挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
Re:legend 作者:龍一郎

17章ピュレット連合

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

311/359

311:喧嘩








「アミちゃん…」

僕はアミちゃんになんて言えばいいのかわからなかった。

「だったらあなたはもう戦わなければいい、早く会議室から出て行きなさい」

エリカがアミちゃんに言う。

「エリカ!言い過ぎだ…アミちゃんは僕やみんなのことも考えて言ってくれてるんだぞ…」

「ええ、そうよね。アミちゃんが私たちのことも考えて言ってくれるのは嬉しい…だけどアミちゃんは私たちのことだけしか考えてない」

エリカがアミちゃんの方を見ながら言う。

「私たちには魔族や魔女と戦えるだけの力があるの。だから私たちは魔族や魔女から力のない人達を守らないといけない……私にはは誰かが傷ついているのを黙って見ているようなことはできない…」

「そう…ですか…エリカさんがそう思ってるなら私には止めることはできません…」

アミちゃんがそう言いながら部屋から出て行く。

「アミちゃん…」

僕は慌ててアミちゃんを追いかけて会議室から出て行こうとする。

「リュウ!どこに行く気?あなたが始めた会議なのに途中ですっぽかすなんて認めないわよ」

エリカが僕にいる。

「でも、アミちゃんを…」

「アミちゃんは自分から戦うのをやめるって言って出て行った。アミちゃんは戦いたくないって思ってる。だったら私達にアミちゃんを戦場に送り出すなんてことはできない。あの子が自分から戦いたいといえば別だけど」

「リュウさん…アミちゃんには…私が…近くに…いてあげます…」

「わかった。頼んだよ…」

「はい…」

ソラミちゃんがそう言い会議室から出て行きアミちゃんの後を追う。

「みんなはアミちゃんが言っていたことを聞いてどう思った?」

「私はアミちゃんが言うことは一理あると思いました。だけど、エリカさんの言う通り誰かが傷ついているのを黙って見ていられません。だから私は戦います」

ユリちゃんが答える。他のみんなも次々と返事をするがみんなは僕とともに戦ってくれるみたいだ。

その後、風の魔女ウィルモアとの戦いに向けての話し合いをして会議は終わった。










閲覧ありがとうございます。面白いと思ったらブクマ、感想等お願いします。是非他の作品も読んでいただけると嬉しいです。 Re:legend とある学園生活は制限付き能力とともに 魔王を倒そうとしていた勇者と勇者を倒そうとしていた魔王を入れ替えてみた 僕と彼女の物語
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ