挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
Re:legend 作者:龍一郎

7章『怠惰』の器を満たす者

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

78/360

78:再び救出

「バリア」
「鉄壁の舞」

僕はフェアリーが魔法で強化したバリアで最上階への階段を塞ぐ。これで最上階へは行けないはずだ。あとはソラミちゃんが鍵を持ってきてくれるのを待つだけだ。

「さあ久しぶりに暴れさせてもらいます」

シャルロットはそういい『怠惰』の魔法を発動させ一瞬で100本近くの剣を作り自分の周りに浮かべる。

「いいな『強欲』と『怠惰』は必ず生け捕りだ残りは殺しても構わんが捕まえたやつは好きにしていいそうだ気合入れていくぞ」

魔族側を仕切っていたやつがいいだすと周りがざわめきだす。

「俺様が全員捕まえてやるから全員さがってろ‼︎へへへお嬢さん達今晩は壊れるまで可愛がってやるからな」

その言葉を聞き僕の怒りが一瞬で限界を超えてしまった。僕の彼女である3人にあんなことを言われたのだ当然だろう。
僕の怒りがむけられている魔族の男が前にでる。

「みんなさがっててあいつは僕が倒す。」

僕はそういいみんなの前にでる。

「貴様が俺様を倒すだと笑わせて…くれ…」

何か言いかけていたが僕が『怠惰』の魔法で500本ほど剣を作りそれを全て魔族の男に突き刺す。

一瞬であいつがやられたのに驚いたのか魔族側が急に静かになる。

「なんであなたが私の『怠惰』の魔法を使えるんですか?」

シャルロットが戦いながら僕に問う。

「僕は『強欲の書』を持っているんだ『強欲の書』で君に化けていた『色欲』の女ポワンから『怠惰』の魔法をコピーしたんだ」

「なるほど…あいつにあったんですかあいつ今は私の姿で行動してるんですね…」

「ああそうだよ。こっちも1つ聞きたいんだけどいいかな?」

「ええいいですよ」

僕とシャルロットは背中を合わせお互いの死角の敵を倒しながら話していた。

「この監獄に君以外に閉じ込められている人はいないか?いたら今のうちに助けだしたいんだけど…」

「たぶんいないと思います。この監獄は私を閉じ込る為だけに作られたのでたまに捕まって連れてこられた人はいますが男はすぐに魔獣の餌にされ女は壊れるまであいつらの玩具にされ壊れたら魔獣の餌にされていましたから…まあ今ここに人がいるか聞いてみたらわかると思いますよ。」

そういいシャルロットは近くの兵士を1人捕まえて今捕らえられてる人がいないかを聞きだす。

「どうやら地下に1人女性が捕まっているみたい。今日あなた達が来る前に捕まったらしいです。」

「わかった僕はその子を助けに行ってくる。ここは任せていいかな?」

「わかりました。」

シャルロットの返事を聞き僕は近くで戦っていたエルを呼ぶ。エルと共にドリフトで1階に戻り地下を目指す。

「おーい誰かいるか?返事をしてくれ」

地下に到着し僕は叫ぶ。すると奥の方から声がしたのでそっちにむかう。奥には中学生くらいの女の子が閉じ込められていた。鎖で縛り付けられていたので鎖を剣で断ち切る。

「ここにいるのは君だけ?」

僕は女の子に問う。

「はいここにいるのは私だけです。両親は今日魔族と戦いで死んでしまいました。生き残った私だけがここに閉じ込めらました。」

どうやら彼女の一家は旅の商人だったようで移動してる途中魔族に襲われたらしい。

「とりあえずここから脱出するけど一緒にくる?」

彼女は僕と一緒にくると答えたのでドリフトを使いとりあえずみんなのところに戻る。

僕が戻った頃には戦いは終わっていた。

「とりあえずみんなで最上階にいこう。」

僕が最上階へはむけて歩きだすとみんながついてくるもちろんさっき助けた女の子も一緒だ。
閲覧ありがとうございます。面白いと思ったらブクマ、感想等お願いします。是非他の作品も読んでいただけると嬉しいです。 Re:legend とある学園生活は制限付き能力とともに 魔王を倒そうとしていた勇者と勇者を倒そうとしていた魔王を入れ替えてみた 僕と彼女の物語
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ