挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
Re:legend 作者:龍一郎

9章:ピュレット王国

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

106/363

106:騎士団会議

ピュレット騎士団結成から数日がたった。

「リュウさん王城から使いが来てすぐに王城に来て欲しいと…」

ん?王城から呼び出し?何かあったのだろうか。とりあえず呼びに来てくれたユリちゃんに返事をして王城にむかう準備をする。
国王が一人で王城に行くのは変だとソラミちゃんが言い出したのでユリちゃんも連れて行くことにした。

「お待ちしておりました。」

僕が王城に入るとロンさんが出迎えてくれる。
僕はユリちゃんを連れて会議室にむかうことになった。

「今日リュウ様に来ていただいたのは騎士団の団長を決めていただきたいと思いまして」

「うーん、団長かーロンさんは誰か団長にふさわしいと思う人はいる?」

「そうですね…4人程おりますが。」

「じゃあその中から団長を選んで残りから副団長を1人残りの2人に小隊長をやってもらおう」

僕の言葉にロンさんが頷き4人の資料を持ってくる。その4人のうち3人が第一試験で合格した人だった。
とりあえず4人と面接をして僕は団長を決めた。
元銀ランクの冒険家で非番のときはギルドの依頼をこなしているという人間の女性シーラさんを団長にした。シーラさんは第一試験開始直後人混みに紛れ東側の出口からでていったのを僕は覚えていた。西側だけ空いていたのは罠だと思ったようだ。実際そうだったのでその選択は正しかった。その判断力から団長にふさわしいと思った。
副団長は獣人の男性ガランさん戦闘能力はシーラさんより上だが、真っ先に突っ込んで行く切込隊長みたいな面があったので団長は任せられないと判断したため副団長になってもらった。本人も自分は団長にむかないと言っていたので特に問題はなかった。
小隊長は4人の中で最も強力な魔法使いであるエルフの女性ミレイユさん第一試験開始後真っ先に魔法を使い自身の姿を消していたのを覚えている。姿が見えなかったため誰も捕まえれなかった。魔力量もかなり多いらしい。ミレイユさんには魔法使いの小隊を任せることにした。
そして最後の1人人間の男性のマックさんに普通の小隊を任せることにした。マックさんは第二試験で1番最初に合格した人だ。僕が魔法を使っている間も何回か攻撃があたりそうになった。かなりの剣の使い手である。

これで騎士団のことはひと段落ついた。

「リュウ様お疲れ様です」

ユリちゃんが後ろから優しい声をかけてくれる。普段は様はつけないでと頼んでいるが他人の前では様付けにする形になった。

「お疲れ様でした」

ユリちゃんに続きロンさんも僕に一言くれる。

「あとリュウ様に報告があります。」

「報告?」

「はい、先日ピュレットの街の近くで騎士団の者が『色欲』を捕獲いたしました。」

「何だって?」

僕はそれがとても信じられなかった。ロンさんが言うには『色欲』が倒れていたのを偶然騎士団が捕獲したらしい。

とりあえず僕は地下にいるという『色欲』の元へ向かう。
閲覧ありがとうございます。面白いと思ったらブクマ、感想等お願いします。是非他の作品も読んでいただけると嬉しいです。 Re:legend とある学園生活は制限付き能力とともに 魔王を倒そうとしていた勇者と勇者を倒そうとしていた魔王を入れ替えてみた 僕と彼女の物語
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ