挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
くじ引き特賞:無双ハーレム権 作者:三木なずな

カランバ王国編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

63/288

62.結城のドレイ揃え

 昼下がりの屋敷の中。

 若返りモードのオルティアと、精力を吸い尽くされて賢者モードでミウをモフモフしてるおれ。

「サリラの攻略戦は大変だった。おれの力を知らない連中が兵だったから、おれはともかく、兵の動きが常にワンテンポ遅れた。ワープとかしたときが一番戸惑われたな」

「親しいものならいざ知らず、一般兵なら仕方ないわね」

「どうにかならない?」

 オルティアに聞く。賢者の知識がほしい。

「助言を求めてるの?」

「ああ」

「親衛隊を持つとよろしい」

 ほとんど即答したオルティアは先生口調になった。

 おれに何かを教える、アドバイスするときの口調だ。

 ミウをもふもふしながら、耳を傾ける。

「何かある度にいちいち割り当てられる兵ではなく、あなたが普段から知ってる、普段からあなたを知ってる部隊を組めばよろしい」

 オルティアはそう言い、立ち上がって、窓の外を見た。

「あの辺は全部あなたの土地よね」

「ああ、何となく買っといた」

 くじ引き券ゲットのために、金を使うために最近は屋敷まわりの土地を買いあさってる。

 かったはいいけど正直使ってない土地、そのうち畑でも耕そうとか思ってた土地だ。

「あそこに兵舎を建てて、そこに住まわせればよろしい。いざという時にワープで連れ出せばいいのだわ」

 オルティアのアドバイスを考える。

 おれの部隊、普段から飼い慣らすおれの部隊。

 なんか、結構いいかもしれない。

     ☆

 デルフィナの商会にワープしてきた。

 目の前に現われたおれをデルフィナはちらっとみて、手元の書類に何かを書くのを続けた。

 商売優先、仕事優先な傾向のある彼女。

 迎えに来るときは結構こういうことがあって、無視されるのは今に始まった事じゃない。

 おれは壁際に背をもたせかけて、デルフィナの手が空くのを待った。

「誰か」

「お呼びでしょうか」

「これらを手配。揃ったらそのままカランバの王城に運ぶように。至急」

「わかりました」

 呼ばれた男がデルフィナから書類をもらって、さっさと退出した。

 おれの事をまるで見えてなかったかのように。

「いらっしゃい。まだ迎えの時間にははやいわよ」

 仕事が一段落したのか、デルフィナが話しかけてきた。

「話があってな。それよりカランバの名前が聞こえたけど?」

「ええ、カランバとコモトリア。終戦間際だから、最後にもう一儲けをね。こういうのは終わり際が一番美味しいから」

「ちゃっかりしてんな」

 さすが女の手一つで世界有数の豪商に乗り上がっただけの事はある。

「だけどほどほどにな」

 やり過ぎるとカランバが、リカが困るかもしれない。

「必要なものを相応の値段で揃えてるだけだわ」

「ならいいけど」

「それで、何か用かしら」

「ああ、実はな――」

 デルフィナに、オルティアから言われた事を話した。

「でしたら、以前お貸ししたあの部隊、あれをそのまま買い上げます?」

「いや、一から育てたい」

 そうした方が、兵の忠誠度が高いとオルティアは言った。

「新たに募ると言うことですわね」

「そうだ。で、お前に奴隷を集めてほしい。200から300人分」

「部隊を全部奴隷で揃えるのですか」

 デルフィナがちょっと驚く。

「そうだ」

「わかりました。夜にリストをお持ちします」

「夜? はやいな」

「速さが商売の基本ですので」

 デルフィナはにこりと笑った。

 正直ちょっと怖いタイプの笑顔、だけど頼もしかった。

「で、その部隊を住まわせる建物も建てたい。屋敷のまわりに土地を持ってるから、その辺に」

「手配いたしますわ」

「あと装備も。戦場で目立つように派手なものにしたい。統一した、派手なのに」

「わかりました」

 大体こんな所かな。

「それでいくらくらいかかる」

「正直奴隷次第ですわ。訓練された後の戦闘奴隷がよろしいのでしょうか」

「いや、おれになれさせるために、こっちで調教したい。とりあえず健康なら問題ない」

「でしたら安くつきます。銀貨15000もあればおつりが来るでしょう」

 デルフィナが即答した。頭の中で、一瞬で計算したんだろう。

「じゃあ頼む」

「わかりました」

 これでデルフィナへの用事が終わった。

「あっ」

 おれは大事な事を思い出して、ワープの直前、デルフィナにいった。

「奴隷は全部女でな」

「……わかりました」

 デルフィナは一瞬目を見開いたが、すぐに落ち着きを取り戻して、言った。

 こうして、おれは自分直属の部隊を育てる事になった。
■ドラマCD試聴サンプル公開
活動報告、もしくはyoutubeに「くじ引き特賞」で検索してみてください。

【タイトル】くじ引き特賞:温泉ハーレム権
【キャスト】
カケル :石川界人さん
ひかり :山下七海さん
ヘレネー:佳村はるかさん
ナナ  :諏訪彩花さん
イオ  :三森すずこさん
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ