挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
Re:legend 作者:龍一郎

13章復活の魔女

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

202/357

202:エメラルド







「とりあえず倒したけどどうする?」

『とりあえず私が取られたものを回収してもよろしいでしょうか?』

「うーん、まあいいんじゃない」

グリーンドラゴンが何か唱えると女性の鞄から何かが飛び出しグリーンドラゴンの元に戻る。

『おかげ様で取り返すことができました。ありがとうございます』

「気にしなくていいよ。それよりグリーンドラゴンはこれからどうするの?よかったらうちに来ない?」

『そうですね…』

少しグリーンドラゴンが考え込む。

『決めました。リュウ様とともに行動させていただきたいと思います』

「わかった。えーと名前を付けてあげないとな…」

『はい。お願いします』

グリーンドラゴンはそう言いながら頭を下げる。

「緑か…うーん、緑、緑…エメラルド…エメラルドグリーンはどうだ?」

『エメラルドグリーンですか…気に入りましたこれより私はエメラルドグリーンと名乗らせていただきます』

『エメラルドグリーンか…少し長いな…呼ぶときはエメラルドでいいか?』

スカーレッドがエメラルドグリーンに問う。

『たしかに長いですね…わかりました。エメラルドグリーンと名乗らせていただきますが、呼ぶときはエメラルドとお呼びください』

「わかった。これからよろしくなエメラルド」

『こちらこそよろしくお願いします』

エメラルドはそう言いながら頭を下げる。
こうして、僕は新たなパートナーを得た。

「さあ、家に帰るか…」

僕は気絶している女性の方を振り向く。
流石に放置しておく訳にはいかないよな…

僕は僕と3体のドラゴン、霊憑族の女性にドリフトを使い家に帰る。




家に帰るとニコルちゃんとラハドさんにいろいろと問い詰められたが事情を話して納得してもらった。

とりあえずリビングのソファーに霊憑族の女性を寝かせる。



「ここ…は…?」

数十分後彼女は目覚めた。

「あっ、目が覚めましたか?どこかおかしなところはないですか?」

リビングで夕食の準備をしていたユリちゃんが彼女の元へ駆け寄る。

「あなたは?」

「私はユリ、リュウ様の元で働かせていただいている者です」

「あっ、起きたのか?」

ユリちゃんが彼女にそう言った直後僕がリビングに入っていく。

「ここは、お前の家か?」

「あぁ、ちなみにここはピュレット、僕はその国王だ」

「ピュレット…だと…」

僕の言葉を聞き、彼女は驚く。

「本当にここはピュレットなのか?」

「本当だけど…」

「この国にロンという者はいるだろうか?」

彼女が僕に尋ねる。

「ロンさんなら、王城にいると思うけど…」

「私を王城へ連れてってはくれないか?」

流石に王城に連れて行く訳には行かないので、ロンさんをここに呼ぶことで納得してもらった。

僕はロンさんを呼びに王城に向かった。







閲覧ありがとうございます。面白いと思ったらブクマ、感想等お願いします。是非他の作品も読んでいただけると嬉しいです。 Re:legend とある学園生活は制限付き能力とともに 魔王を倒そうとしていた勇者と勇者を倒そうとしていた魔王を入れ替えてみた 僕と彼女の物語
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ