挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
Re:legend 作者:龍一郎

6章新しい生活

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

63/366

63:雇用NG年齢

「え…何が…起こったんですか…」

急に目の前の景色が変わったことにソラミちゃんが驚く。

「リュウさんの魔法で家の前まで移動したの」

フランがソラミちゃんに説明する。

「なんか…めちゃくちゃ…だね…この人本当に人間なの…?」

「僕はちゃんとした人間ですよ‼︎」

ソラミちゃんの中で僕がどんどん人間から遠ざかっているような気がするので僕は人間だときちんと断言しておく。

「なんか騒がしいと思ってきてみたらあんた達だったのね…」

「あっリュウさんおかえりなさい」

「おかえり〜」

玄関のドアを開けてハルカとエリカとフェアリーが出迎えてくれる。

「「ただいま」」

僕とフランが返事をするがソラミちゃんはフランの後ろに隠れてしまう。隠れたソラミちゃんをハルカ達が見つめる。

「もしかしてその子が…」

「はい…ソラミと申します…よろしくお願いします…」

ハルカ達にむかってソラミちゃんがお辞儀する。

「こんな可愛い子に1人でお留守番させても大丈夫かな〜」

フェアリーがソラミちゃんを見て心配そうな顔をする。

「大丈夫ですよソラミちゃんはかなり強いですしこうみえて年齢は5…グフッ」

フランが何か言いかけた瞬間ソラミちゃんがフランを殴りつけ気絶させる…それを見たフェアリーは青ざめてその場から立ち去ろうとする。どうやら彼女の前では年齢の話はNGらしい。

「人の年を…勝手にバラそうとするから…こうなる…」

ソラミちゃんの発言を聞きハルカとエリカが引きつった笑みを浮かべる。

とりあえず気絶したフランを抱えながらリビングにむかう。

リビングに入るときちんと家具が揃えられていてちゃんとしたリビングになっていたとりあえずソファの上にフランを寝かせる。

ハルカが持ってきてくれたお茶を飲みながら僕達は今後の話をすることにする。

「とりあえず他の人が見つかるまではソラミちゃんだけになっちゃうけど大丈夫そう」

「問題ない…だけど…なるべくはやく他の人も探してきて…」

「了解」

僕が当分の間1人で大丈夫か聞くがしばらくは1人でも大丈夫らしい。まあ1人の間は僕達のうち誰か1人は手伝うようにはするけど…まああれだけ広い館を1人で手入れしていたようだし大丈夫か…

その後しばらくはソラミちゃんといろいろな話をするが明日はソラミちゃんの服を買いに行くことになったらしい。もちろん僕も付いて来いとのことだ。
閲覧ありがとうございます。面白いと思ったらブクマ、感想等お願いします。是非他の作品も読んでいただけると嬉しいです。 Re:legend とある学園生活は制限付き能力とともに 魔王を倒そうとしていた勇者と勇者を倒そうとしていた魔王を入れ替えてみた 僕と彼女の物語
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ