挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
くじ引き特賞:無双ハーレム権 作者:三木なずな

アイギナ王国編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

177/288

176.暗躍するカケル

 エレノアがライオンっぽいのを脳天から貫いて、地面に杭のように打ち付けた。

(いいかげんわれをポンポンポンポン投げるのはよせ。なげるならせめて全力でなげろ)
「お前を全力で投げつけたらこのあたり一帯がまとめて吹っ飛ぶだろうが」
(やるならそこまでやれと言ってるのだ)
「あとでオリクトの谷に連れてってやるよ」
(くく、やつもいちいち災難だな)

 エレノアの楽しげな感情が頭の中に流れてきた。
 それをひとまず無視して、そばにいるセレーネをみた。

 彼女はぽかーんとして、おれを見あげていた。
 体はぼろぼろ、ライオンっぽいヤツにやられたみたいだな。

「大丈夫か?」
「……」
「セレーネ?」

 反応がないからもう一度名前を呼んだ。
 すると彼女はハッとして、慌てて顔を背けた。

「だ、大丈夫よ――ッ」

 わかりやすく意地を張ったけど、それは最後まで続かなかった。
 眉をしかめてうずくまる。
 かなり痛めつけられたみたいだ。

 手を横に出して、異次元倉庫を開いた。
 常備してる魔法の玉(白)を一つ取り出して、セレーネに使った。

 癒やしの光がセレーネを包み込んで、怪我は一瞬で完治した。
 魔法の玉の効果は絶対だけど、念の為に聞いてみた。

「大丈夫か」
「さ、最初だから大丈夫よ」
「そうか」
「一応――ありがとう、って言っとくわ」
「そうか」

(にやけてるぞきさま)
 むっ、ちょっと顔にでてしまったか?

 ちょっと前からセレーネが可愛くて仕方がなかった。
 わかりやすい意地っ張りもそうだけど、意地を張りながら妙に素直なのも可愛くてしかたがない。

 今のもそうだ、可愛すぎて、エレノアに指摘されるほど顔に出てしまったのかも知れない。

「それよりも、イリスに聞いた場所よりも奥に来てるな。迷子にでもなったか?」
「こ、このあたしが迷子になるはずないでしょ?」
「じゃあなんでこんな奥に入り込んでたんだ?」
「それは……その……」

 必死にいい訳を探すセレーネ。
 多分、というか間違いなく最初の返事はいいわけだろうなと思った。

「さ、散歩よ。天気がいいから散歩してたのよ」

 予想通りわかりやすいいい訳だった。
 そうだと言い張るセレーネもまた可愛いから、良しとする。

「さて、帰るか。散歩だったらもういいだろ?」
「……」
「セレーネ?」
「もうちょっとだけいる」

 意地を張るセレーネ。
 何でここにいたいのか分からないが、てこでも動かないって感じだ。

「わかった。とりあえずこれだけ持ってろ」

 異次元倉庫をまた開いて、予備の剣を取り出して渡した。
 エレノアとひかりがあるおれには必要ないが、女達のために予備で持ってる。
 それをセレーネに渡した。

 セレーネは受け取った。複雑そうな顔をして。

 ワープの羽を取り出して、飛んだ。

 飛んだ先は数十メートル先の木の上。
 遠目にセレーネを観察出来る程度の距離だ。

 そこでみたのは、おれが立っていた場所に手を伸ばして、「あっ……」って声を漏らすセレーネの姿。

(後悔してるという顔だな。素直になれば良かったと)
「そうでもないぞ」
(むっ? ほう……なにやら決意した表情に切り替わったな。何を決意したのだ?)
「『今度こそ倒して、ショウにお願いする資格を手に入れる』……っていってるな」

 777倍の聴力でセレーネのつぶやきを拾った。

(いじらしいな。貴様におねだりをするために何かを成し遂げる、ということか)
「そうみたいだ」
(また顔がにやけてるぞ)
「だれもいないからいいだろ」
(われがいる)
「お前はいいんだ」
(くく、そうか、いいのか)

 つぶやくエレノア。

 視線の先でセレーネが動き出した。
 おれが渡した代わりの剣を握り締めて、再び歩き出した。

「今度こそ倒すって事は、あのライオンっぽいのをやるってことか」
(そういうことだな? あれのよわい個体ならまあ倒せるだろう、今のあの娘なら。強いのとまたあえばどうなるかわからんがな)
「そうか」
(どうするのだ?)
「……間引こう」
(間引く?)
「先回りして、セレーネより強い個体を間引いていこう。あいつが倒せる程度のヤツを残そう」
(弱らせたのを出した方が早くないか?)
「それじゃあいつの気が済まないだろ。無傷の、弱い個体を目の前に出してやる」
(まったく、過保護だかそうじゃないんだか)

 エレノアは呆れたようにつぶやいた。
 過保護かどうかはしらんが、おれはおれの女がやりたい事をやらせるだけだ。

 そうしてる時が一番輝いて、いい女に見えるって知ってるからな。

 おれはエレノアを持って先回りして。
 例のライオンっぽいのを三分の一くらい間引きして回った。
■ドラマCD試聴サンプル公開
活動報告、もしくはyoutubeに「くじ引き特賞」で検索してみてください。

【タイトル】くじ引き特賞:温泉ハーレム権
【キャスト】
カケル :石川界人さん
ひかり :山下七海さん
ヘレネー:佳村はるかさん
ナナ  :諏訪彩花さん
イオ  :三森すずこさん
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ