挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

鳥の生肉でかなりハードな食中毒になった記録

作者:森田季節
それはGWの4日の昼前のことでした。

なぜだか突然、極端に食欲がなくなってることに気付きました。

どうにか無理矢理に食事は済ませたものの、一般的なダルさの5倍ぐらいのダルさがきて、これはおかしいなと思ったら、発熱してました(38度ちょっとぐらい)。

その時は風邪かなと思って、その日は風邪の時用のスポーツドリンクやうどんを買ってきて、安静にしてたのですが、夜に寝る時に不気味なぐらいおなかが張ってます。なんか、おかしいぞと感じました。

その夜、1時間に一回ほどのペースで下痢で目が覚めました。
ただ、風邪でも目が覚めることはあるし、下痢になることもあるし、そういうものだとまだ思ってました。

翌日、5日。
一言で言えば、一日中下痢をしてました。夜中の回数を除いても20回はトイレに籠もった気がします。

あ、これ、風邪としても相当重いぞ……。明日、医者に行こう……と思いました。

その日の夜も下痢で2回目が覚めました。

6日。
その日も多少、回数が減ったものの、やはり下痢が止まりません。

午前に強引に医者に行ったものの、GWで付近のお年寄りが大集結してる状態で、何時間待つかわからないので、一回諦めて夕方の部にしました。
症状的に家じゃないところで何時間も待つのは無理です。トイレを待合室にしてもらうしかない。

で、途中、駅前のトイレに駆け込むなどのリスクを背負いながら、夕方の医者に行きました。

自分「ええと、かくかくしかじかでこの数年分の下痢を数日で済ませたぐらいやってます。今も現在進行形です」

この時点でも風邪のつもりでした。
でもよく考えたら、ノドの痛みも、咳も、鼻水も何もないんですよね。

医者「発症する前に何か生で食べませんでした? レバーとか?」

いや、そんな危ないもの食べんよ。

自分「いえ、ないです」

医者「生の鳥は?」

自分「いや、自炊派なんでそんなもの食べること――――あっ、食べてた!」

文学フリマ(5月1日)の打ち上げで鶏刺し、ばくばく食べてた!!!!!!!!!!!

医者「キャンピロバクターですね。潜伏期間3日ほどですし」

もう絶対にそれやん!

というわけで抗生物質的なものを処方されて帰宅しました。
帰宅中もまた駅前のトイレに駆け込む危険が生じました。マジで外出がヤバすぎる。

7日は抗生物質も後押しになったのか、喫茶店のトイレ近くの席に陣取れば仕事できなくもないまで回復しました。やっぱり駆け込む必要が出たけど。

そして8日。
そろそろ回復してきたかな~という印象はあったのですが。
また悪化しました。

悪化という言い方もおかしいんですが、初日のダルさのさらに5倍ぐらいのダルさが襲ってきて、下痢も起こるんですね。

結局、食べたものが出る時に体調が著しく悪化する設定らしいです。食欲もまったくなくなって、文字通り動けなくなってベッドの前でうずくまってました。

ダルさが石になってのしかかってくるみたいな感じで、ある意味、一番きついのがこの時間だったかもしれない。

何がまずいかって、ダルさが大きすぎると痛みに匹敵するような精神的な苦痛になるんです。今回なって気付きました。どうなるかというと、死にたくなる。

過去に尿結石なった時も「いっそ殺してくれ」とかのたうちまわりながら思ってましたが、あれに近い感情になりました。

どうにか食事を済ませてベッドで安静にしてたら比較的落ち着きました。まだ、落ち着いているのでこうしてまとめを書いてるところです。

■今回思ったこと。

1 二度と生の鶏肉は食べんぞ。

 これは当然ですね。
 ちなみに牡蠣に当たったこともあるので、自分は牡蠣もそれ以来食べません。

2 仕事にも大きな打撃になるので、食中毒リスクは避けよう。

苦痛なのは当然として、仕事が見事に止まる。
特に小説みたいな頭を使う仕事は無理。

断続的に腹が痛くてトイレに行かないといけなくなる状況で文章を書くのははっきり言って不可能です。

もし、体力が平常なら我慢もできたかもしれませんが、発熱もしてるし、下痢だらけで勿論体も疲れきっているので、集中力も極端に落ちているので、本当に何もする気しなくなります。こんなにまったく何もしなかったのは正月以来です……。

そして、ノロウイルスなどと違って、長く体に残るんです。
実質、丸4日つぶれました。まあ、本を読むぐらいは出来ましたけど。
あと、風邪の時にやたら寝てしまうのと同じで一日の半分ぐらい寝てる日もあったんで、実質稼働時間も大幅に減ります。

以上、食中毒との戦いの記録でした。
症状が再発しないことを本気で願ってます(なお、ぶり返す人はたまにいるらしい)。

そして、生の鶏肉にはくれぐれもお気を付けください。

数日何も出来なくなるほどのリスクを背負ってまで食べるものじゃないなというのが僕の感想です。

あと、たまに死ぬ人もいるらしいのですが、おそらく、これは脱水症状になってるのではないでしょうか。
期間がノロより相当長いので、水分取らないとたしかにヤバいと思います。

今回、トイレに行くたびにスポーツドリンクを水で半分に薄めて飲むということをかたくなに守り続けました。

まあ、下痢の時に水分取るのは一般常識の次元だと思いますが、もしこれで「さらに下痢っぽくなりそうだから水飲むのやめよう」とか考えると、今回の自分でも死ぬ可能性は全然あったかなと……。

被害者が一人でも減ることを願って書きました。
本当にお気をつけください。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ