挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
くじ引き特賞:無双ハーレム権 作者:三木なずな

アイギナ王国編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

193/288

192.おれのことだけを

 王都レティム、夏の宮殿。
 おれはここで休んでいた。

 部屋の窓から見える夜の庭は幻想的で、今までで――この世界に来ていろんな王宮に立ち入ったが、ここのが一番綺麗だ。

「空中庭園みたいだな」
(当時の国王はこれに湯水の如く金をつぎ込んだぞ)
「湯水の如くって、どれくらいだ?」
(国家予算の半年分)
「すごいな。そこまでやるのか。たしか王妃のために作ったんだっけ」
(うむ。美しい女だったが、いつも仏頂面でな。王は笑ってほしくて色々やったものだ。で、これを作って、この景色を見せた時に、嫁いできてはじめて笑ったのだ)
「王妃の微笑みのために予算半年分か、すごいな」
(それが権力者というものだ)
「そうか」

 最近、エレノアから聞く昔話の内容が変わった気がする。
 出会った当初は英雄やら覇王やら、彼女が乗りつぶした(、、、、、、)男の話をよくして、そいつらをとにかくくさしていた。
 最近はそうじゃなくて、歴史の裏話、実際にみたちょっと面白い話をする様になった。
 語ってる時の口調も、「あいつらしょーがねえな」って感じになってる。

(……)

 黙り込んだエレノア、過去の事を思い出してるんだろうか。
 おれはもう少し、その過去を知りたいと思った。

 が、それは今じゃない。
 今は、先約(、、)がある。

「ショウ……」

 背後から声がした。
 セレーネの声だ。

 おれは彼女を待っていた。
 レティムに戻ってきて、アイギナ王国を取り戻した。
 戦いは終わった、もちろんこの後は色々待ち構えてるけど、一段落ついた。

 そこで、彼女を抱くことにした。
 おれの女にするって決めた。
 伝えたらこの夏の宮殿で待ってほしいって言われて、それで待ってたって訳だ。

 そうしてやってきたセレーネに振り向く。
 彼女はドレス姿になっていた。
 王女らしい、上品さと色っぽさが高いレベルで同居しているドレス。
 露出はほどよく高く、見せるもの(、、)は見せ、見せられないもの(、、)は徹底的に隠す素晴しいドレス。

 これをみて反応しない男はあり得ないってくらいのドレスだ。
 もちろんセレーネもかなりの美少女で、ドレスの破壊力を更に高めていた。

 ……のは、いいんだが。

「なんでヘレネーもいるんだ?」

 セレーネのそばにヘレネーがいた。
 彼女はいつもの姿で、おれがやった扇子をもって苦笑いを浮かべている。

「あ、あのね。あたし、ショウにこれからだ、だ、だ……抱いてもらうんだけど!」

 恥ずかしさから、セレーネはつっかえながら、思いっきり大声で言い放つ。
 それはわかる、問題なのはなんでヘレネーがいるかだ。

「あたし、ショウに喜んでもらいたい。でも、どうしたらショウが喜んでくれるのかわからない。あたしバカだから、多分教わってもすぐには覚えられない。だから――」

 セレーネはヘレネーの手をつかんで、引き寄せた。

「ヘレネーに助けてもらおうって思ったの!」
「わたしは――」

 ヘレネーはますます苦笑した。

「一度っきりのはじめて――初夜ですから、二人っきりの方がいいといいましたが」
「そんなのより、ショウに喜んでほしいの!」
「ということのようです」

 あいた口がふさがらなかった。
 そういう風に仕向けた、セレーネが分からない事、自分じゃできない事を他人に素直に聞くように仕込んだのはおれだが、まさかここでそうくるとは思わなかった。

 ヘレネーもいった、大事な初夜だから二人きりの方がいいって。
 それが普通だ、だけどそれよりもセレーネはおれのためにサポート役をほしがった。

 その気持ちは嬉しかった、ネガティブだけど強気に主張するセレーネが愛らしくてたまらなかった。
 だから――。

「ヘレネー」
「はい」
「わるいが、外してくれ」
「はい」

 おなじ返事、しかし二回目の「はい」はとても嬉しそうなヘレネー。
 彼女はすがるセレーネに「頑張って」と言って、この場から立ち去った。

 おれはセレーネに近づき、ドレス姿の彼女を抱き寄せた。

「ショウ――んぐっ」

 まずはキス。
 強めのキス、微かな甘さを感じる唇を強く吸った。

「ショウ……あの、あたしじゃ――」
「セレーネ」

 次にまっすぐ見つめる、腰に回した腕で更に抱き寄せて、キスした後でキスするほどの距離で見つめる。

「余計なことはいらん、一つだけ考えてればいい」
「な、なにを?」
「おれのことだ」
「ショウの事? ――んぐっ!」

 もう一度キスをする。

 そして……。

     ☆

 こうして、アイギナ王女のセレーネはおれの女になって。
 おれは、新しい金色のくじ引き券を手に入れたのだった。
■ドラマCD試聴サンプル公開
活動報告、もしくはyoutubeに「くじ引き特賞」で検索してみてください。

【タイトル】くじ引き特賞:温泉ハーレム権
【キャスト】
カケル :石川界人さん
ひかり :山下七海さん
ヘレネー:佳村はるかさん
ナナ  :諏訪彩花さん
イオ  :三森すずこさん
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ