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

歴史異聞シリーズ

なぜ、秀忠?

作者:結城藍人
 江戸幕府第二代将軍、徳川秀忠。この名前はおかしい。歴代将軍の中で浮いているのはまだしも、戦国の常識から考えても、非常に奇妙なのである。

 元服の時に、彼の(いみな)が「秀忠」になった事は、別に不思議ではない。「秀」は主君、豊臣()吉から偏諱(へんき)を貰い、「忠」は祖父、松平広()から貰ったものである。父、徳川家康の「康」は既に兄である結城秀康に貰われてしまっている。だから、この時点で彼が「秀忠」となった事は何もおかしくはない。

 問題は、彼が「秀忠」で最後まで通してしまったことである。この時代、諱を変えることはよくある。現に、彼の父、徳川家康にしてから、元服時は「元信」だったものを、すぐに「元康」に変えて、最終的に「家康」に落ち着いている。

 そう、「家康」は「元康」だった、というのは少しでも戦国史を知っているなら常識だろう。なぜ改名したかも。

 この「元」は、旧主、今川義()から貰った偏諱なのである。そして、その義元が桶狭間の戦いで織田信長に討たれた後、今川家から独立するに際して、貰った偏諱を捨てたのだ。

 他の例を挙げよう。(すえ)晴賢(はるかた)というと謀反人として知られている。主君、大内義隆を討ったからである。だが、その時、彼は「陶晴賢」ではなかった。「陶隆房(たかふさ)」だったのである。主君義()から「隆」の偏諱を貰っていたのだ。その主君を討ち、改めて主君の姉の子である大友()英を主として迎え、その偏諱を貰って「晴賢」と改名したのである。

 もう一例挙げよう。肥前佐賀藩の祖、鍋島直茂は、元は「信生(のぶなり)」という諱だった。彼についていえば、「信安」→「信真」→「信昌」→「信生」と改名しているが、ここまでは一貫して主君、龍造寺隆()から貰った偏諱「信」をつけている。しかし、旧主家である竜造寺家を乗っ取って鍋島家とする覚悟を決めたであろう時期に、その偏諱を捨てているのだ。

 そう、偏諱を貰った主君を直接討った陶晴賢はさすがに戦国史でも例外中の例外にせよ、旧主家を見限った場合は、旧主から貰った偏諱は捨てるのが常識なのである。

 ここまで書けば、いかに彼が「秀忠」である事がおかしいか、はっきりするであろう。なぜ、旧主家、豊臣家を父と共に滅ぼした彼が、死ぬまで秀吉から貰った偏諱を守り続けて「秀忠」だったのか?

 例えば「家忠」への改名は、松平家忠という伏見城で討死した家臣がいるから無いにせよ、「義忠」や「頼忠」への改名は考えられるだろう。後に御三家当主となった彼の弟たち「義直」「頼宣」「頼房」の「義」や「頼」という源氏の通字が、源氏長者となった家康の好み(頼朝好き)から与えられたというのは容易に推測できる。義直と頼宣も頻繁に改名しているが、義と頼の字は変わっていない。

 豊臣家を滅ぼすことに人生最後の執念を燃やし、秀吉の「豊国大明神」号の廃止を奏請した家康が、その「秀」の字をどう思っているかなど、想像するのも容易(たやす)いだろう。

 にもかかわらず、父親に従順な事が取り柄と一般には思われている彼が、最後まで「秀忠」だった。

 これは、どういう事なのだろうか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 源氏長者、徳川家康は満足していた。己の最後の宿願が果たされたからである。豊臣家の滅亡。これで、徳川家の天下を揺るがすものは、この国にひとつとして無くなった。もはや心配は何も無い。いつお迎えが来ても安心して死ねるというものだ。

 大坂攻めを終え、戻ってきた駿府の城。その大天守から見渡す城下には、かつて己が今川家の人質として辛酸を嘗めた頃の面影はない。この城も、城下も、己の隠居所として好みのままに作り変えたものだ。

 出生の地である岡崎よりも、むしろ幼少期を過ごした駿府にこそ、彼の原風景はある。その地を、思いのままにできる。いや、この日の本の国すべてが、今や彼の思いのままである。

 なるほど、(みかど)はいる。彼とても従一位の位階は今も持ち、先には右大臣の官も頂いていた臣下であった。だが、今は源氏の長者のみ。帝から認められる立場ではあるが、律令の官でも、令外の官たる征夷大将軍でもない。ただ、象徴的に武家の棟梁であるという立場にあるのみである。朝廷の体制に縛られる身ではないのだ。

 朝廷が豊臣家に好意的であることは分かっていた。だからこそ、あえて右大臣を辞し、太政大臣や准三后の内示も断ったのだ。

 これから、禁中並公家諸法度を飲ませねばならない。帝といえど、(のり)には従う。そういう世を作るのだ、と彼は決意している。

 だが、彼自身も恣意で帝を圧迫しようとは思ってはいない。かつての同盟者にして事実上の主君、織田信長の道は取らない。なればこその法度である。これが通ったなら、今度こそ太政大臣を受け、臣下に戻ろう。

 人臣最高位。あの秀吉とようやく同格に並べるのだ。そう思うと、彼の頬は緩む。彼が膝を屈さざるを得なかった相手、太閤、豊臣秀吉。

 人間的には、決して好かぬ相手ではなかった。むしろ、金ヶ崎の尻払(しっぱら)いで共に戦ったときから、その戦振りと胆力には敬意と好意を持っていたといってよい。

 だが、彼、家康自身もまた、天下を狙う者であった。信長の横死後に先手を取られ、結局は従わざるを得なかったという事には、忸怩たる思いがある。

 好敵手なればこそ、負けた事に受け入れ難い思いがあるのだ。

 だからこそ、豊臣家は滅ぼした。残すことも不可能ではなかった。秀吉が織田家にしたように、少禄で飼い殺しにする方法もあった。

 だが、微禄から成り上がり、一度たりとも主家たる織田宗家、すなわち信長、信忠、三法師秀信には弓を引いたことがない秀吉とは、立場が違う。秀吉の場合、下克上とは言っても穏便な乗っ取りであり、無理に潰す必要はない。古の唐国(からのくに)、宋の太祖、趙匡胤(ちょうきょういん)が旧主家たる後周皇室を貴族として保護したような寛容が許される。

 それに対して、家康は一度秀吉に負けているのだ。長久手で一矢報いたとはいっても、小牧の役そのものは彼の負けである。その時勝っていたなら、徳川の天下は十年は早く実現していただろう。

 そこから挽回して天下を取ったとはいえ、豊臣家が残っている限り、旧主家という事は変わらない。それは、家康が一度は負けたという証に他ならない。

 だからこそ、あえて天下を取った後に、さらに十余年の隠忍自重を重ね、万全の上にも万全を期して、ついに豊臣家を滅ぼしたのだ。

 今、彼、徳川家康の権力は絶頂にある。この国で、彼の思いのままにならぬ事など何も無い……たったひとつを除いて。

 純白に染め上げられた世界に残った一点の染み。

 帝すら法で縛り得る彼の権力に逆らう者がいる。それが彼を困惑させている。何しろ、その男こそ、今まで天下で最も彼に従順だと思われていた男だからだ。そして、彼自身が、その男の従順さを一度たりとも疑ったことはなかった。

 その男とは、征夷大将軍、徳川秀忠。彼自身の三男にして後継者である。

 これが、既に亡い長男の信康、次男の秀康なら分かる。彼らによく似た利かん気な六男の忠輝も、父に逆らう事はあり得るだろう。

 だが、秀忠にそれは無い。そう思っていた。そういう従順な息子だからこそ、戦下手であっても、あえて後継者に選んだのである。

 そして、その目論見は外れていなかった。今まで、一度たりとも彼の命に逆らったことはない。いや、今でも、たったひとつのことを除いて、逆らってはいないのである。

 だからこそ、その真意を問いたかった。あえて、人払いをして、この大天守最上階に二人だけになったのも、腹蔵なくその本音を聞きたかったからである。

「何故だ?」

 一言問う。意味は分かるはずだ。彼と秀忠の間には、他に何ひとつとして問題はない。

「意味がありませぬゆえ」

 平静な答え。この男は常に平静である。戦場(いくさば)であっても平静だという。それでいて、戦は下手である。

 いや、戦には猛る戦意、気合いというものも必要なのだ。この男が戦下手なのは、平静さのみあって、猛る気合いが無いからだろう。ある意味、関ヶ原で戦った敵の首魁、石田治部少輔三成と通じるものがある。あの男も冷静さのみを持ち合わせ、猛ることなどない男だった。

 そういう平静さに少し苛立ちを覚えながら、家康は反駁する。

「意味がないことはあるまい。太閤の跡は残さぬ、という事をはっきりと示せよう」

「さような事、既に事実で示し申したではございませぬか。既に豊家は跡形もなく、近々豊国廟も(こぼ)たれましょう。大御所様の勝ちにございまする。それを示す必要があった事は、(それがし)にも分かっておりまする」

 この男は、今のように他に誰もいない場であっても、決して彼の事を「父上」など親しげには呼ばぬ。「大御所様」と尊崇する。一晩の無聊を慰めさせようと送った腰元さえも、「大御所様からの上使」として扱い、指一本触れずに送り返したような男だ。

 それは逆に言うと親しみがない、という事も意味している。常に平静さを失わず、本音も見せぬ。

 その平静さは、他の兄弟のように暴走はせぬだろうという安心感にもなり、己への絶対の忠誠と従順の証とも思ってきた。だが、今、その平静さをもって逆らわれると、逆に小面憎く思えてくる。

 家康は、常にない激した口調で、改めて問うた。

「だからこそ、何故だ!? ここには他に誰もおらぬ。正直に申せ。なぜ、秀忠という名にこだわるのだ?」

 激した口調で責められようとも、秀忠は顔色ひとつ変えなかった。ただ、常の平静さを保ったまま、ゆっくりと答えた。

「尊敬する、太閤殿下より賜りました偏諱ゆえ」

「なに!?」

 何を言ったのだ、此奴は? 信じがたい思いで問い返した家康に、秀忠は重ねて答えた。

「某は太閤殿下を尊敬しておりますゆえ」

「何故だ!?」

 先にも増して激した口調で問うた家康に、秀忠は変わらぬ様子で答える。

「大御所様にお勝ち申した方ゆえ」

 思わず絶句した家康に、秀忠は言葉を接ぐ。

「大御所様もおん自ら、武田信玄公を尊敬されておいでではございませぬか」

「む……」

 家康が、秀吉よりも前に戦で負けたことがあるのは、甲斐の雄、武田大膳大夫晴信、入道号信玄である。三方ヶ原では完膚なきまでに負けた。

 その信玄も後継者には恵まれず、その子勝頼は信長と家康に滅ぼされた。だが、武田の滅亡後にその遺臣を抱えた家康は、軍法を武田にならって変えた。自らに勝った武田信玄を師表としたのである。

「大御所様にとっては、太閤殿下は小身からの成り上がり者かもしれませぬが、某にとっては物心ついた頃から天下の雄にございます」

 天正七年に生まれた秀忠にとって、小牧の役は五歳の頃の出来事である。秀吉が信長の家臣だった時代には、まだ物心はついておらず、父に勝って天下を取った姿しか知らないのである。

「天下人として、何をなすべきか、何をなしてはならないのか。それは、大御所様も信長公と太閤殿下を見て学ばれた事でございましょう」

「否定はできぬな」

 苦々しい口調ながらも、認めざるを得ない家康。

「某も、太閤殿下と()()殿()()からは、大いに学ぶ所がございました」

 関白、豊臣秀次。太閤秀吉の後継者とされながら、不行跡を理由に切腹を命ぜられ、妻子まで皆殺しとされた秀吉の甥。本当に天下を譲られたと()()した男。

「なるほど、な」

 この男の従順さの根底はそれか。腑に落ちた様子の家康を見て、秀忠は次の矢を放った。

「なればこそ、一度竹千代を継嗣にすると決めたからには、国松を立てる事はございませぬ。いかに国松が利発であろうと、お江が騒ごうと、将軍家を継ぐ者は竹千代にございます。もし国松に僭上の沙汰があれば、厳しく罰しましょう」

「む……」

 豊臣家滅亡の原因のひとつは、秀吉が一度は後継者に立てた秀次を強引に廃した事である。その轍を践むことはできない。その事を、自らの子の事として言う秀忠。愛しているのは、利発な国松の方であり、それは妻のお江も変わらない。だが、兄の竹千代の方を継嗣と決めたからには、情愛でそれを覆す事はしないと言っているのだ。

 竹千代を継嗣にする事は、家康が指示したことである。自分はそれを従順に守る、と秀忠は言っている。

 なればこそ、家康もまた、己の継嗣である秀忠を廃する事はできないのだ。

「そなたが、これほど頑固だとは思いもせなんだわ」

 そう言って苦笑する家康。諦めたのだ。鬱陶しく、忌々しい事ではあるが、この男は「秀」の字を墓に入るまでは持ち続ける積もりらしい。だが、それがこの従順な息子の唯一の我が儘なら、聞いてやろうではないか。

 何より、此奴は思っていたより余程(したた)かだ。戦は下手だが、これから先は戦など起きまい。政治(まつりごと)なら、この平静さと強かさで上手く乗り切るだろう。

()()の子でございますから」

 そう言って、初めて頬を崩す秀忠。なるほど、頑固という事なら家康も誰にも負けまい。

「言いおるわ」

 軽く目を見張った家康は、そのまま呵々大笑した。ここで、あえて親子という決め手を打って駄目を押した秀忠の評価を、さらに上げたのである。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 大天守最上階につながる階段を降りながら、秀忠は軽くため息をついた。彼とても、内心は外見ほど平静ではなかったのである。

 上手くいった。最悪、偏諱は捨てざるを得ないかと思っていたが、何とか守り通せた。

 何しろ、あの父親は他人の心を見通すことが上手い。幼少時から人質として過ごしてきたせいか、他人の思惑に敏感である。その父親から己の本心を守り抜けたというのは、誰にも言えないが、己には誇れる事だろう。

 秀忠が、太閤秀吉に抱く感情は、ただの尊敬に止まらないのだから。

『そなたが長丸か? なかなか良い男ぶりじゃのう』

 太閤殿下に初めて会った時の事を思い出すと、秀忠の頬は緩む。他人に、あれほど温かく迎えられた事は、それまでの生涯で一度も無かった。いや、実の父、家康にすら無かった。

 天下を取って後に生まれた子に対しては、それまでとは別人のように甘くなった家康ではあるが、若い頃に生まれた子に対しては親しみを見せる事はなかった。

 だが、秀吉は違った。最重要の家臣の嫡子とはいえ人質である事に変わりはない。にも関わらず、まるで実の子に対するかのように親しく、優しくもてなしてくれた事は、秀忠にとって大きな衝撃であった。

 だが、それを更に上回る衝撃を、彼と今の正妻、お江との婚約の時に味わう事になる。人払いをして二人だけになった時、秀吉が言ったのだ。

『不満かの? お江は確かにそなたより6つも年上。しかも出戻り、こぶ付きじゃ。じゃが、こぶがあるのは石女(うまずめ)でない証。良い子をたくさん産んでくれるであろう』

『太閤殿下の思し召しに、不満などあるはずもございませぬ』

 否定する秀忠に、ニヤリと笑いながら秀吉は問うた。

『なぜ、そなたにお江を(めあわ)せるか、分かるか?』

『某に、お(ひろい)様の義叔父(おじ)としての働きを期待されての事かと思いますが』

 秀吉の子で、後に秀頼となるお拾は、お江の姉である淀の方の子である。お江と婚姻する事により、彼は秀頼の義理の叔父となるのだ。

『表向きは、な』

『は?』

 秀吉の言葉の意味が分からず、思わず問い返す秀忠。

『本当の理由はな、そなたが、いずれ天下人になるからよ』

『はあ!?』

 驚愕する秀忠を見て、楽しそうに笑う秀吉。

『不思議ではあるまい。そなたは大納言殿の嫡子じゃ。大納言殿の後を継いで天下人になるであろう』

 そこで、一気に顔を引き締め、これ以上ないくらいに真剣な顔で秀忠を見据える秀吉。当時、権大納言であった家康の事も、決して呼び捨てにはせず、必ず官職で呼ぶのは、それだけ家康の事を重視していた証であろう。

(わし)が死んだら、大納言殿が天下を取る。それを分からぬ儂と思うか?』

 答えられない秀忠の様子を見て、もう一度表情を和らげて言葉を接ぐ秀吉。

『儂はな、天下を取って二つ大きな過ちをした。ひとつは、大納言殿に大封を与えてしまった事じゃ。関八州ごとき、(から)を取れば小さいものと思っておったのじゃがな」

 そこで一度ため息をつき、言葉を続ける。

『もうひとつは、唐入りを始めてしまった事じゃ。手強いと気付いた時は後の祭り。もはや引けん所まで来てしまった。儂が死ぬまで、この戦、やめられまいよ』

 何も答えられない秀忠を見やりながら、さらに言葉を続ける秀吉。

『唐入りをしていなければ、大納言殿の力を強引に削ぐ事もできた。あるいは、もう一度、今度こそどちらかが(たお)れるまで雌雄を決してもよかったのかもしれん』

 そこでくわっと目を見開き、秀忠を見据えて言葉を続ける。

『じゃがな、天下人として、()つ国との戦中に、国内(くにうち)でも戦はできぬよ。儂には天下人として、帝から民草にいたるまで、この国のすべての者に責任がある』

 そこで、疲れたように笑って、口調を変える。

『じゃからな、儂は家を残すことを諦めたのよ。儂が死んだら天下は大納言殿に取られよう。さすれば、豊臣家の存続を許す大納言殿ではあるまい』

 それには、秀忠も頷かざるを得ない。父、家康は甘くない。あの石橋を叩いて渡る性格からすると、逆転の可能性のある芽は必ず摘むであろう。

『鶴松が生きておれば、儂も家の存続に執念を燃やしたかもしれん。じゃが、鶴松は死んだ。もう、我が家にこだわる必要も無い』

 その言葉に、秀忠は疑問を覚え、思わず問い返した。

『ですが、お拾い様がおられるではございませんか?』

 それに、じろりと見返して、鼻で笑う秀吉。

『フン、いくら年老いたとはいえ、この秀吉、十月十日を数え損なうほど耄碌(もうろく)はしておらんぞ』

 その返答に驚愕する秀忠。その言葉が意味することはひとつしかない。

『なのに、なぜにお拾い様を……』

『それはな、儂の、最後の我が儘じゃよ』

『我が儘?』

『そうじゃ。我が子がおらぬとなれば、かつての憧れの君の孫を天下人にしてやりたかったのよ……形だけでも、な』

『お市の方……』

『そうよ。天下まで取ったこの秀吉が夢見て、唯一手に入れ損ねた(ひと)よ』

 呆然とする秀忠に、秀吉は渋く笑いかける。

『我が(たね)でなかろうと、茶々の子でお市様の孫には変わりあるまい。そのために、罪も無い甥を殺し、その妻子まで殺し尽くした。儂も罪深い男よ。じゃが、天下の権の争いとは、左様なものじゃ。秀次の器量では百万石の太守程度なら勤まるが、大納言殿を抑え切るのは無理じゃ。お拾いに継がせる前に天下を乗っ取られてしまうわ』

『だから……』

『儂が死んでしばらくは、大納言殿もお拾いを天下様として仰ぐだろうよ。儂が三法師君を仰いだようにな。じゃがな、天下を取ったら、お拾いをそのままでは置くまい。そこで、そなたに果たして欲しい事がある』

 そこで、ジロリと秀忠を見据える秀吉。その視線に慄然としながらも、何とか言葉を絞り出す秀忠。

『某に、お拾い様をお救いせよと……』

 ところが、秀吉の次の言葉を聞いて愕然とする。

『逆じゃ。そなたが率先して、我が豊臣の家を、お拾いを滅ぼせ!』

 予想外の言葉に呆然とする秀忠を見据えて、更に言葉を続ける秀吉。

『そうして大納言殿に忠と孝を尽くすことで、後継者としての地位を盤石にせよ。さすれば、そなたが天下人じゃ』

 言葉もない秀忠に、ニヤリと笑いかける秀吉。

『のう、儂は言ったな。お市様の孫を天下人にしたかった、と。それは、別に茶々の子、お拾いでなくとも構わんのじゃ』

『あっ!』

 全てを理解した秀忠に、今度は満足げに微笑みかけ、親しげに肩を叩き、悪戯っぽく(ささや)く秀吉。

『じゃから、そなたは絶対に天下人になり、それをお江との間の子に継がせよ。これは、儂からの密命じゃ。決して、大納言殿には気取られるなよ』

 そして、再び真面目な顔になって秀忠に言う。

『儂は、しばらくそなたを見ておった。そなたは、秀次のような粗忽者とは違う。己の器量を知っておる。儂は、そこを買った』

 そして、秀忠の目を見つめて、言葉を重ねる。

『儂を真似るな。大納言殿も真似るな。そなたらしく、天下人になればよいのじゃ。己を信じよ。そなたなら、唐国相手に勝てぬ戦を始めてしまった儂などよりも、遙かにまともに天下を導くことが出来るはずじゃ』

 その言葉に秀忠は震えた。まだ若輩の身を、そこまで買ってくれているのか、と。そして、秀忠は心の底から秀吉への忠誠を誓った。

『その密命、必ず果たしてご覧に入れましょう。殿下に頂きました、この秀忠の名にかけて!』

 その感動と誓いは今も忘れてはいない。

 最後の切所を乗り切った今、我が子、竹千代が次期将軍となる事は確定した。家康の孫にして、お市の方の孫。その子が天下人になる。密命は果たされたのだ。

 だが、彼はそれに満足せずに、更に次なる手を考える。秀吉の後を継ぎ、この天下を導くために。そして、秀吉が果たせなかった夢を、更に一歩進めるために。

 父、家康が考えた武家諸法度と禁中並公家諸法度も、実際の成文化と公布、施行の監督は彼が行わなければならない。実務は老中や奉行の仕事にせよ、采配を振るうのは彼なのだ。法による秩序を打ち立てねばならぬ時期なのだ。

 謀反の芽は摘む。弟だろうが甥だろうが容赦はしない。豊臣家に親近感を抱く大名も潰す。それが、偉大なる太閤、彼の心の主君である秀吉の縁戚である福島、加藤の両家であろうとも。すべては、天下を安定させるため。

 そして、彼とお江の娘、和子の入内。お市の方の孫を国母にするのだ。秀吉にさえ出来なかった事をなし、公武の関係を緊密にすることで、幕府の支配を更に揺らぎのないものとする。

 これらはすべて、彼自身が行わなくてはならない事なのだ。何しろ、父、家康は最後の宿願を果たして満足し、もはや死を待つのみ。

 これから、この国を導くのは天下人である彼、秀忠なのだから。
この物語はフィクションであり、実在の台徳院、東照大権現、豊国大明神とは関係ありません(笑)。
さすがに、こんな話が実際にあったとは思わないです。全部作者の妄想です。与太話として楽しんでいただければ幸いです。

ですが、秀忠の諱の謎については、気付いた時からかなり真剣に疑問に思っています。何より、この謎について、今まで同時代人から後世の史家、歴史作家に至るまで誰も気付いておらず、この事についての記述を見たことも無いというのも不思議に思っています。もし、どなたか先にこの疑問についての記述を見たことがあるという方は、ぜひ教えてください。

他に主君と敵対したのに偏諱を捨てていない例というと、尊治帝(諡号後醍醐)と足利尊氏というのがあるのですが、これは何しろ天皇が武家に恩賞として偏諱を与えたという空前絶後の例で、例外中の例外です。これについては、作家の井沢元彦氏が幕末の佐賀藩士を主人公にして歴史推理小説にしていたと思うのですが、調べてもタイトルを思い出せません。

毛利秀元や秀就、伊達秀宗のように「秀」を捨ててない例もありますが、秀元と秀就は大坂の陣の際にこっそり大坂方へ家臣を派遣する豊家シンパだし、秀宗も秀吉の猶子上がりで、時代の流れに逆らえず豊家を見捨てたにせよ心情的には豊家シンパだったんじゃないかと思えます。これらの例は秀忠には当てはまるはずもないですし。

武田家臣団にも、信虎の追放に賛同したのに偏諱を捨ててない人たちがいますが、これもお家騒動という特殊例で、主家には忠を尽くしてますから。

武田家というと穴山信君と小山田信茂という例もありますが、穴山信君の方はそもそも「自分こそ武田家当主にふさわしい」と思ってたでしょうから、武田家の通字である「信」を捨てるはずもなく、小山田信茂はすぐに殺されて改名の暇もなかった上、この「信」は偏諱じゃなくて小山田家の通字の可能性もあります。これらも例外でしょう。

鳥居元忠みたいに孫貰いしている場合も捨ててない例は多くありますが、まさか秀忠の秀が秀康からの孫貰いであるはずもないので、これも当てはまりません。

本当に、どうして秀忠が秀を捨ててないのか、見当もつかないんですよ。

なお、家忠というのは、家光の諱候補にもあったらしいという記述をWikiで見かけましたが、それが初見だったので本作では使いませんでした。
cont_access.php?citi_cont_id=953035913&s

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ