挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
Re:legend 作者:龍一郎

6章新しい生活

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

67/357

67:新雇用

「あの〜リュウさん少し話があるんですけど…」

「ん?話って何?」

突然話しかけてきたハルカに僕が問う。

「えっと…この前リュウさんとハーバル村に行ったじゃないですか…」

あーたしかにハルカとエリカを連れて行ったな…

「その時に私達が前泊まっていた宿の人に働いてくれる人を探していると言ったら自分の娘を働かせてくれ…と…」

「本当に?じゃあ今すぐハーバル村に行こう」

僕はそういいハルカとソラミちゃんを連れてハーバル村に行く。


「おーうちの娘を雇ってくれるのかありがたい是非頼む。」

宿の店主に案内され娘のいる部屋に連れて行かれる。

「おーいユリ少し話があるんだが」

そういい店主が娘の部屋の扉を叩く。

「なんでしょうかお父様…」

扉を開けて小学生くらいの可愛らしい女の子がでてくる。見た目は黒の長い髪の毛に可愛らしいワンピースを着ていた。

「この前この宿を継ぐために修行にでたいって言ってただろ」

「はい確かにいいました」

「こちらのリュウさんがお前を家で雇ってくれるってとりあえずリュウさんのとこでいろいろと勉強してきたらどうだ」

父親の言葉に少女は少し考えていた。数分後彼女は是非うちで働きたいと言ってくれたのでうちに来てもらうことにする。

うちで泊まり込みになるので荷物をまとめてくるというので僕達はそれを待つ。しばらくするとでかいトランクに荷物を詰め込んだユリちゃんが部屋からでてくる。ユリちゃんが両親に別れを告げると僕はドリフトを使い僕の家の前に移動する。

家の大きさに少し驚いていたようだったが僕が玄関の扉を開けると慌てて玄関の扉を抑えてくれた。

「うちで新しく働くことになったユリちゃんです。」

ハルカがみんなにユリちゃんを紹介する。とりあえずその日はユリちゃんの部屋の家具を買いに行ったりした。途中服屋でソラミちゃんがお揃いのメイド服を買おうと言いだしユリちゃんがメイド服と白のニーソを買う。

翌日目が覚めてリビングにむかうと台所にメイド服をきた可愛らしいメイドさんが2人で料理をしていた。お揃いのメイド服でソラミちゃんが黒のニーソを履いていてユリちゃんが白のニーソを履いている。

「あっご主人様おはようございます。もうすぐ朝食の準備ができますので…」

「おはよう…ございます…」

ユリちゃんとソラミちゃんが僕に気付き挨拶をする僕もおはようと答える。

「あの〜そのご主人様って呼ぶのやめてもらってもいいかな少し恥ずかしいんだ…」

「私は…ご主人様なんて…言う気ない…」

まあソラミちゃんはそうだろうな。ユリちゃんが少し困っていたが僕がもう1度頼むと普通に話すと約束してくれた。

その日の朝食は和食でかなり美味しかった。ハルカ達も美味しいといい朝からおかわりをしていた。


太るぞ…


ユリちゃんは基本なんでもできるので家事は任せて大丈夫そうだ。
閲覧ありがとうございます。面白いと思ったらブクマ、感想等お願いします。是非他の作品も読んでいただけると嬉しいです。 Re:legend とある学園生活は制限付き能力とともに 魔王を倒そうとしていた勇者と勇者を倒そうとしていた魔王を入れ替えてみた 僕と彼女の物語
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ