挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
Re:legend 作者:龍一郎

5章永遠の契約

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

57/360

57:要求そして帰宅






フェアリーとの正式な契約をし数時間眠っていた。するとドンドンと部屋の扉を叩く音が聞こえる。

「はーい今扉を開けるからちょっと待って…」

僕が扉を開けると部屋の中にハルカとエリカとフランがゾロゾロと入ってくる。

「えーと…なんの御用でしょうか?」

何故か僕は正座させられている…

「いや〜さっき散々待たされたお仕置きをするのを忘れてたと思って…」

エリカがニヤニヤと笑いながら言う。その横では何故かハルカとフランが顔を赤くしている。

「何をすれば許していただけるのでしょうか…」

僕が何をさせられるのかわからないので少し怯えながら要求を聞く。

「私達全員にリュウさんから抱きついてキスしてくれれば許してあげます。」

「え…ちょっと待て僕まだそこまでする度胸ないですよ、せめて抱きつくだけにして…」

「わかりました…じゃあみんなに抱きついた後4人で一緒に寝てくれたら許してあげます。これ以上は一歩も引きませんからね」

僕には頷く以外の選択肢がなかった…始めに無理そうな要求をしといて後からまだ楽な要求をする。絶対ハルカかフランがエリカに入れ知恵しただろ…

僕はその後3人に抱きつく。もちろん1人ずつだ。運良くフェアリーは寝ていたのでこれは4人だけの秘密だ…

その後僕のベッドに4人で横になる。恥ずかしくてその夜は一睡もできなかった…

朝になり僕達は朝食を食べ始める。どうやらみんな一睡もできなかったみたいだな…あっ朝食の前にフェアリー起こさないと…

その日の朝食は和食だったみんな寝てないからか箸が進まない。

朝食を食べ終え僕達は町にでる。この町を出る前に買い物をしたいとみんなが言い出したからだ。

「この服綺麗ですね…こんな服初めて見ました…」

ハルカが服屋の前で足を止めていた。

「それは浴衣っていう服だよ。僕がいた世界では祭りのときとか何かめでたいことがあったときに着ていたよ」

「じゃあリュウと付き合い始めた記念にみんなで買おうよ。お金はリュウがだしてくれるから。」

「え…?」

「まあまあ今回の旅の報酬だと思ってよ」

エリカのせいで3人分の浴衣を買うことになった…
3人が着替えを済ませて店からでてくる。正直すごく可愛い。

「どうですか」

「うんみんな似合ってて可愛いよ」

ハルカの問いに僕が答えると3人とも顔を真っ赤にしていた。そのまま町でいろいろと買い物をする。

町で魔道書屋をみつけ数時間魔道書屋で使えそうな魔法をさがした。ハルカとフランが魔道書を1冊ずつ書い僕は3つの魔法を『強欲の書』にコピーした。

魔道書屋で買った魔道書を持ってハルカとフランは魔道合成屋で自分の魔道書に魔法を写してもらった。

「じゃあそろそろ帰ろうか…みんな忘れ物はない?」

まあ忘れ物があってもドリフトですぐ取りにこれるが…

僕がドリフトを使いハーバル村に帰る。







閲覧ありがとうございます。面白いと思ったらブクマ、感想等お願いします。是非他の作品も読んでいただけると嬉しいです。 Re:legend とある学園生活は制限付き能力とともに 魔王を倒そうとしていた勇者と勇者を倒そうとしていた魔王を入れ替えてみた 僕と彼女の物語
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ