挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
Re:legend 作者:龍一郎

13章復活の魔女

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

221/360

221:魔力属性







「で、強くなりたいから私に古代魔法を教えろ、と?」

僕達に無理矢理連れて来られたエイリーンが言う。

「まあ、そういうこと、頼むよ」
「お願いします」

僕とハルカがエイリーンに頭を下げる。
エイリーンが僕達に古代魔法を教えてくれることになり暇してたフランとユリちゃんも一緒に教えてもらうことになった。

「まず貴方達の魔法属性を調べるわ、この紙に魔力を流してみて」

そう言いエイリーンは僕達に紙を配る。
エイリーンに言われた通り僕達は紙に魔力を流す。

フランが魔力を流すと紙が濡れ、ユリちゃんが魔力を流すと紙に雷が流れた。

「フランは水属性、ユリちゃんは雷属性ね」

エイリーンが2人の紙を見て言う。
続いてハルカが紙に魔力を流す。すると紙が3つに切れ、1つは燃え、1つは凍りつき、1つは吹き飛んでいった。

「ハルカは炎に風、氷みたいね、3つも魔力属性があるなんてすごいわ」

エイリーンが感心して言う。

「あとはリュウだけね」

エイリーンに言われ僕も紙に魔力を流す。
すると紙が細かく分かれ、それぞれに変化が現れた。
燃える物もあり、凍る物もあり、濡れる物もあり、土まみれになる物もあり、植物の苗のような物が生えてくる物もあったり様々な変化が見られた。

「もう一度やってもらえる?」

エイリーンが呆れたような顔をして言う。
もう一度紙に魔力を流すと先程と同じ変化が見られた。

「驚いたわ…まさか全属性使えるなんて…」

エイリーンが呟く。どうやら僕は全属性使えるようだ。

「とりあえずみんな1つの属性を重点的に鍛えましょう。短期で強くなりたいなら複数の属性で弱い魔法を複数使えるよりも1つの属性で強力な魔法を少し使える方がいいわ」

「確かにな…」

エイリーンの言葉に全員が同意する。
ユリちゃんとフランは1つしか属性を持っていないためその属性の魔法を、ハルカは炎属性の魔法、僕は氷属性の魔法から鍛えることにした。

「とりあえず、この石を」

そう言いエイリーンが僕達に石を配る。石には何かしらの魔法が施されているみたいだった。

「これは?」

ユリちゃんが石を見つめながらエイリーンに尋ねる。

「それは魔障石と呼ばれる石よ、ある程度の魔力は吸収されるわ、とりあえずその石をさっきの紙みたいな状態にしてみなさいな」

「わかりました」

ユリちゃんがそう言い石に魔力を流すが石に変化はない。

「できましたよ」
「私も」
「僕も」

フラン、ハルカ、僕は魔障石を先程の紙と同じ状態に出来ていた。

「嘘でしょ?普通2日はかかるのに…」

エイリーンが驚きながら言う。
とりあえずユリちゃんはそのまま魔障石を使った魔力コントロールの練習を、僕達はさっそく古代魔法を使うことになった。









閲覧ありがとうございます。面白いと思ったらブクマ、感想等お願いします。是非他の作品も読んでいただけると嬉しいです。 Re:legend とある学園生活は制限付き能力とともに 魔王を倒そうとしていた勇者と勇者を倒そうとしていた魔王を入れ替えてみた 僕と彼女の物語
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ