挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

方向音痴な彼

作者:魔桜
 

 息を切らし、懸命に走る。
 足は制服のスカートが捲り上がらないように内股気味。肩には分厚い教科書と運動靴の入ったスクールバックを掛け、走るたびに縦に揺れている。少々重いが、陸上部ならではのカモシカのような足で、校内を颯爽と駆ける。
 左手の腕時計を覗き見ると、約束の時間まではあと五分の余裕はある。それでも私は急ぐ。あいつは私を待たせるような人間ではない。
 予想通り。あいつは仏頂面で、腕組みをしながら校門の柱に寄り掛かっていた。あいつは私の姿に気付くと、口が緩むが、それも一瞬の事。喜びの表情を噛み殺す為に更に表情が硬くなる。
 遅いぞ、とこいつは私を詰らない。ついさっき着いたばかりだという態度を、あいつは決して崩さない。頑固で意地っ張り。だけど誰よりも優しい。
 こいつより先に、待ち合わせ場所で佇むのが私の今の目標で、その目標を達成できるのは、いつになることやら……。
 今日こそは送っていくと聞かないこいつ。帰宅時間が遅くなるからという理由で、私はずっと遠慮していたけど、今日は押し切られる。結構強引だったけど、ほんとは悪くない気分だった。
 学校からの帰路を二人で歩いて、会話している時間が、私にとって至福の時間。自然と笑顔になる。その所為で誤解が生まれることもある。
 私が、クラスメイトで仲の良い男子の話をすると、あいつは途端に口を閉ざす。何気ない日常の中の、ちょっとした面白さをこんなに笑って、楽しく話せるのはこいつだけなのに。どうしてそれを理解してくれないんだろう。それが、少し煩わしくて、でも嫉妬してくれるのは、やっぱり悪い気はしない。
 慌てて話題を逸らすと、元気を取り戻す。そんな単純さが可愛くて、同級生なのにちょっと年下の男の子を虐めている気分。
 視線はチラチラ右手にゆく。
 ブラブラさせている手を握りたいけど、いつになってもその勇気が出ない。そんな私を思案顔で、どうしたかと尋ねてくる。
なんでもない。と私は笑って誤魔化した。こいつには自分の弱い部分を見せたくない。
 手を握るきっかけを失くし、嘆息する。だが、やっぱりまだ早いかな、と傾きかけていた心を持ち直す。
 そして、あっという間に私の家に着く。物足りない気分。じゃあな、と言われるが、制服の裾を思わず掴む。
 突飛な私の行動に、あいつは戸惑いの表情を浮かべる。ああ、だから嫌だったんだ。私は恐る恐る制服の裾から手を離す。
 困らせるつもりなんてなかった。ただ、今日はなぜだか欲張ってしまった。
もう少しだけ傍にいたい、って。
それは、私を家まで送ってくれたからだろうか。よく分からないけど、多分そうなのだろう。
 私が離した手を、男らしいゴツゴツした手で力強く握る。ソッポを向きながら微かに頬を染める。
 悪い。俺、方向音痴なんだ。道に迷ったから、俺が道分かるところまで送ってくれないか。
 下手糞な嘘に私は吹き出す。こいつは普通に方向音痴じゃなかった筈だ。口に手を当て、何度も私は頷く。
 なんだよ、そんな笑うことか、と私を咎めるが、喜びを隠すために、私は口に手を当て続けたままだ。
そのまま手を繋ぎながら、スローペースで私は先導する。
 ……少しでも、一緒にいる為に。


評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ