挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。

ローファンタジーカテゴリに物申す!!

作者:読み専(じゃない)

タイトルを見て読むことを選んだ読者の皆様。
ありがとうございます。

この小説(?)は、私が『小説家になろう』を利用していて感じた不満をぶつける場でございます。
興味ない方が大半でしょうが、どうぞちょっとした暇潰しに、ご利用ください。

では参りましょう。



私が小説家になろうで不満に思っていること。
それは――――


ローファンタジーカテゴリにローファンタジー以外が多すぎる。


という事です。

いきなり何を言ってるんだとお思いになるでしょう。
なので順を追って説明しましょう。

皆様。小説家になろうにおけるローファンタジーとはどのような定義か知っていますか?
読み専の方では知らない方も多いでしょう。

実は小説を投稿するにあたって、カテゴリ決めのステップがあり、そこで簡単なカテゴリの定義説明がなされているんです。
興味のある方は一度小説を投稿してみると良いでしょう。

さて、このカテゴリ説明において、ローファンタジーとはどのように説明されているのか。
誤解を生まないように原文ママで書きだしましょう。
ローファンタジーとは、以下のように説明されています。

「現実世界に近しい世界にファンタジー要素を取り入れた小説。」

はい。原文ママです。
ふんふんそーなのかー。で?それが何?と思われた方。
私が注目してほしいのはここ。

「現実世界に近しい世界」

この一文です。
現実世界に近しい世界なのです。あくまで。
それっぽい作品(メジャーなの)を上げるとすれば、奈須きのこさんの『Fateシリーズ』や『空の境界』等の世界観。ヒラコー先生の『HELLSING』等の世界観でしょうか。(小説ではありませんが…)
あくまで地球世界。現実と似通った部分が大半の世界に、魔術や魔法と言ったファンタジー要素を取り入れた作品。と言う事だと思います。

そう。あくまで現実世界に近しい世界なのです。

ではここで、実際に小説家になろうでローファンタジーカテゴリで総合評価順に検索してみましょう。すると面白い事が起こります。

上から順に―――

『~異世界に転移してた』
『~異世界生活日記』
『~異世界貿易紀行』
『~異世界に移住する』

などなど。
~部分は省略部分です。




うん。
皆様お思いでしょう。









現実世界に近しくねーじゃねーか!!!!!!!









揃いも揃って異世界異世界異世界。やかましぃわ!
ローファンタジーは現実世界に近しい世界だっつってんだろ!!!


と、声を荒げてしまいましたが。
これで私がどんな不満を持っているのか大体わかったでしょう。

そう。ローファンタジーカテゴリにローファンタジーが無いんです。

おかげで『空の境界』のような現実に近い世界観の中で魔術とかがある作品を読みたいなーって思っても異世界しか出てこない!
なんなのだこれは!どうすればいいのだ!

いや異世界モノが嫌いなわけじゃないんです。
異世界モノも面白いのいっぱいあると思います。
私のブクマにも異世界モノは結構あります。

でも異世界じゃなくて現実っぽい世界観の作品読みたいなーって時にも異世界異世界言って来るもんだからほんともう嫌になっちゃって。

なんででしょうね?

とりあえず嘆くだけじゃ仕方ないので、理由を考えてみました。


「何故異世界モノをローファンタジーカテゴリに投稿するのか?」


投稿するときに説明読まないんですかね?

私が考えた主な原因として、投稿者の皆さん。以下のように考えてたりしてませんか?


よし!小説を投稿するか!
カテゴリは、っと。一応ファンタジーだよな。
ハイファンタジーとローファンタジー?2つあるのか。
ハイファンタジーだと、なんか本格的なファンタジーって感じするなぁ。
俺の小説はほのぼの系だし、ハイってよりはローって感じかな。
よし。ローファンタジーって事で!


みたいな。

だってそんな感じの作品が多すぎるんですもん!
ほのぼの系だったり日常系だったり!
バトルとか緊迫感が無かったらローファンタジーだと思ってんじゃねーぞ!!コラ!
そういう感じのhigh/lowじゃねーから!
説明文読めや!


ふう。失礼、取り乱しました。






そんな感じで私の不満は(ローファンタジーに関しては)終わりです。

如何でしたか?
そこのあなた。異世界モノをローファンタジーカテゴリに投稿しようとしてませんか?

これを見た方が、カテゴリ分けを間違えないようになってくれたら幸いです。

最後に。

私は異世界モノも好きです。
でも、きちんとしたカテゴリ分けをしないと悲しむ人がいるという事を。
投稿する際には留意してくださいね。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ