挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
Re:legend 作者:龍一郎

5章永遠の契約

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

50/361

50:最悪との遭遇

「ここはどこだ…」

僕達より少し前に移動してきた岩の精霊が辺りを見渡す。

岩の精霊が辺りを見渡していると突如岩の精霊の近くに僕達が現れる。エリカが岩の精霊目掛けて走りだしガントレットで殴りつける。

「貴様この私に何をした…」

「何をしたって僕の魔法であなたをここに移動させただけですけど」

岩の精霊の問いに僕が丁寧に答えてあげる。

「なるほどこのような場所に我を誘い込み優位に立ってつもりか…」

優位に立ったつもりじゃなくて実際優位に立っているんだけど…

「頂上に乗るなよカスども」

岩の精霊が叫びだす。直後辺りから無数の岩が飛んでくる。

「あちゃ〜ちょっとまずいわね〜」

「はっはっはいくら精霊神といえどもこの数の岩を防ぐことはできまい」

フェアリーの言葉を聞き岩の精霊が調子に乗る。岩の精霊が岩を自分の周りに集める…

「本当にまずいわね…予定通りに動きすぎて……ロックバン」

「だな…ロックバン」

僕とエリカが同時にロックバンを発動させると岩の精霊の周りの岩が全て爆発する。

僕達はフェアリーが作りだした風の防御壁で全くダメージがなかった。

「貴様ら…卑怯な…マネを…グハッ」

岩の精霊がなにかをいいかけていたが突如とんできた大剣が岩の精霊を真っ二つにする。僕は大剣を作っていない…つまり…

「おっきな爆発音がしたからきてみたら〜まさかお兄さん達に会えるとは〜思ってなかったよ〜」

岩の精霊の背後から1人の少女が現れる。

『怠惰の書』の持ち主である『怠惰』の少女シャルロットが僕達の前に現れる。
投稿50回突破しました。
50回目で『怠惰』編をやりたいと思っていたのですができてよかったです。次回から『怠惰』編を盛り上げていきたいと思います。
閲覧ありがとうございます。面白いと思ったらブクマ、感想等お願いします。是非他の作品も読んでいただけると嬉しいです。 Re:legend とある学園生活は制限付き能力とともに 魔王を倒そうとしていた勇者と勇者を倒そうとしていた魔王を入れ替えてみた 僕と彼女の物語
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ