挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
Re:legend 作者:龍一郎

5章永遠の契約

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

44/361

44:到着そして温泉

「もうすぐプフレ村に到着しますよ」

ハルカに言われてスマホを開く。後2時間ほどで到着できそうだ。

「そういえばフェアリーに付きまとってくる精霊ってどんなやつなんだ?」

「えっと岩の精霊と呼ばれている精霊で〜岩を操ります。岩場に住み着いているので〜あいつと戦う場合は岩の少ない場所に誘い出した方がいいと思います〜」

なるほど…じゃあ隙を作って岩の精霊に触れてエンチャントでドリフトを付与して昨日通った草原にでも送りつけてから戦うか…

そうこう考えているうちにプフレ村に到着する。プフレ村は山に囲まれた平地にある村で近くにある火山から流れてくる温泉で有名な村だ。

プフレ村で岩の精霊について聞き込みをする。あまりいい噂は聞かなかった。

岩の精霊はかなり短気な性格で馬鹿にされるとすぐに怒り出すらしい。1度この村を壊滅状態にさせたことがあるらしく村人に岩の精霊を討伐しにきたと言ったらかなりよろこばれた。

僕達はプフレ村で宿を見つけ今日はゆっくりと休むことにする。

僕は宿の温泉に入ろうと部屋をでる。フェアリーはハルカ達に預けて3人と温泉にむかった。

僕が温泉に到着し湯船に浸かる。時間がはやかったからか客は僕だけだった。僕が温泉に浸かっていると隣の女湯から声がする。

「ちょっとフェアリーちゃん私達以外お客さんいないからってお湯の中で暴れないでよ」

「え〜いいじゃん」

フランがフェアリーに説教をするがフェアリーは全く気にせずフランにむかってお湯をかけだした。

フランに放たれたお湯は近くにいたエリカにも当たり女湯では水かけ合戦が始まっていた。

「この〜よくもやってくれたな〜」

エリカにお湯を当てられフェアリーが調子に乗り風魔法で暴風を起こす。直後フェアリーの周りのお湯が吹っ飛び風がさらに強くなる。

風が女湯と男湯を分けていた塀を倒してしまう。

「え…?」

「「「この変態‼︎」」」

何が起こったのか確認する前にエリカの拳が僕に当たる…僕何も悪いことしてないのに…

僕がお湯の中で目覚めると塀は元に戻っていた。
とりあえず一言だけ言わせてもらいたい。

フェアリーありがとう…
閲覧ありがとうございます。面白いと思ったらブクマ、感想等お願いします。是非他の作品も読んでいただけると嬉しいです。 Re:legend とある学園生活は制限付き能力とともに 魔王を倒そうとしていた勇者と勇者を倒そうとしていた魔王を入れ替えてみた 僕と彼女の物語
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ