挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
Re:legend 作者:龍一郎

17章ピュレット連合

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

313/359

313:風の魔女攻略作戦








「ラス、エル、住民の救助は任せた。騎士団団員は向かってくる敵と交戦!ハルカ、エリカ僕が戻るまで任せるよ」

「「はい」」

ハルカとエリカが勢いよく返事をし、真っ先に目の前にそびえ立つ城に向かっていく。

「ジャンヌ、案内を頼む」

「はい、こっちです」

ジャンヌさんが敵を薙ぎ払いながら僕を先導する。





「ラスさん、私達に敵意のない住民の居場所を送ります」

エルがそう言いながらマップアプリを表示させたスマホのデータをラスに直接送る。

『受信完了、ドリフト発動』

ラスがドリフトを発動させ住民達はみんなピュレット王城にある騎士団訓練所に送られた。騎士団訓練所には一応マックさんとエルザさんの小隊を置いてきたので心配することはないだろう。






「今日は貴様らが我の相手をするのか?」

玉座に座る風の魔女ウィルモアがハルカとエリカを見て言う。

「リュウさんはちょっと今立て込んでいるのであなたの相手は私達がさせてもらいます」

「そうか、白やソフィラはどうした?」

「ソフィラさんは万が一の時に備えてピュレットの家に残ってもらってます。白さんは別件で立て込んでるので」

白は今、ヒナちゃんを連れて『嫉妬の書』が封印されている遺跡に向かっている。

「自分の陣営が立て込んでいる時に攻めてくるとはなんと愚かな…まあ、いい…少しは楽しませてもらうとしよう…」

風の魔女ウィルモアがそう言いながら立ち上がる。ハルカとエリカは警戒を強める。




「私達はウィッチプロフェッサーの討伐と町の制圧に移ります」

フランが騎士団のみんなに指示を出す。
フランの指示を聞きソニアさん、ファルファさん、ディーンさん、シーラさん、ガランさんの隊が動き出す。

フランもイズナさん達とエリス、ラハドさんとともにウィッチプロフェッサー討伐に向かう。






風の魔女ウィルモアがいる城の中ではニコルちゃん、エイリーン、ユリちゃん、ソラミちゃん、コリンさん、ラス、テトラ、ペンタを除く機械族のみんなが城内のウィッチプロフェッサーを次々と倒していた。

「はやく片付けてハルカさんとエリカさんの援護にまわりますよ」

ニコルちゃんがみんなにそう言うとみんなの動きがさっきより良くなった。







「ここがジャンヌの家?」

「はい。ここに神器があります。急ぎましょう」

そう言いながらジャンヌは僕を案内してくれる。











閲覧ありがとうございます。面白いと思ったらブクマ、感想等お願いします。是非他の作品も読んでいただけると嬉しいです。 Re:legend とある学園生活は制限付き能力とともに 魔王を倒そうとしていた勇者と勇者を倒そうとしていた魔王を入れ替えてみた 僕と彼女の物語
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ