挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
Re:legend 作者:龍一郎

4章町での生活そして新たな出会い

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

33/360

33:新たなる出会い

逃げだしたサラマンダーをハルカとエリカが追う。

サラマンダーが逃げた方向には避難させた村人達がいる。

2人が村人達を避難させた付近まで近づくと急に辺りが暗くなった…

「え…急にどうした…」

エリカが上を見上げるとそこにはサラマンダーの姿があった。こっちめがけて飛んできている。いや、あれは吹き飛ばされたの方が正しそうだ…

飛んできたサラマンダーをなんとか避ける。まだサラマンダーは生きているようだ。

「なんでサラマンダーが吹っ飛んでくるのよ」

そういいながらエリカがサラマンダーにトドメを刺そうとした瞬間。

「あら〜かわいい人間の女の子が2人もいるじゃないもしかしてあなた達がサラマンダーをここまで弱らせたのかしら」

2人の前にエルフの女の子が現れる。

「まあとりあえずサラマンダーを倒しましょうか
現れよ水の刃 アクアスラッシュ」

エルフの女の子が魔法を発動させサラマンダーを真っ二つにする。

「さてと今ここで何が起こっているかきかせていただけますか?」

エルフの女の子が現状の説明を求めてくる。

「まずあなたが何者なのか伺ってもよろしいですか?」

「そういえば自己紹介をするのを忘れてたわ。ごめんなさい。私はフラン・クライシス…フランと呼んで見ての通りエルフの冒険家よ」

ハルカの問いにフランが答える。


これが僕たちとフランの出会いだった。
閲覧ありがとうございます。面白いと思ったらブクマ、感想等お願いします。是非他の作品も読んでいただけると嬉しいです。 Re:legend とある学園生活は制限付き能力とともに 魔王を倒そうとしていた勇者と勇者を倒そうとしていた魔王を入れ替えてみた 僕と彼女の物語
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ