挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
くじ引き特賞:無双ハーレム権 作者:三木なずな

メリッサ編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

275/288

274.女王の企み

 夜の寝室。うす絹一枚だけ羽織ったリカはベッドから天井を見あげていた。
 暗闇の中でも、その瞳は透き通っていて、輝いて見える。
 その瞳がほんのちょっと気になった。

「どうした、何か考え事か?」
「昔の事を思い出してたの」
「昔?」
「カケルと出会う前の事」

 ふっと微笑むリカ。
 俺は別の瞳を思い出した。

 初めて会ったときのリカ、宦官どもの操り人形になって、死んだ魚のようなあの瞳を。

「なんで急にそんな事を?」
「思い出せないの」
「うん?」
「今ね、毎日考える事がいっぱいあるの。ありすぎるくらい。でもふっと思った、あの頃の自分は何を考えてたのかって」
「ふむ」
「そしたら何も覚えてないの。あの頃の出来事は思い出せるけど、自分が何を考えていたのが全然思い出せない」
「思い出したいか?」

 仰向けになってるリカの上に覆い被さり、組み敷く姿勢になって目をのぞき込む。
 もしも、リカが思い出したいっていうのなら……。

「……ふふ」

 リカは俺の目をまっすぐ見つめかえして、穏やかに微笑んだ。

「何が可笑しい」
「カケルっていつもそう。もしも私がここでうんって答えたらそうしてくれたでしょうね。例えそれがどんなに難しく、どんな困難が待ち構えている事でも」
「当然だ」

 リカはいい女で、俺の女だ。
 そんなリカが望むことならなんだって叶えてやる。

「ふふ」
「さっきからなんだそれは」
「だからこそこう(、、)なってるんでしょうね」
「うん?」
「カケルは自分のしたいようにしてるだけ。いい女を見つけたら抱く、いい女になりそうだったらそうして抱く、いい女を抱き続けるために抱く」
「まあな」
「そんなカケルを、周りは勝手に虜になる。カケルがかっこいいからでも、何かをしてくれたからでもない。その生き様に虜になってしまうの」
「そんな大それたもんか?」
「虜になって、幸せになる」
「ふむ」
「その協力もしたくなる」
「爵位の事……いやメリッサの事か」

 リカは更に微笑んだ。
 賢い彼女の事だ、俺がキャロラインに手を貸してるのがそもそもメリッサの為だって気づいてるんだろう。

 ソロン教の現教皇の余命が残りわずかで、次の教皇を立てるための動きがあることなんて女王であるリカの耳に入ってるに決まってる。
 そしてメリッサがそれを拒んでるのもなんだかんだで察してるだろう。

 俺がメリッサの為に動くことはリカなら簡単に想像がつく、そのためにフォローをしてくれたんだろうな。

「カケルに一ついいことを教えてあげる」
「なんだ」
「カランバにシビル・カラスという人がいる。私財をなげうって、あっちこっちの小さな村に私塾を開いて、自分もそれを回って授業をしているらしいの」
「へえ」
「でもその人がピンチに陥ってる。私財をなげうった結果自分が栄養失調に陥るほどの貧乏な生活をしてて、その上教育は貴族のものだ、と一部の人間から嫌がらせを受けているの。ここまでいえばもう分かるわよね」

 にこり、とリカは微笑み。

「神様の慈悲を示すのに最適な相手だな」

 俺もにやりとと口角を片方だけ持ち上げて笑顔を返した。

「教会の人間だったら、行き倒れて死んだ後に聖人認定されそうな話だな」
「ええ」
「キャロラインを使ってフォローすれば株があがるな」

 リカは静かに微笑んだ。
 だから協力したくなる。
 沈黙の中、さっきの台詞をもう一度言われた気がした。

「ありがとう」

 組み敷いたままリカにキスをして、起き上がって服を着た。

「もう行くの?」
「ああ、せっかくの話だ、早速動かしてくる」

 服を着て、エレノアを持って、ワープの羽根を取り出す。
 最後にもう一度ベッドの上のリカにキスをして、もらった情報を活かすため、ワープの羽根でアイノンに飛んだ。

     ☆

 カケルがいなくなった後、部屋に一人残ったリカ。
 最愛の男が残した温もりの匂いに包まれながら、彼女は再びベッドに倒れた。

 仰向けで天井を見あげる。
 暗闇の中でも輝いてる目は、さっきまでにはなかった慈しみの色もあった。

「協力したくなる」

 同じ台詞を繰り返すリカ。

 シビル・カラス。
 百年後の国の事を想い、平民にこそ教育を与えるべきだと語り理想に燃え。
 その理想で自己犠牲さえも厭わない。

 そういう……女。カケルが好みそうな女。

 リカ・カランバ。
 後宮を持つ女王として知られ、薔薇の園の主と呼ばれている。
 リカの意識の中では、薔薇の園は王宮の中だけじゃなく、カランバ全土に広がっている。

 カケルの虜になる事をしあわせと信じて疑わないリカはシビルをカケルに引き合わせようとし。

「もう何人か用意させた方がいいかな」

 それを逐一投入させる事で、キャロラインとカケルの関係を加速させようと考えていたのだった。
■ドラマCD試聴サンプル公開
活動報告、もしくはyoutubeに「くじ引き特賞」で検索してみてください。

【タイトル】くじ引き特賞:温泉ハーレム権
【キャスト】
カケル :石川界人さん
ひかり :山下七海さん
ヘレネー:佳村はるかさん
ナナ  :諏訪彩花さん
イオ  :三森すずこさん
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ