挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
Re:legend 作者:龍一郎

17章ピュレット連合

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

312/367

312:信じてます








「アミちゃん、入っていいかな?」

僕はアミちゃんの部屋をノックして尋ねる。

「いいですよ…」

アミちゃんが部屋の中から弱々しい声で僕に言う。アミちゃんの返事を聞き僕はアミちゃんの部屋の扉を開ける。僕が部屋の中に入るとベッドの布団の中でうずくまっていたアミちゃんが布団の外に出る。

「行くんですか?」

アミちゃんが立ち上がりながら僕に尋ねる。

「うん…ごめん。アミちゃんが僕達のことを心配してくれるのは嬉しい。だけど僕は戦う。これ以上魔女や魔族に好き勝手させないために」

「リュウさんは強いですね…」

「そんなことないよ。僕だって本音を言えば戦いたくない。だけどアミちゃんやみんなを魔族や魔女から守るために僕は戦う」

「リュウさん…ごめんなさい…わたし、弱くて…」

アミちゃんが泣きながら僕に言う。

「大丈夫、アミちゃんは僕が守る。だからここで待っててくれ、必ず風の魔女ウィルモアを倒すから」

「信じてます…」

そう言いながらアミちゃんが僕に抱きつく。僕はアミちゃんをそっと抱きしめる。

「2人で何やってるんですか?ずるいです!」

僕とアミちゃんが驚いてアミちゃんの部屋の扉の近くを見るとニコルちゃんが立っていた。

その後ニコルちゃんにも抱きつかれた。

「じゃあアミちゃん、行ってくるね」
「行ってきます!」

「気をつけてくださいね。私、リュウさんのことを信じてますから」

僕とニコルちゃんの言葉を聞いたアミちゃんが僕達を見送ってくれた。




「さあ、みんな準備はできたか?」

僕はピュレット王城の前に立つ騎士団のみんなに尋ねる。みんなやる気はあるようだ。

「じゃあ早速行くぞ!」

僕はそう言いながらラスと共にドリフトをその場にいた全員に使用した。




「リュウさん…みんな…頑張ってください…」

アミちゃんは部屋の中でそう呟いた。














閲覧ありがとうございます。面白いと思ったらブクマ、感想等お願いします。是非他の作品も読んでいただけると嬉しいです。 Re:legend とある学園生活は制限付き能力とともに 魔王を倒そうとしていた勇者と勇者を倒そうとしていた魔王を入れ替えてみた 僕と彼女の物語
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ