挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

The Efes of the Idea

作者:志室幸太郎
 昔々、この世界が生まれるよりも昔。
 そこには何もありませんでした。
 人や物はおろか、空間すら存在していませんでした。
 しかしある時、“存在したいという心”が生まれました。
 エーフェスという名のその心は、自らの居場所として、まずイデアという心の世界を創りました。
 イデアはどこまでも続く白い世界でした。
 エーフェスはイデアを漂いながら、永遠のように長い時間を過ごしていました。
 その長い時間の中で、エーフェスの中にもう一つの心が生まれました。
 エーフェスがその心を自分の心から取り出すと、それは点になりました。
 しばらくすると、エーフェスの中にまた心が生まれました。
 それを取り出すと、今度は線になりました。
 さらにしばらくすると、またまたエーフェスの中に心が生まれました。
 それを取り出すと、今度は円になりました。
 エーフェスは、自分の中に生まれてくる心を次々に取り出していきます。
 こうしてイデアには、様々な形の心が満ちていきました。
 しかしエーフェスは思いました。
「ここには沢山の心があるけれど、それ以外何もない」
 そこでエーフェスは、その心たちを実在させたいと思い始めました。
 しかし、そこには何もありませんでした。
 エーフェスは困ってしまいました。
 それからまた永遠のように長い時間が流れ、ふとエーフェスは思いつきました。
「騙してやろう」
 エーフェスはイデアを正と負に揺らしました。
 すると、何かが実在しました。
 しかしそれはすぐに消えてしまいます。
 エーフェスは強く揺らしました。
 一瞬大きな何かが実在しましたが、その実在が持つ正と負が打ち消しあってやはり消えてしまいます。
 エーフェスは精一杯の力で、強く強く揺らし続けました。
 そしてある時、その実在は消えませんでした。
 揺らぎは一瞬にして大きくなり、とても強い実在が生まれました。
 エーフェスは驚きましたが、その実在が止めどなく大きくなっていくのを見て、とても喜びました。
 揺らぎが徐々に落ち着いてくると、エーフェスはイデアの心たちの器を創り始めました。
 点や線、円や色が実在するようになりましたが、それはイデアにあるものと比べると少し不格好でした。
 エーフェスは四苦八苦しながら様々な心の器を創りましたが、どうにも上手くいきません。
 そこで、エーフェスはまた思いつきました。
「自分の器を創って、細かく手を加えられるようにしよう」
 こうして、エーフェスは自らの器を創り始めました。
 しかし、エーフェスの心はとても複雑で大きかったので、これもなかなか上手くいきません。
 実在するということがいかに難しいかを思い知って、エーフェスは創ることを止めてしまいました。
 そして時は流れ、エーフェスが何もしなくなってからしばらく経ったある時のことです。
 エーフェスは実在の世界の中で、新しい心を見つけました。
 それはとても小さな心でしたが、しっかりと実在する器を持っていました。
 エーフェスはそれを“生き物”と呼ぶことにしました。
 生き物の器が壊れると、エーフェスはその心をイデアへと連れて帰りました。
 生き物の心をよく観察すると、点や線、円などの心が混ざった、螺旋の心を持っていました。
 どうやらその生き物は、周りの環境によって無理やりその形に変えられてしまったようでした。
 それを見てエーフェスは気がつきました。
「器を創るんじゃなくて、器が生まれる場所を創ればいいんだ」
 エーフェスはそう考えると、様々な実在をぶつけ合って大きな球を創りました。
 エーフェスはそれを星と呼ぶことにしました。
 実在の世界に様々な星が生まれ、星には様々な生き物が生まれました。
 エーフェスは星や生き物の心を観察して、どんどん複雑な心の器を創っていきます。
 そしてエーフェスは、ついに自らの心の器となり得るものを創りだしました。
 その器を“人間”と呼ぶことにしました。
 人間にはしっかりと、エーフェスと同じくらい大きな心が宿りました。
 それは、エーフェスにとって初めての他人でした。
 しかし、その器はとても脆く、あっという間に壊れてしまいます。
 何度創り直しても、やはりすぐに壊れてしまいました。
 そこでエーフェスはこう考えます。
「人間をもっと頑丈にしよう」
 エーフェスは頑丈な人間を創りました。
 しかし、頑丈な人間は身動きが取れませんでした。
「人間に身を守る力を与えよう」
 エーフェスは人間に力を与えました。
 しかし、力を持った人間は人間同士で壊し合ってしまいました。
「人間に身を守る知識を与えよう」
 エーフェスは人間に知識を与えました。
 しかし、人間はエーフェスも思いつかないようなものを沢山創りだして、創りだしたものに壊されてしまいました。
 エーフェスは困り果てた上、次第に人間が怖くなってきてしまいました。
 人間がすでに、エーフェスの理解を超えたものになりつつあったからです。
 そこでエーフェスは、人間を管理する心を創りました。
 エーフェスはそれを“神”と呼ぶことにしました。
 神を人間に伝えるため、エーフェスはついに、人間として生活することを決めます。
 これまでの経験をすべて詰め込んで、エーフェスはとても美しい青い星を創りました。
 それからエーフェスは、人間として生きる練習をするため、イデアの中にエデンという場所を創ります。
 エデンは青い星に似せて創られていて、その中に創った箱庭で、エーフェスは生き物の心を育てたり、植物の心を育てたりすることを学びました。
 そしてしばらくエデンでの生活を送ったあと、エーフェスは青い星に生まれました。
 エーフェスは実在することの喜びと苦しみを味わいながら、青い星で生きていきました。
 エーフェスは青い星で暮らしていくうちに思いました。
「この世界はまだ本当の意味では実在していない。ゼロから生まれたまやかしの世界に過ぎない。真の実在を創らなければいけない」
 エーフェスは真の実在を求め、これからも生きていくのでした。
この作品はシェアード・ワールド小説企画“コロンシリーズ”の一つです。

http://colonseries.jp/

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ