挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

スペクルム カノン

高校生の鏡崎 華音は帰宅途中、得体の知れない化物に襲われる。運動能力が化物に劣る華音は成す術もない。
それを救ったのが、鏡の向こうの魔法使いオズワルド・リデルだった。華音とオズワルドは別次元に生きる同一人物。鏡を媒体にし、魂のみの干渉が可能。華音はオズワルドの魂を取り込み、彼の姿と力を手に入れ、強力な魔法で化物を倒した。
以来、オズワルドと同じ別次元の8人の魔女が生命力を集める為に、化物を産み出して町の人々を襲い、華音は高校生活を送る傍ら、オズワルドの代わりに魔法使いとなって化物を倒す日々を送る事になる。
魔女たちの目的、それはオズワルドが嘗て倒した9人目のブラックホールの魔女の復活と、歴史の改竄。
化物と共に魔女を倒していった華音だが、あと一歩のところで間に合わず、ブラックホールの魔女、そして、対になるホワイトホールの魔女が復活してしまう。華音では敵わない相手であったが、オズワルドの最後の手段により、撃退。
魔女たちの目論見は失敗に終わり、世界は破滅の危機から救われる。華音はオズワルドと別れを告げ、それぞれの世界でそれぞれの生活へと戻った。
prologue 鏡の向こうへ
0.
2017/10/01 10:00
第一章 鏡に映る魔法使い
1.
2017/10/02 20:00
2.
2017/10/09 20:00
3.
2017/10/16 20:00
4.
2017/10/23 20:00
5.
2017/10/30 20:00
6.
2017/11/06 20:00
7.
2017/11/13 20:00
8.
2017/11/20 20:00
9.
2017/11/27 20:00
キャラクター紹介(鏡崎 華音、オズワルド・リデル)
2017/11/27 21:00
キャラクター紹介(風間 刃、高木 雷、水戸 ちかげ)
2017/11/27 22:00
第二章 桜花の如く舞い降りた王女
1.
2017/12/04 20:00
2.
2017/12/11 20:00
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ