挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
Re:legend 作者:龍一郎

4章町での生活そして新たな出会い

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

30/364

30:絶対の約束

アーラム村へ到着した僕達は目の前の光景に目を疑う。村の人々を無数の剣が襲っていた。

それを見たエリカが飛び出す。村へ向かって真っ直ぐにエリカが走る。襲ってくる剣を背中の短剣で叩き落としながら村人のもとへ進む。

僕もハルカに馬車を近くに止めてから追ってくるように指示をだし村へむかう。

「バウンド」

僕はバウンドを使い近くの木を蹴り地面と水平に進んでいく。

村人に当たりそうになった剣をエリカが止める。直後無数に飛び交っていた剣が1人の少女のもとに集まる。

「あれ〜『強欲』のお兄さんと一緒にいたお姉さんだ〜こんなところで何してるのかな〜」

「あんたを倒しにきたのよ。今すぐこの村から立ち去るなら見過ごしてあげてもいいわよ。」

エリカの言葉を聞き『怠惰』の少女がクスクスと笑う。

「お姉さん面白いこと言うね〜お前ごときが私を殺せると思ってんのか」

エリカに馬鹿にされていると思ったのか『怠惰』の少女シャルロットの様子が変化する。

「取り乱してごめんね〜お姉さんごとき私が相手するまでもないんだよ〜」

そういうとシャルロットは自分の指をパチンと鳴らし大声で叫ぶ。

「来い私の忠実なるペット達」

そういい放ち彼女はバックから取り出した小さな立方体を地面目掛けて放り投げる。

直後その場に8体のグリフォンと1体の魔獣が現れる。

「あれは…サラマンダー何故こんなところに…」

エリカがサラマンダーを見て驚く。シャルロットはサラマンダーの上に飛び乗る。直後シャルロットの頭上に無数の剣が現れる。現れた剣がシャルロットを襲う。その剣をシャルロットは自分が作りだした剣で受け止める。

「やっぱり〜お兄さんも〜来てくれたんだ〜嬉しいな〜さっそくで悪いけど〜死んで…」

そういい放ちシャルロットは新しく剣を作り僕の方へ剣を操作する。その剣を新しく作った剣でなんとか止める。

僕は一旦エリカのところまでさがる。するとハルカも合流する。僕はエリカに斧を渡す。

「ハルカとエリカは村の人達の救助と避難を頼む」

「いくらリュウさんでも1人であの子の相手をするのは無理です。」

僕の指示を聞くことはできないとハルカが言う。

「うんたしかに僕1人であの子を倒すのは無理だ…だからはやく村の人達の安全を確保して戻ってきてくれ…それまでは僕があの子を止める」

「でも…」

「大丈夫ハルカとエリカがくるまで僕は絶対死なない。僕を信じてくれ。僕も僕がやられるまでに2人が戻ってくるって信じてるから」

ハルカとエリカにそういい僕はシャルロット目掛けて走りだす。

「お姉ちゃんはやく村の人達を避難させるわよ」

そういいエリカは村の人達の避難を開始する。ハルカもエリカに続く。2人が村人を連れて移動するのを僕は見届ける。

「さてんじゃやりますかね〜」

そういい僕は周りに無数の剣を作り出す。

「ふふふ〜そんなに怖い顔しないでよ〜行けグリフォンども」

シャルロットの命令に従い8体のグリフォンが僕目掛けて走りだす。

「さてとりあえずグリフォンには僕の新技の実験台になってもらうか…」

僕はこの前コピーした『怠惰』の魔法を発動させる。いつもより時間をかけてゆっくりと直後迫りくるグリフォン達が全て真っ二つになる。

『怠惰』の魔法で剣を生み出すときに剣1本1本に魔力を集中させ巨大な大剣を作りだした。

作りだした8本の大剣が8体のグリフォンを真っ二つにした。

「次はお前の番だぞ」

シャルロットにいい放ち大剣をむける。

「カスが図に乗るな」

僕の言葉にイラついたシャルロットが大量の剣を作り出す。僕の作った大剣の3分の1くらいの大きさだ。

僕の大剣をシャルロットが剣でとめる。

「さてと〜じゃあ〜私も本気で〜やろうかな〜」

シャルロットが動きだす。
閲覧ありがとうございます。面白いと思ったらブクマ、感想等お願いします。是非他の作品も読んでいただけると嬉しいです。 Re:legend とある学園生活は制限付き能力とともに 魔王を倒そうとしていた勇者と勇者を倒そうとしていた魔王を入れ替えてみた 僕と彼女の物語
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ