挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
くじ引き特賞:無双ハーレム権 作者:三木なずな

エレノア編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

218/288

217.イオの過去(上)~頑張り屋の女の子

「ラ、ライトニング!」

 ふるえる空気、ほとばしる魔力。
 幼い魔法使い、イオ・アコスが放った初級の雷魔法はモンスターに躱された。

 人間以上の俊敏さで疾走して魔法を躱すのはウェアウルフ、全身を毛皮に包まれた、鋭い爪と毛皮の上からでもはっきりとわかるくらいの筋肉をもつ狼男のモンスター。

 ウェアウルフはライトニングをかわしたあと、イオに飛びかかって鋭い爪を突き出してきた。

「ボサッとすんな!」
「ぐえっ!」

 後ろ襟をつかまれ、投げ飛ばされてしまう。
 イオを掴んで投げたのは片手剣を持つ青年の冒険者だ。
 使い込まれた武器と鎧はいかにも歴戦の勇者という感じだ。

「ビロン、レアンダー。援護しろ」
「おうよ」
「任せな」

 剣士の呼びかけに呼応して、ウェアウルフの左右から冒険者が二人姿を見せた。
 片方は軽装に弓矢を武器にもつ小太りの男、もう片方はナイフを両手合わせて十本もっている中年男だ。

 小太りは矢を放ち、中年男はナイフを投げた。
 ドスドスドス、矢とナイフがウェアウルフに突き刺さった。

「うおおおおお!」
「犬っころがはしゃいてんじゃねえ!」

 援護射撃で足を止めたウェアウルフに剣士が飛びかかった。
 真っ向から斬りつけた――と思えばウェアウルフの反撃を見切って、途中で剣の軌道を変えて胴体を薙いだ。

 ウェアウルフの腹から大量の血が吹き出される。更に絶叫して苦し紛れの反撃をするが、剣士はそれもよけて腹に剣を突き刺して後ろに飛んだ。

「イオ! 剣を狙え!」
「え? え? け、剣って……」
「もういい! レアンダーおまえがやれ!」
「おうよ」

 熟練冒険者三人が息のあったコンビネーションで狼男を追い詰めていく。
 近距離と遠距離の連携、慎重な戦闘運びで、ウェアウルフを倒して行く。

 それを、イオはアワアワしたまま、何も出来ずに見ているだけだった。

     ☆

 イオ・アコスはありふれた駆け出しの冒険者だ。
 彼女は駆け出し冒険者にありがちな、凄腕の冒険者、そのパーティーに憧れている。
 ギルドに行けば常に飛びかっている様な冒険譚はいつ聞いても心がわくわくするものだ。

 死霊の浄化、魔獣の討伐、ドラゴンとの死闘。

 彼女はそれを聞くたびに心が躍り、いつか自分も同じ世界にいける事を夢見ていた。
 だが、彼女は駆け出しの冒険者。

 経験も力も、実戦で体を思った通りに動かせる度胸も。
 何もかも、まだ、不足していた。

     ☆

 深夜、冒険者の三人がたき火のそばで寝ているころ、イオは自主訓練をしていた。

 魔法を使う時、大まかに分けて三つの手順を踏む。
 まず体の中から必要分の魔力を組み上げる。
 次にその魔力を行使したい魔法の形に整える。粘土をこねると表現する人もいれば、型の中にプリンの素を流し込むという人もいる。
 最後に、その整った魔法の形を体外に放出して魔法を撃つ。

 イオは、その最初の事をくり返ししていた。
 どんな魔法を使うにせよ、魔力を一瞬で必要分かき集めるというのは変わらない、そしてそれは肉体とおなじで、訓練すればするほど速さと、一回に扱える量が増えるものだ。

 つまりイオはじっとすわっているが、実は魔法の筋トレをしている様なものだ。

 もっと強くなりたい。
 強くなって、憧れた冒険者と肩を並べて戦いたい。

 彼女はその一心で、寝る間も惜しんで鍛錬していた。

「何してんだお前は」

 イオは顔を上げた。
 そこに立っていたのは小太りの男、精度の高い弓矢を武器でモンスターと渡り合ったビロンという男だ。

「あ、あの。わたし……」
「寝ろ。寝れるときに寝ておく、冒険者の基本だぞ」
「でも……」
「ただでさえ役立たずなんだから足を引っ張らないように寝れるときは寝ておけ」
「……はい」

 イオは仕方なくその場に寝っ転がった。

「まったく、数あわせのために入れてみたけどとんだ足手まといだぜ」

 遠ざかっていくビロンの足音を聞いて、イオはこっそり涙を流した。
 野宿の地面がやけに冷たかった。
 彼女は下唇をかんで、寝っ転がったまま魔力をねる。

 息を殺したままトレーニングを続ける。
 もっと強くなるために。もっと役に立てるように。

 憧れの冒険者たちが住む世界に駆け上っていけるように。

 イオはコツコツと、自分の魔力を高められるように頑張った。

 その努力の結果が発揮されることはなかった。
 次の日から、「数あわせに入れた」と明言した冒険者はイオを徹底的にいないものとして、三人でギルドの依頼である魔物討伐を果たした。

 それでもイオはめげずに出番を待ち続け、その間もコツコツと自分を高めるために頑張ったのだった。
■ドラマCD試聴サンプル公開
活動報告、もしくはyoutubeに「くじ引き特賞」で検索してみてください。

【タイトル】くじ引き特賞:温泉ハーレム権
【キャスト】
カケル :石川界人さん
ひかり :山下七海さん
ヘレネー:佳村はるかさん
ナナ  :諏訪彩花さん
イオ  :三森すずこさん
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ