挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
Re:legend 作者:龍一郎

9章:ピュレット王国

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

108/367

108:王城へ

後日

僕達はポワンをヒューマニアに引き渡すためにヒューマニアの王都にむかうことになった。
今回ヒューマニアにむかうメンバーは僕とロンさん騎士団団長のシーラさんと騎士団団員が5人ほどそしてハルカ、エリカ、フラン、ソラミちゃん、シャルロット、フェアリー、ヒナちゃんだ。

家の留守番はユリちゃんとエルに任せてきた。
僕達は王城の牢獄からポワンを連れ出しドリフトを使いヒューマニアの王都のもともと僕達の家が建っていた場所に移動する。

「では私は騎士団の者を数名連れて馬車の用意をしてきますのでここでポワンの見張りをしてもらってもよろしいでしょうか?」

「うん。わかった。馬車の用意は任せるよ。」

「はい。」

僕の言葉にロンさんは短く答え馬車の用意をしに騎士団団員を2人連れていく。
しまったピュレットから馬車を連れてこれば良かった…
うっかりしてたな…

「ではリュウ様私は王都で必要な物を揃えてきます」

「了解。念のためにフェアリーを連れてって」

「はい!」

短く答えヒナちゃんはフェアリーを連れて王都の街へ歩いて行く。今回ヒナちゃんは家で必要な物を揃えるために街へむかう。
ぶっちゃけピュレットの王都だと無い物が多いのだ…
帰りに街のみんなにお土産でヒューマニアでしか売ってない物を買って帰ろうかな。

「リュウ様お待たせいたしました。馬車の用意ができました。」

僕が振り返ると馬車を連れてきたロンさんが馬車の準備を終えていた。
全部で3台ほど借りてきたようだ。

馬車の操作を騎士団の人達に任せ僕達は馬車の荷台に乗り込む。僕はポワンと騎士団団員のシーラさんとロンさんと同じ馬車に乗る。
念のためポワンの周りをバリアで囲んでおく。

そして僕達はヒューマニアの王城にむかう。






「うわ〜でかいなー」

僕はヒューマニアの王城を眺めて呟く。
ぶっちゃけピュレットの数倍は大きい。

「ピュレット国王涼宮竜様ですね。お待ちしておりました」

そういい城門から1人の男性が歩いてくる。
赤髪の短髪の爽やかそうな青年だ。おそらく20歳くらいだろう。

「私はヒューマニア騎士団副団長ディーンです。」

そういいディーンさんが手を差し出してきたので僕はディーンの手を取り軽く握手する。

「さっそくですが『色欲』のポワンを引き渡していただいてもよろしいでしょうか?」

「あっはい。では…」

そういいながらシーラさんがポワンを馬車から引っ張りだしディーンさんの横にいた兵士に引き渡す。
ポワンはそのまま兵士達に城内へ連行された。

「ありがとうございます。では城内へご案内いたします。国王も首を長くしてお待ちですので」

僕達はディーンさんに続き城内に入る。
ピュレット騎士団の団員は全員馬車をとめてその場で待機ということにしておいた。

「ところでそちらの方々は?」

ディーンさんが歩きながら尋ねる。

「こちらはロンさんピュレットの政治を任せております」

僕の紹介を受けロンさんが頭をさげる。

「こっちが僕のパーティメンバーです」

僕がそういうと皆が頭をさげる。

「ということは皆さんプラチナランクの冒険家ですか?」

「はい。そうですよ」

「あのーもし良かったら後で手合わせ願いたいのですが」

ディーンさんの言葉に全員が頷く。みんなやる気満々のようだ。

「こっちがピュレット騎士団団長のシーラさんです」

シーラさんが頭をさげる。歩いてる間にピュレットの騎士団試験の内容を説明してたらディーンさんがすごい引きつった笑みを浮かべていた。

ディーンさんと話しながら歩いているうちに応接室に到着した。
Twitter始めました。@Relegendshosetu是非フォローお願いします。
閲覧ありがとうございます。面白いと思ったらブクマ、感想等お願いします。是非他の作品も読んでいただけると嬉しいです。 Re:legend とある学園生活は制限付き能力とともに 魔王を倒そうとしていた勇者と勇者を倒そうとしていた魔王を入れ替えてみた 僕と彼女の物語
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ