挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
超能力を使える女の子が俺を落とそうと必死に動いているけど、一人と付き合った時点で俺の人生が終了な件について。加えて世間は物騒です…… 作者:くろい

四章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

94/110

神田京香と海田加奈4

 海田加奈の腕にあったあざを忘れられない京香は以前は加奈側からメールが来ることが多かったのだが自分の方からメールをすることが多くなった。
 強引ながらも構ってくれる大事な友達。
 そう思っているからだ。

「ねえ、加奈ちゃん。今日は大丈夫だった?」
 メールではなく電話を掛けて加奈の様子を伺う。昨日、携帯を新しくしたとのメールが届いた。その中に電話番号が書かれていたからせっかくなので電話で様子を伺ったわけだ。
 声音を聞いて彼女のあざの正体を探る。仕事を首になった父親の酒癖の悪さによってつけられたものだと本人は言っていたが、どうもきな臭いのだ。

「う、うん。大丈夫だったよ。それよりも、私の新しい携帯電話の声の感じは大丈夫? ほら、メールで新しい携帯の電話番号とアドレスを送ったじゃん」

「音は前より綺麗になったかも。メールアドレスと電話番号が変わったのはキャリアを乗り換えたから?」

「そうだよ。前のところは酷かったからね……。でみ、安心して今のプランだと長電話しても無料なプランだから。これから、メールじゃなくて電話もし放題だよ!」

「へー、そうなんだ。じゃあ、そう言えば、加奈ちゃんは最近、おにいに近づいてるの?」
 京香は一通り加奈の身の安全を一応確認すると、別の話題を切り出す。

「うん、見かけたら話しかける程度には。でも、この前少ししつこくしすぎて学校に連絡されちゃってさ、色々と大変だったよ。もうね、本当に凄くてさ……」
 加奈は学校に通報されたというのに楽しそうに話す。
 なぜ、そんなにも楽しそうに話しているのが不思議で仕方がなかったが、京香はそのことを楽しく耳を傾ける。
 兄の見せたことのない顔を知れると言うのは意外にも好奇心をそそられるのだから。
 それから、加奈と京香は珍しく長電話をした。





 それから数日が立った。毎日のように電話している加奈の携帯に電話を掛けるのだが……

「あれ?」
 何度電話を掛けても加奈の番号に繋がらない。
 毎日のように話していたというのに急につながらなくなった電話。

 そして、そんな日が続いた後、祖母である神田菊代が京香の部屋にやって来てあることを話し始めた。

「京香。これから、大事な話をします。取り乱さずに聞いてください」
 祖母の口から話された事。

 それは海田加奈の事だ。

 加奈が実は悪い組織に利用されて、有用な超能力者の情報を集めまわらされていたことを告げられた。
 最近、京香が加奈という新しいお友達とよくメールをしているのを知った神田菊代は何度か京香に加奈とはどういった友達なのかを聞いて子供の交友関係を知ろうとした。
 中々に教えてくれず、普段友達とのやり取りが少ない京香が頻繁にメールするような相手。
 そんな人物がどのような人か知りたくなった神田菊代は携帯を見た。

 結果、メールに添付されていた一枚のスクリーンショット画像から加奈が只物ではないことを知ったのだ。
 そう、加奈が使っていた地図アプリは少し特別であり、明らかに真っ当な会社が提供しているものではなかった。
 神田菊代はすぐさまに自分の孫娘を守るべく動き始め、加奈の背後にある裏の組織を潰しに掛かる。 
 何せ、神田菊代は超能力者を支援する団体を創設する人の人物。超能力者を守るという意味合いでも全力で加奈が関わっている組織を潰した。

「海田加奈さんの姿はすでにありませんでした……」
 そして、加奈や他にも利用されている子たちが集められている組織がある場所に向かった。神田菊代によって探られ始めたのを察知したのか組織の場所は移転されていてもぬけの殻。

 移転される前の場所に残されていたのは……


 死体の山であった。


 利用された子たちが余計なことをしゃべらない様にするために始末されたという事だ。
 死体は損傷が激しく誰が誰だか分からない状態だったらしい。
 結果として京香が加奈から貰った地図のスクリーンショットによって多くの人が死んだ。
 そして、その中に……。

「嘘でしょ……」
 京香は信じられなかった。
 祖母が話していることは絵空事でまるで漫画や小説のようですべてが嘘だとひたすらに思い込んだ。

「いえ、真実です。そして、これを……」
 神田菊代は組織が急いで姿を眩ました結果、処分しきれなかった利用されていた子供たちの遺品の中から、海田加奈が書いたらしき日記を渡してきた。

 そして、その日記が今神田好木が読んでいるもの。
 その日記を渡された京香は加奈の思いを噛締めながらページをめくっていく。

 日記は日付こそ書かれているが、今までとは違くてまるで手紙の用に書かれていた文が突き刺さる。

『京香ちゃんへ。従兄のお兄さんと恋人になれると私は信じてるよ。だから、他の女の人に負けちゃだめだからね。私は多分ここで終わりだけれど。幸せになって欲しいな。私の代わりに幸せに。安心して、京香ちゃんの事も従兄のお兄さんのことも組織には報告してないから。だから、二人で幸せに……。こんな私を構ってくれたり、心配してくれてありがとう。最後の最後に自分がしてきたことが酷いことにまた気が付けた。じゃあ、短いしこの日記が京香に渡る可能性もほとんどないだろうけど。これが私の最後の言葉、それじゃあまたね!』

「加奈ちゃん……」
 大雨のような大きな涙。
 友達としては短い期間。それでも、京香にとっては大事な友達だった。
 それなのに最後まで神田好木が実の兄であることを言えなかったし、まさか加奈がそんな危ない組織に利用されていたことにさえ気が付けなかった。
 悔しくてたまらない京香は涙をぬぐいあることを決意する。

 加奈が残した京香への最後の日記、それが……















 実の兄である神田好木への恋の始まりだ。









+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ