挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
くじ引き特賞:無双ハーレム権 作者:三木なずな

アイギナ王国編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

143/288

142.出発へ

 床の男を軽く蹴った。

 うつぶせになってるのを仰向けになるように蹴ってひっくり返す。ただの死体だ、特に変わったところはない。

(変えた元凶がこれだからな)

 エレノアがいう。おれはいまでもオーラの腕で黒い何かをつかんだままだ。

 男をおかしくした元凶がこれなのは間違いない。

「デルフィナ、ここにいる部下を全員集めろ」

「どうなさるのですか?」

「掃除をしてやる。何をするにしてもこういうのがいると安心して出来ないだろ」

「……わかりました」

 すごく不本意そうな顔をして、デルフィナは部屋の外に出て行った。

 しばらくして、おれは建物の中庭に呼び出された。

 商談用にも使うという、綺麗な作りをした庭だ。

 設計とか細かいところとかは違うけど、なんとなく涼亭にある日本庭園を思わせる作り。

 そこに大量の男女がいて、ざわつきながらもきっちり整列していた。

「お待たせしました」

「これで全員か」

「はい。よろしくお願いします」

「おう。やるぞエレノア」

(おい待て、貴様まさか)

「ああ」

 にやりと口の端を持ち上げる。

「一人ずつはまだるっこしい、まとめてやる」

(やはりか。まったく、簡単にいってくれる)

「お前だから言ってる」

(見え透いた世辞などいらんわ)

 そう言いつつもまんざらじゃなさそうなエレノア。

(では行くぞ)

「おう」

 エレノアに軽く手をかけて、深呼吸して意識を集中させた。

 体の底から魔剣の力を組み上げて、体の外に放出する。

 ざわめきが大きくなった。

 魔剣のオーラが一気に吹き出して、場を充満してそこにいる全員を包み込んだからだ。

 イメージする、クシフォスの時に編み出した力、物理的な攻撃力はほとんどなくて、体の中にある()とか邪悪な物とかをつまみ出すだけの力。

 それを彼女の部下にまとめて被せて、つまみ(、、、)上げた。

 集まったのが百人近く、そのうち三人から黒い物をつまみ出した。

 つまみ出されたそいつらはふらふらと倒れたあと、ぐったりして動かない。

 一方何事もなかった連中はますますざわついた。

 デルフィナがおれのそばにやってきた。

「ありがとうございますカケル様」

 そういって、おれがつまみ出した物をみて、眉をひそめる。

「まさかここまで浸透されていたとは……カケル様がいなかったら大変な事になってましたわ」

「そうか? お前ならどうにかしそうだが」

「どうにかはいたします」

 デルフィナは真顔で言った。

「事前発見は無理でしたでしょう、異変が起きても原因を理解できず、あの三人を監禁するか処分するかのどちらかになったでしょう」

「なるほど」

 ま、そういう処置になるだろうな。

「それをこのような形で解決出来るとは……さすがカケル様と言わざるを得ませんわ」

(というより我の力だがな)

 エレノアはおれの中で主張した。

「それにしても……この三人」

 倒れてる三人を眺めるデルフィナの眉がびくりと動いた。

「心当たりあるのか?」

「一つだけ……さっきの男も含めて」

 デルフィナを襲ったヤツか。

「全員、昨日までマロネイにいたものばかりですわ」

「マロネイ……お前の街か」

「ええ。この二人はデルフィナ派の役人、マロネイに常駐させてます。この子は別件で行ってきただけ」

「なんだそのデルフィナ派ってのは」

「マロネイはわたくしが買いましたが、名目上はまだアイギナ王国領。ですので王国側が派遣した形だけの役人と、わたしが任命した実権を持つ役人。前者が王国派と呼ばれてて、後者はデルフィナ派よ呼ばれてますわ」

「ややっこしい事になってるな」

「そうですわね」

「まあいい。とにかく……全員がマロネイと関係があるってことだな」

「はい。そしてネオラの父親もいまはマロネイ」

「そうだったな。さっきお前を襲った男は?」

「一昨日、別件で」

「そうか」

 ここまで揃ってればもう間違いないな。

「マロネイでなんか起きてるな」

「はい。おそらくアイギナ発の何かが」

「……」

 おれは握ったままの黒い何かをみた。

 アイギナ発じゃないな、こいつはコモトリアの時にもあった。アイギナの前にコモトリアに既に現われていた。

 これとあれ、アイギナのとコモトリアのとが同じだっていう証拠はないが。

(同じものだろう)

 エレノアが言い切った、おれもそう思う。

 理屈じゃない、魔剣を通しての感覚が同じだと主張してる。

 二つは、同じものなのだと。

「ここからどれくらい離れてる」

「カケル様、もしかして……?」

 頷くおれ。

「マロネイに行く」

 マロネイ……アイギナで何かが起きてる。

 アウラ、イリス、ネオラ、そしてデルフィナ。

 おれの女達の為に、現地入りしてまとめて解決する必要がありそうだ。
■ドラマCD試聴サンプル公開
活動報告、もしくはyoutubeに「くじ引き特賞」で検索してみてください。

【タイトル】くじ引き特賞:温泉ハーレム権
【キャスト】
カケル :石川界人さん
ひかり :山下七海さん
ヘレネー:佳村はるかさん
ナナ  :諏訪彩花さん
イオ  :三森すずこさん
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ