挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
超能力を使える女の子が俺を落とそうと必死に動いているけど、一人と付き合った時点で俺の人生が終了な件について。加えて世間は物騒です…… 作者:くろい

5章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

110/110

エピローグ?

 普通であることを辞たのあの日。
 その決断はほとんど意味は無かった。
 なぜなら世界はすでにおかしな方向に傾いていて、超能力者が利用される世界に傾いてしまっていたのを目のあたりにして即座に行動に移さざる負えなかったのだから。
 だが結果として、何とか超能力者が利用され物にならない世界を作り上げていくことは思いのほかうまく行きつつある。
 あ、もちろん若田部さんの経営する旅館は無事だ。

「……本当にどうすれば良いんだろうな?」

「ええ、もうどうすれば良いのかしらね」

「だからと言って、今行われている超能力者のための政策を打ち切られたら俺たちは惨めな家畜になるに決まってる。やり過ぎてる気もするが、この位に激しくしなければきっと超能力者は物どころか家畜に成り下がる」
 とはいっても、うまく行きつつあると言うのは超能力者にとって都合の良い世界という事に限られ、逆に超能力者でない者が酷い目に遇いつつあるのだ。

「そうね。家畜にならないためにはこの選択しかなかったもの。だって、この選択肢を選ぶ前は本当に酷かったものね。一年で10000人以上の死者。障害を持ったものは400000人。本当に酷かったわ。って、あなたが考えた数字は色々と酷すぎるわ。もう少し、現実味を持たせたらどうかしら?」

「ああ、本当に最悪だったな……」
 そう、俺、いや俺達が手段を選ばなくなった理由は簡単。
 超能力者に対して投薬実験による超能力の引き上げ。超能力者を部品とした機械の作成。超能力者を兵器化。超能力者のクローンの作成。
 そう言った数多な非人道的行為が横行しすぎたからだ。

「ええ、現実味は無い話だけどもね。だからと言ってああするしか無かったじゃないの? とでも言っておくわ」

「ああ、必要だ。でも、俺達はせいぜい種を撒くことしかできなかったのが悪い」
 種を撒くことしか超能力者を救う事が出来なかったのだ。
 立ち上がった俺達はどうしようもなく子供で力も地位も何もかもが無かった。
 だから、俺達は不安定な洗脳やら、超能力者を道具としか思っていない人を消すことくらいしか出来なかったのだ。
 ゆえに根本的な所は結局他人任せになっている……そのせいで……世界は……。

「でも、私たちが色々としなければ世界は酷いことになっていたわよ? いい加減に飽きて来たのだけど?」

「分かってる。だけど、このままだと今度は……」
 他人任せにした結果。
 政治思想の偏った者、超能力者至上主義を考えて非超能力者を人と思わない者。
 そう言った、明らかに異常者とも呼べる人たちが世界を牛耳ってしまった。

「だからと言って、私たちが他に出来たことは? さて、いい加減にしないと私も怒るわよ?」

「……」

「ええ、そうね。そうよ。と言うか、茶番に付き合ってあげたけど現実逃避がいささか死傷者数がSFチックじゃないかしら?」







 まあ、あれだぶっちゃけ今考えていた暗い世界は実は訪れていないし、色々と順風満帆だ。
 今までの頭の中で考えていたことはすべて嘘なのだ。それに考えが読める調先輩が付き合ってくれていただけだ。
 本当は普通に超能力者と非超能力者が手と手を取り合う事を目的とした政権が色々と上手く機能し始めて世界は普通に平和。確かに多少は超能力者に対しての人体実験は行われたりはしたけど、俺の頭で適当に打ち出した数字とは似つかない程かけ離れている。
 さて、どうして現実逃避をしていたのかは簡単な事で……重婚がOKになった。
 なんと言うか、超能力者は今後も増加傾向を通り越して、後4世代もしないうちに80%の人が超能力者になるのが研究としてわかったのだ。
 超能力者の子供は超能力者となる可能性が非常に高いという研究結果も出された結果。
 今現在、超能力者は人口の約1%弱。その1%弱に重婚を認めさせ、たくさんのこどもを生ませ80%弱になるまで4世代掛かるところを3世代に短縮しようという計画が立案された結果。
 ほとんどの国で超能力者の重婚が認められてしまったのだ。
 とはいっても、色々と面倒くさい条件やら、それは倫理観に抵触するのでは? とか日々様々な議論がされている。

「さすがに俺も答えを出さないわけには行きません」

「あら、素直じゃない。今日はどうかしちゃったのかしら?」

「……まあ、流石に俺も腹を括らないといけないとダメなんで。というわけで、ごめんなさい。先輩達と結婚するのは無理です」
 現実逃避していたのは調先輩に迫られていたからだ。
 いや、心から結婚が無理とかそういうわけじゃない。
 皆と一緒に大団円を迎えると言うのは、むしろありがたい話なんだが……。

「大丈夫よ。好木。別にね。私達は誰が第一婦人だろうが平気よ?」 
 にっこりとした笑み。
 その裏には私以外を第一婦人にしたらどうなるか分かってる? という怨念がこもっているのは言うまでもない。
 皆は別に一緒になるのを拒否しているわけではない。
 だけど書類の関係で結婚した場合。一番初めとか二番目、三番目とか婚姻相手に順番が付く。
 勿論、優先順位を現したものでは無く、書類上の一人目、二人目、三人目と言った感じなのだが……。
 それでも、一番でありたいという気持ちが強いらしく、今現在苛烈な第一婦人争いが勃発しているのだ。

「と言うか、そろそろ解放してください」
 さて、何を隠そう。
 実は椅子に縛られているのだ。
 そりゃ、寝て次に起きたら椅子に縛り付けられていたとか、現実逃避したくなるだろ?

「あなたが悪いのよ? 第一婦人を決めないのが」

「と言うかそもそも俺達。まだ結婚できないですよ。しかも、男子18歳と女子16歳じゃ責任能力が低いという事から引き上げられて男女ともに22歳にならないと結婚できなくなりましたし」

「それでも、約束くらいは出来るわ。さてと、好木。あなたが悪いのよ。私を一番に選ばないから悪いの。そう、私は悪くないわ」
 縛れた俺に迫りくる調先輩。
 最近は自重してくれていたんだが……あれだ。
 俺がそれに甘えて本当に素っ気なくしてたら、凄く悪化した。
 調先輩は最近、匂いを嗅ぐどころかなんか俺をかじってくるし、若田部さんはご飯に色々と盛ってくるのを通りこし、そのままで俺に食べるように強要。京香は……能力で恐怖を与えることは封印しているも、元々の力は相手の恐怖を知る力。恐怖に精通した京香は能力を使わずとも色々と恐怖を与えて俺を脅してくる。
 そして、波豆さんは……

「波豆さん。助けてくれ」

「うん、良いよ」
 能力の応用である人に気づかれいない力を生かして、いつも俺の後ろに居る。
 本当に怖い……。いや、別に何もされてないけどな。
 ただし、何もされないと言うのは少し語弊があり、

「じゃあ、今日も何か貰っていくよ」
 といった感じに助けを求めた際に俺の見えないところで何かを奪われる。
 歯ブラシだったり、下着だったり、靴紐であったりと、物じゃなかったりと色々とだ。

「ああ、分かった」
 返答を返すと同時に手足に巻き付いているロープをほどいてくれた。
 苛烈な第一婦人争いをしているという事もあり、最近は皆の仲が悪い。
 ロープをほどいたことに対してお怒りの調先輩と波豆さんは互いに睨みあっている。
 その隙に俺はこそりと逃げ出すとするか……。

「ふう……」
 椅子に縛り付けられていた場所を抜け出した俺。
 どうやら、縛り付けられていた場所は調先輩の部屋であった様だ。

「さてと、さっさと自分の部屋に戻ろう」
 鍵が3個【定期的に変えている】のついた自分の部屋逃げ込もうとすると、

「あ、神田君。おはようございます」

「お、おはよう」
 笑顔が素敵な若田部さんと出くわす。
 その笑顔の裏に隠されたものは言わずもがな、色々と怖い何かだ。
 さらに付け加えると、その後ろにはじっとりとした目で睨んでくる京香が居る。

「神田君。そろそろ決めてくれないんです?」

「何をだ?」

「第一婦人をです。流石にそろそろ決めて貰わないと我慢できません」
 我慢も何もまだ結婚できる年齢ですらないんだが?
 好意を抱いてる皆が相当先になると言うのに第一婦人争いをしている。
 それなのに色々と強引に迫られることが増えて来て命の危機を感じた俺は……。

「そのことに対して色々と話がある。リビングに集合してくれ」
 リビングに皆を集めて俺はあることを宣言した。

「まあ、百歩譲って皆と重婚するのは良い。だけど、あまりにもギスギスしている。よって、俺はあることを決めました」

「好木。もちろん、私よね?」

「ヨシ君?」

「神田君。分かってますよね?」

「おにい……」
 って、おい。京香。お前は無理だからな? いや、重婚は認められたけど近親婚は普通にアウトだからな? 選ばれる前提な顔を浮かべるなよ。

「あれだ。よくよく、思えば俺達ってまだ付き合ってすらないのに。いきなり、第一婦人がどうとか決めるのはおかしい。というわけで……俺と最初に恋人同士になった人を一番目にする」
 自分でもとんでもないことを言っている気がするが、皆も色々と成長? している。
 こうして俺が真面目に言えば3日くらいは言ったことに従ってくれたりする。

「確かにそうね。結婚ばかりに目が行っていたけれども、そもそも付き合ってすらいなかったわ」

「よくよく思えばまだ結婚できる年齢じゃないです」

「だね。よく思えば何を焦ってたんだろ? 結婚できる年齢までにヨシ君を手に入れれば良いのに」

「おにい。私頑張る」
 だから、京香。
 お前は論外だからな?
 とか思っていた時だ。リビングにあるテレビが速報に切り替わった。

『番組の途中ですが、緊急でお知らせします。警察の取り調べに超能力者が協力する制度の施行が来年度から行われることが正式に決まりました。詳細はこれから公表されるとのことです』
 なんか、近親婚もありになりそうなくらいぶっ飛んだ制度が出来たな……。
 と言うか、割と俺が現実逃避していたことが現実味があるんじゃ……。

「本当に混沌になって来たな」

「あら、あなたが言うの? 好木が若いうちに超能力者に対して様々な考えを持つ人たちと接触して仲良くなろうとしたからこんな感じになりつつあるんじゃないの」
 そう、世界の劇的な変化はある意味、俺のせいで起きた。
 将来、超能力者がどうなるか不安で超能力者についての専門家達や政治家のお偉いさんたちに『超能力者の未来を変えるために頑張りたいんです』とばあちゃんのコネが効くうちに顔を一度でも合わせて置きたくて結構な人数に挨拶回りをした。
 それが『子供に任せるのは恥だ』と言った感じで超能力者の専門家や政治家のお偉いさん達がやる気を出させたのだ。
 だからこそ、重婚を認めたり、今の報道みたいに『警察が超能力者の取り調べに協力する』と言った制度が出来つつある。

「まあ、俺もまさかこうなるとは思ってませんでしたよ」

「そうね。私達が思っている以上に大人は大人だったっていう事ね。というか、あなたの現実逃避していたあれが現実味を帯びて来そうで怖いわね」

「さてと、話を戻すか……というわけで、この先も長いんでとりあえず現状維持。それじゃ、ダメですか?」
 結局のところ、まだ若い俺は問題を先延ばしにすることを選んだというわけだ。
 どのみち選ばなくてはいけない選択肢を迫られるのはあるだろうけど、重婚が認められてるしそう悪くない未来が訪れるはずだ……たぶん。



 ここまでは俺の青春が始まるまでの物語。


 これから先は俺の青春物語だ。
 だって、ほら。
 こんなにも色々とあったのに学校での出来事は記憶にほとんど無いだろ?



最近は更新ペースの維持が出来ていないのに連載中で放置するのはダメだと思ってちょうど良い終わり時かなと思ったので完結させました。
詳しくは活動報告にでも書いておきます。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全124部分)
  • 685 user
  • 最終掲載日:2017/11/06 22:53
失格紋の最強賢者 ~世界最強の賢者が更に強くなるために転生しました~

とある世界に魔法戦闘を極め、『賢者』とまで呼ばれた者がいた。 彼は最強の戦術を求め、世界に存在するあらゆる魔法、戦術を研究し尽くした。  そうして導き出された//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全167部分)
  • 754 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 20:38
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 710 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
異世界迷宮で奴隷ハーレムを

ゲームだと思っていたら異世界に飛び込んでしまった男の物語。迷宮のあるゲーム的な世界でチートな設定を使ってがんばります。そこは、身分差があり、奴隷もいる社会。とな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全220部分)
  • 653 user
  • 最終掲載日:2017/08/30 20:00
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 726 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えればた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全288部分)
  • 977 user
  • 最終掲載日:2017/11/18 18:00
魔王討伐したあと、目立ちたくないのでギルドマスターになった

【富士見ファンタジア文庫から書籍版の刊行が決定しました!】 アルベイン王国に突如として現れた、千年に一度の才能を持つ『奇跡の子供たち』。彼らは十歳前後にして、並//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全114部分)
  • 752 user
  • 最終掲載日:2017/10/19 21:26
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全390部分)
  • 781 user
  • 最終掲載日:2017/11/14 21:56
異世界転移で女神様から祝福を! ~いえ、手持ちの異能があるので結構です~

 放課後の学校に残っていた人がまとめて異世界に転移することになった。  呼び出されたのは王宮で、魔王を倒してほしいと言われる。転移の際に1人1つギフトを貰い勇者//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全182部分)
  • 752 user
  • 最終掲載日:2017/11/20 00:00
クラスが異世界召喚されたなか俺だけ残ったんですが

【2017/9/30 モンスター文庫様より書籍化しました。また、デンシバーズ様にてコミカライズ連載が決定しました!】 突然異世界の神からの半ば強制的な依頼で俺//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全155部分)
  • 858 user
  • 最終掲載日:2017/11/15 23:07
再召喚された勇者は一般人として生きていく?

異世界へと召喚され世界を平和に導いた勇者「ソータ=コノエ」当時中学三年生。 だが魔王を討伐した瞬間彼は送還魔法をかけられ、何もわからず地球へと戻されてしまった//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全395部分)
  • 665 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 11:00
即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。

※書籍化しています。既刊3巻まで。4巻も発売予定です! 成長チート? 無限の魔力? 全属性使用可能? そんなもの即死能力で一撃ですが? 本当に最強なら、戦いに//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全101部分)
  • 732 user
  • 最終掲載日:2017/10/16 00:06
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 727 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
魔王様、リトライ!

 2017/10/30 二巻が発売されました!  コミカライズも公開中。  どこにでもいる社会人、大野晶は自身が運営するゲーム内の「魔王」と呼ばれるキャラにロ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全179部分)
  • 643 user
  • 最終掲載日:2017/11/05 15:00
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

◆カドカワBOOKSより、書籍版11巻、コミカライズ版5巻発売中! アニメ放送は2018年1月予定です。 ※書籍版とWEB版は順番や内容が異なる箇所があります。//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全554部分)
  • 811 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 18:00
灰色の勇者は人外道を歩み続ける

灰色の勇者として異世界に勇者召喚された日本人、灰羽秋。 だが彼は召喚された12人の勇者たちのなかで唯一1人だけ、スキルの選択に時間をかけすぎてしまい別の大陸へ誤//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全67部分)
  • 639 user
  • 最終掲載日:2017/04/23 00:47
100%振られる前提で学園一の美少女≪氷帝≫に告白してみたら、何故かOKしてくれたんだが……。

 曰く、頭が弱いと『身の程』という言葉の意味も分かりませんか?  曰く、鏡で自分の顔を見た事ありますか?  曰く、生理的に無理です。  アイドルでさえ霞む程の//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全8部分)
  • 645 user
  • 最終掲載日:2017/07/19 00:34
冒険者になりたいと都に出て行った娘がSランクになってた

 駆け出し冒険者の頃に片足を失い、故郷のド田舎に引っ込んで、薬草を集めたり魔獣や野獣を退治したり、畑仕事を手伝ったり、冒険者だか便利屋だか分からないような生活を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全40部分)
  • 668 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 18:29
二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む

魔王を倒し、世界を救えと勇者として召喚され、必死に救った主人公、宇景海人。 彼は魔王を倒し、世界を救ったが、仲間と信じていたモノたちにことごとく裏切られ、剣に貫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全128部分)
  • 769 user
  • 最終掲載日:2017/11/20 09:02
進化の実~知らないうちに勝ち組人生~

柊誠一は、不細工・気持ち悪い・汚い・臭い・デブといった、罵倒する言葉が次々と浮かんでくるほどの容姿の持ち主だった。そんな誠一が何時も通りに学校で虐められ、何とか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全114部分)
  • 758 user
  • 最終掲載日:2017/11/11 15:19
回復術士のやり直し~即死魔法とスキルコピーの超越ヒール~

――世界そのものを回復《ヒール》してやり直す。 回復術士は一人では戦えない。そんな常識にしばられ他人に利用され続けたケアル。 彼はある日、回復《ヒール》の先にあ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全108部分)
  • 681 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 18:28
最強魔法師の隠遁計画

 100年前、突如として魔物が現れ人間を襲いだした。当時、通常兵器では魔物の硬質な身体に傷を付けることすらできず、人類はその数をあっという間に減少させ身を守るか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全369部分)
  • 643 user
  • 最終掲載日:2017/11/18 09:04
魔王様の街づくり!~最強のダンジョンは近代都市~

 書籍化決定しました。GAノベル様から三巻まで発売中!  魔王は自らが生み出した迷宮に人を誘い込みその絶望を食らい糧とする  だが、創造の魔王プロケルは絶望では//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全204部分)
  • 673 user
  • 最終掲載日:2017/11/17 20:06
Eクラス冒険者は果てなき騎士の夢を見る 「先生、ステータス画面が読めないんだけど」

ステータス。それは神様から与えられた才能が一目で分かる魔法の画面。 そんなステータス画面が重要視される世界で、主人公のライのステータスだけは、本人はおろか誰に//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全111部分)
  • 670 user
  • 最終掲載日:2017/11/17 00:12
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部分)
  • 780 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
外れスキル【地図化】を手にした俺は、最強パーティーと共にダンジョンに挑む

 【地図化(マッピング)】——。    15歳になったノートが贈与の儀で与えられたのは【世界地図(ワールドマップ)】や【地図(エリアマップ)】の下位互換とされて//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全47部分)
  • 760 user
  • 最終掲載日:2017/11/18 15:18
ワールド・ティーチャー -異世界式教育エージェント-

世界最強のエージェントと呼ばれた男は、引退を機に後進を育てる教育者となった。 弟子を育て、六十を過ぎた頃、上の陰謀により受けた作戦によって命を落とすが、記憶を持//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全176部分)
  • 692 user
  • 最終掲載日:2017/11/01 01:14
LV999の村人

 この世界には、レベルという概念が存在する。  モンスター討伐を生業としている者達以外、そのほとんどがLV1から5の間程度でしかない。  また、誰もがモンス//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全341部分)
  • 710 user
  • 最終掲載日:2017/11/18 23:48
村人ですが何か?

飯島竜人は異世界に転生し、リュート=マクレーンとなった。 転生先の肉体の最適職業は村人で、家も普通の農家で普通に貧乏だった。 ゴブリンやらドラゴンやらが闊歩する//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全93部分)
  • 694 user
  • 最終掲載日:2017/09/05 23:03
聖女の回復魔法がどう見ても俺の劣化版な件について。

 昔、回復魔法を見てすっかり魅了されてしまった俺。しかし教えてもらうには多大な寄付金が必要になる。一般家庭の俺じゃどう背伸びしてもそんな金は出せない。ってことで//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全177部分)
  • 709 user
  • 最終掲載日:2017/11/01 19:00
容姿端麗、文武両道な生徒会長は俺のストーカーではない(願望)

過去の告白を忘れるため私立白蘭学園に入学した守谷廉は順調に高校ライフを満喫していた……はずだった。 「廉くん、ハァハァ」 電信柱から覗く美少女。所謂ストーカーに//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全44部分)
  • 789 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 14:57
↑ページトップへ