挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
Re:legend 作者:龍一郎

3章冒険の始まり

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

20/364

20:絶望

「私が斧って叫んだら私に斧を渡してよね」
「了解」

エリカとそんなやりとりをしているとハルカが静かにしろと言うかのように睨んできた。

奥が広がっている。広がっている場所に足を踏み入れる。

…………………………


寝てる?


…………………………


いやいやさっき思いっきり叫んでたよな…

「どうする」

「本当に寝てるか試してやるよ」

え…ちょ…エリカさん何する気ですか…

「私の残り魔力全部使ってやるよ…落ちよ岩の裁きロックバン‼︎」

この前の下級兵との戦闘の時より数倍大きな岩がグリフォンの頭上に現れる…

ドカァン

直撃ー したよな? 巨大な岩がグリフォンに当たり砕け散る。

直後グリフォンが起き上がる。
巨大な2枚の羽を付けた巨大なライオンみたいな魔獣が起き上がる。あれ相当お怒りだよな…

グリフォンが大量の炎を吐き出す。

「まずい」

そういい僕は1人飛び出す。

「バ…バリアー」

僕の目の前にバリアが現れ炎を止める。まるでどっかの雑魚キャラみたいなことを言ってしまった…バ…バリアーって思いっきりあの悪の魔道士じゃん…名前をだすのは控えるけど…

そんなことを考えていた直後バリアが破壊される。

「やばっバ…バリアー」

2度もこのセリフを使うことになるとは…

2枚目のバリアでギリギリ止めることができた。

「一旦さがって下さい」

ハルカの言う通り僕はハルカとエリカがいるところまでさがる。

「ちょっとまずいです…」

ハルカがすごく驚いた表情をする。さっき炎を吐いたグリフォンの後ろにある穴からもう1体のグリフォンがでてくる…

閲覧ありがとうございます。面白いと思ったらブクマ、感想等お願いします。是非他の作品も読んでいただけると嬉しいです。 Re:legend とある学園生活は制限付き能力とともに 魔王を倒そうとしていた勇者と勇者を倒そうとしていた魔王を入れ替えてみた 僕と彼女の物語
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ