挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
Re:legend 作者:龍一郎

3章冒険の始まり

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

21/361

21:分散戦線

眠いので寝ます。
「おいおい…嘘…だろ…」

奥からでてきた2体目のグリフォンをみて絶望する…

「一旦ひくか…」

そういい3人でこの場から撤退しようとしたとき片方のグリフォンが羽を羽ばたかせ飛ぶ。グリフォンが着地すると僕達が入ってきた道が塞がれる。

「頭のいい魔獣だなぁ…どうするこの状況かなりまずいぞ…」

「私が片方のグリフォンを足止めし時間を稼ぎます。その間にリュウさんとエリカはもう1体のグリフォンを倒してください。」

結構な無茶を言うなー

ハルカがグリフォン目掛けて走りだす。

「お姉ちゃんがグリフォンを引きつけている間に私達はあっちのグリフォンをたおすわよ」

「ハルカ1人でグリフォンを相手にできるのか」

「大丈夫よお姉ちゃんなら大丈夫私はお姉ちゃんを信じてるからあんたもお姉ちゃんを信じなさい」

「わかったじゃあいくぞ‼︎」

グリフォン目掛けて2人で走りだす僕とエリカは左右に別れてグリフォンを挟み撃ちにする。

「現れよ爆炎の炎刃ファイアースラッシュ」

僕が腕を3回振ると3本の炎の刃がグリフォン目掛けて放たれる。グリフォンが炎の刃を飛んで避ける。グリフォンの頭上にはすでにエリカが回り込んでいた。エリカがグリフォンを叩きつける。グリフォンが地面にぶつかり直後炎の刃がグリフォンを襲う。

炎の刃がグリフォンに直撃する。グリフォンが起き上がる前に僕とエリカはとどめを刺しにかかる。剣を大きく振りあげる。直後グリフォンが動きだす。僕の剣は運良くグリフォンの羽に当たる。グリフォンの羽が1つ吹き飛ぶ。直後グリフォンが1歩さがり僕達目掛けて炎を吐き出す。

「バリア」

僕は放たれた炎をバリアを3枚重ねて止める。

「リュウあたしの斧をだして」

エリカにそう言われ僕はエリカの斧をイメージする。直後僕の目の前にエリカの斧が現れる。エリカがその斧を掴む。

「ガントレット付けてると斧持ちにくいわね」

そういいながら斧を少し振り回す。

「私がグリフォンに頭上に突っ込むからあんたはバリアで私を守って」

そういいエリカがグリフォンの頭上に跳ぶ。え?どういうこと?

グリフォンがエリカ目掛けて炎を放つ。なるほどそういうことか。

「バリア」

僕はエリカ目掛けて放たれた炎の前にバリアを3枚重ねて作りだす。バリアが炎を止めた瞬間バリアをけす。

バリアを消した直後エリカの斧がグリフォンの頭に直撃する。グリフォンが倒れ込むグリフォンの前にエリカが着地する。

直後グリフォンの足がエリカを襲う。

「現れよ爆炎の炎刃ファイアースラッシュ」

グリフォンの足に僕が作った炎の刃が直撃する。グリフォンの足が吹き飛ぶ。グリフォンの足が吹き飛んだ直後エリカがグリフォンの胴体目掛けて斧を振る。

エリカの斧がグリフォンに直撃するとグリフォンは動かなくなる。

無事1体目を倒すことができた…

「すぐにお姉ちゃんのところに行くわよ」

そういいエリカが走りだす僕もエリカに続き走りだす。
寝る前にもう一本書いちゃいましたw
7時公開予定です。
おやすみなさい
閲覧ありがとうございます。面白いと思ったらブクマ、感想等お願いします。是非他の作品も読んでいただけると嬉しいです。 Re:legend とある学園生活は制限付き能力とともに 魔王を倒そうとしていた勇者と勇者を倒そうとしていた魔王を入れ替えてみた 僕と彼女の物語
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ